PR

雑記05《Homarid Spawning Bed》

Homarid Spawning Bed雑記
記事内にプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

夏に採集するものと言えば・・・

ウィニー君
ウィニー君

カブトム・・・

ザリガニです。
ということで、今回は『フォールン・エンパイア』からの1枚。

ウィニー君
ウィニー君

ホマリッド?

『フォールン・エンパイア』初出のザリガニみたいな種族のこと。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

相当不評だったようで、その後『アライアンス』で1枚作られて以降は全く登場せず、『アンヒンジド』の《Old Fogey》でプロテクションネタにされるほど絶滅寸前だった。

 

ところが、その後『時のらせん』『ドミナリア』『Mystery Booster R&D Playtest card』でしぶとく再登場!

 

開発陣に狂人マニアがいるに違いない。

プロテクション(ホマリッド)が役に立つ日が来るとは

《Homarid Spawning Bed》とは

青のクリーチャーを生け贄に捧げることで、そのマナ・コスト分の数のカマリッド・クリーチャー・トークンを生成できる。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

青で一度にトークンを大量生成するカードは意外と少ない。

 

インスタントタイミングで起動できるのも便利だぞ。

ウィニー君
ウィニー君

起動に必要な1青青マナも、カウンターを構えたいデッキなら不自然でないってことだね。

 

ところで生成するトークンは、ホマリッドでなくて・・・カマリッド?

カマリッドはホマリッドの幼生で、《Homarid Spawning Bed》《サーペイディア諸帝国史、第七巻》で生成できるトークンでしか存在しない。

あまりに希少すぎて純正トークン画像が見つからなかったので、MOで出してみた
かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

蛇足だが、ヴィセリッドというホマリッドから進化した亜種も存在する

ウィニー君
ウィニー君

一昔前の犬部族みたいだなぁ。

 

部族カードが使いにくいのも、ホマリッドが不評の一因?(;一_一)

コメント

タイトルとURLをコピーしました