5色

5色5色

5色全て使用できるので、何でもできる。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

反面、ただのグッドスタッフになり、統率者を活かせなくなりがち。

ウィニー君
ウィニー君

色事故も起こしやすいから、土地サーチやマナ・アーティファクトは多めに入れた方が良いよ。

5色

統率者デッキ紹介《帰還した王、ケンリス》

カジュアル統率者デッキとして、《帰還した王、ケンリス》を統率者にしたデッキを紹介。5色な上に、起動型能力が強力で、無限コンボが発生しやすい《帰還した王、ケンリス》を、どうすればカジュアルになるか悪戦苦闘!?
5色

統率者デッキ紹介《不屈の巡礼者、ゴロス》(ギルド門コントロール)

カジュアル統率者デッキとして、《不屈の巡礼者、ゴロス》を統率者にしたデッキを紹介。ギルド門コントロールということで、《始祖ドラゴン》デッキからの入れ替えでデッキ構築してみた。今回のキーカードは基本セット2020のあのカード2枚!
5色

統率者デッキ紹介《ウェザーライトの艦長、シッセイ》(伝説縛り)

カジュアル統率者デッキとして、《ウェザーライトの艦長、シッセイ》を統率者にしたデッキを紹介。起動型能力に5マナと自身のパワー未満のマナコストの伝説パーマネントという制限があるとはいえ、統率者戦では大した制限になっていない。そこで今回は《旧き道のニーキャ》理論でデッキ構築してみた!
5色

統率者デッキ紹介《限りないもの、モロフォン》(スリヴァー部族)

カジュアル統率者デッキとして、《限りないもの、モロフォン》を統率者にしたデッキを紹介。多相のロード能力を持つため、今回は『モダンホライゾン』でも推しているスリヴァー部族デッキに挑戦。※スリヴァーが集まるとどうしても無限コンボが発生するので、今回のみスリヴァー絡みの無限コンボは解禁しています。
5色

統率者デッキ紹介《ニヴ=ミゼット再誕》(2色縛り)

カジュアル統率者デッキとして《ニヴ=ミゼット再誕》を統率者としたデッキを紹介。土地以外すべて2色カードにすることで《ニヴ=ミゼット再誕》のETB能力を最大化。統率者を変えてもデッキ採用カードがいつも似通ってしまう人は、ぜひお試しあれ!?
5色

統率者デッキ紹介《始祖ドラゴン》(ギルド門コントロール)

カジュアル統率者デッキとして、《始祖ドラゴン》を統率者にしたデッキを紹介。ドラゴン部族デッキではなく、『手札からパーマネント・カード1枚を戦場に出す』能力と5色必要が重要な、ギルド門コントロールデッキ。《迷路の終わり》で迷路完走を目指せ!
5色

統率者デッキ紹介《概念の群れ》(サイクリング)

カジュアルな統率者デッキとして《概念の群れ/ Horde of Notions》を統率者としたデッキを紹介。勝ち筋とキーカードはただの部族エレメンタルではなく、サイクリングを活用したあのカード!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました