統率者デッキ紹介《不屈の巡礼者、ゴロス》(ギルド門コントロール)

不屈の巡礼者、ゴロス5色
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者はこちら

不屈の巡礼者、ゴロス

『基本セット2020』レア。

ウィニー君
ウィニー君

『基本セット2020』の統率者候補カードレビューはこちらの記事でまとめているよ。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

今回は《不屈の巡礼者、ゴロス》のETB能力を活かしたギルド門コントロールだ。

ウィニー君
ウィニー君

あれ?

《始祖ドラゴン》でギルド門コントロールデッキ作らなかったっけ?

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

ああ。

今回は《始祖ドラゴン》デッキをベースに、基本セット2020からの新カードを主に入れ替えてみた。

デッキ内容はこちら

カード名が青色アンダーラインなのは、『門』に関連するカード。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
1 《不屈の巡礼者、ゴロス/Golos, Tireless Pilgrim》

【クリーチャー 17枚】
1 《エルフの開墾者/Elvish Reclaimer》
1 《門を這う蔦/Gatecreeper Vine》
1 《門道の密行者/Gateway Sneak》
1 《アーチ道の天使/Archway Angel》
1 《門の巨像/Gate Colossus》
1 《門破りの雄羊/Gatebreaker Ram》
1 《永遠王、ブレイゴ/Brago, King Eternal》
1 《迷える探求者、梓/Azusa, Lost but Seeking》
1 《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》
1 《水底のドルイド、タトヨヴァ/Tatyova, Benthic Druid》
1 《むら気な長剣歯/Wayward Swordtooth》
1 《種子生まれの詩神/Seedborn Muse》
1 《アルゴスの庇護者、ティタニア/Titania, Protector of Argoth》
1 《怒りの座、オムナス/Omnath, Locus of Rage》
1 《発現する浅瀬/Risen Reef》
1 《粗石の魔道士/Trinket Mage》
1 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》

【インスタント 6枚】
1 《マナ吸収/Mana Drain》
1 《吸血の教示者/Vampiric Tutor》
1 《悪魔の教示者/Demonic Tutor》
1 《サイクロンの裂け目/Cyclonic Rift》
1 《輪作/Crop Rotation》
1 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》

【ソーサリー 13枚】
1 《涙の氾濫/Flood of Tears》
1 《迂回路/Circuitous Route》
1 《開門/Open the Gates》
1 《燃え立つ門/Gates Ablaze》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》
1 《苦痛の命令/Decree of Pain》
1 《ピールの気紛れ/Pir’s Whim》
1 《無慈悲な追い立て/Merciless Eviction》
1 《滅び/Damnation》
1 《質素な命令/Austere Command》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
1 《定業/Preordain》
1 《思案/Ponder》

【アーティファクト 13枚】
1 《ギルドパクトの大剣/Glaive of the Guildpact》
1 《探検の地図/Expedition Map》

1 《精力の護符/Amulet of Vigor》
1 《金属モックス/Chrome Mox》
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1 《魔力の墓所/Mana Crypt》
1 《太陽の指輪/Sol Ring》
1 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
1 《精神石/Mind Stone》
1 《思考の器/Thought Vessel》
1 《彩色の灯籠/Chromatic Lantern》
1 《連合の秘宝/Coalition Relic》
1 《ダークスティールの鋳塊/Darksteel Ingot》

【エンチャント 7枚】
1 《はじける境界線/Crackling Perimeter》
1 《ギルド会談/Guild Summit》
1 《門の維持/Hold the Gates》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《リスティックの研究/Rhystic Study》
1 《ミラーリの目覚め/Mirari’s Wake》
1 《霊体の正義/Karmic Justice》

【プレインズウォーカー 7枚】
1 《ラノワールの憤激、フレイアリーズ/Freyalise, Llanowar’s Fury》
1 《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》
1 《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》
1 《時間の大魔道士、テフェリー/Teferi, Temporal Archmage》
1 《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《ウィンドグレイス卿/Lord Windgrace》

【土地 36枚】
1 《迷路の終わり/Maze’s End》
1 《ギルド門通りの公有地/Gateway Plaza》
1 《ゴルガリのギルド門/Golgari Guildgate》
1 《グルールのギルド門/Gruul Guildgate》
1 《イゼットのギルド門/Izzet Guildgate》
1 《アゾリウスのギルド門/Azorius Guildgate》
1 《ボロスのギルド門/Boros Guildgate》
1 《ディミーアのギルド門/Dimir Guildgate》
1 《オルゾフのギルド門/Orzhov Guildgate》
1 《ラクドスのギルド門/Rakdos Guildgate》
1 《セレズニアのギルド門/Selesnya Guildgate》
1 《シミックのギルド門/Simic Guildgate》
1 《調和の公有地/Plaza of Harmony》
1 《溺墓の寺院/Drownyard Temple》
1 《統率の灯台/Command Beacon》
1 《ヴェズーヴァ/Vesuva》
1 《Bayou》
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower》
1 《Badlands》
1 《真鍮の都/City of Brass》
1 《宝石の洞窟/Gemstone Caverns》
1 《マナの合流点/Mana Confluence》
1 《Plateau》
1 《ファイレクシアの塔/Phyrexian Tower》
1 《Savannah》
1 《Scrubland》
1 《Taiga》
1 《Tropical Island》
1 《Tundra》
1 《Underground Sea》
1 《Volcanic Island》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《森/Forest》
1 《統率の塔/Command Tower》
1 《トレイリア西部/Tolaria West》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》

カードの入れ替え

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

勝ち筋は迷路完走なので省略する。

今回は《始祖ドラゴン》デッキからの入れ替えについて考察する。

Out:《始祖ドラゴン》《巣ごもりドラゴン》《ドラゴンの大母》《Glacial Chasm》《イス卿の迷路》《陰謀団の貴重品室》《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

ゴロスOut

In:《不屈の巡礼者、ゴロス》《発現する浅瀬》《アルゴスの庇護者、ティタニア》《怒りの座、オムナス》《エルフの開墾者》《涙の氾濫》《統率の灯台》

ゴロスIn

ウィニー君
ウィニー君

《始祖ドラゴン》の能力を活かすためドラゴントークンを生成しようとしていたけど、とにかく《始祖ドラゴン》が重かった!

猛攻を耐えるため《Glacial Chasm》《イス卿の迷路》、マナ加速のため《陰謀団の貴重品室》《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》を採用していたけど、出遅れることが多かった

(ノД`)・゜・。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

そこで、《不屈の巡礼者、ゴロス》《発現する浅瀬》で序盤から各種門を並べることができるように。

土地&エレメンタルシナジーがある《アルゴスの庇護者、ティタニア》《怒りの座、オムナス》で、中盤以降も対戦相手にプレッシャーを積極的に与える。

《不屈の巡礼者、ゴロス》が除去されても何度でも再登場できるように《統率の灯台》追加。

残り2枚はキーカードで紹介する。

MOゴロスリーフ

本デッキのキーカードはこちら

エルフの開墾者

『基本セット2020』レア。

ウィニー君
ウィニー君

この記事でも紹介したね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《輪作》相当の起動型能力を毎ターン撃てるのがとにかく強力。

本デッキでは門以外の土地を次々門に変えることになるけど、《溺墓の寺院》の使い回しが一番お得かな。

溺墓の寺院


涙の氾濫

『基本セット2020』レア。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《サイクロンの裂け目》の2枚目として使えるけど、自分のパーマネントを4枚以上戻したときに、好きなパーマネント・カードを戦場に出せるのがお得。

ウィニー君
ウィニー君

《不屈の巡礼者、ゴロス》《発現する浅瀬》や《ギルド会談》、起動して戻っていた《迷路の終わり》を戦場に戻すとアドアドしいね(≧◇≦)

涙の氾濫シナジー

さいごに

《不屈の巡礼者、ゴロス》の起動型能力は超強力。

ただし、本デッキ特有の注意点がある。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

対戦相手ターンに起動してギルド門がめくれると戦場に出せず、迷路完走ができなくなる。

自分のターンでもギルド門が2枚以上めくれると、《ムル・ダヤの巫女》などで土地のプレイ枚数が増えてない限り、迷路完走ができなくなる。

ウィニー君
ウィニー君

なので、自分のターン、第1メインフェイズにさっさと《不屈の巡礼者、ゴロス》を起動し、めくれた土地をプレイするのが一番ストレスないかな。

完走できないとわかったら、さっさと物量で攻められるし。

MOゴロス起動

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

本来は相手ターンエンドに起動した方が強いからな。

手数が増えた分、《始祖ドラゴン》デッキより柔軟になった。

ウィニー君
ウィニー君

《始祖ドラゴン》は、素直にドラゴン部族デッキを組む方が強いからね

(*^▽^*)

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

元も子もない(;´∀`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました