統率者デッキ紹介《発展の暴君、ジン=ギタクシアス》

デッキ紹介
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者

ウィニー君
ウィニー君

『神河:輝ける世界』の統率者候補カードレビューはこちらの記事でまとめているよ

『カルドハイム』のヴォリンクレックスに続き、プレインズウォーカーでもないのに次元を超え侵略してきた新ファイレクシアの法務官。

7マナと激重ながら、対戦相手のターン一発目のインスタントやソーサリー、アーティファクトを打ち消すので多少除去耐性はある。

生き残りさえすれば、自ターン一発目のインスタントやソーサリー、アーティファクトをコピーするのでアドは稼げるが…。

かざろふ伯
かざろふ伯

問題は勝利手段なので、今回は対戦相手から調達することにした

ウィニー君
ウィニー君

どういうこと!?

デッキ内容

カード名後ろにがあるのは、コピーカード。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
1 《発展の暴君、ジン=ギタクシアス/Jin-Gitaxias, Progress Tyrant》

【クリーチャー 13枚】
1 《印形なぞり/Sigil Tracer》
1 《沈黙の預見者、ウヨウ/Uyo, Silent Prophet》
1 《さまようアルカイック/Wandering Archaic》
1 《呪文滑り/Spellskite》
1 《現実チップ/The Reality Chip》
1 《練達の変成者/Master Transmuter》
1 《大魔導師の名誉教授/Archmage Emeritus》
1 《フラクタルの理論家、ディーカ/Deekah, Fractal Theorist》
1 《呪文探求者/Spellseeker》
1 《粗石の魔道士/Trinket Mage》
1 《戦利品の魔道士/Trophy Mage》
1 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1 《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》

【インスタント 14枚】
1 《腹黒い意志/Insidious Will》
1 《マナ吸収/Mana Drain》
1 《サイクロンの裂け目/Cyclonic Rift》
1 《意志の力/Force of Will》
1 《激情の後見/Fierce Guardianship》
1 《神秘の教示者/Mystical Tutor》
1 《突然の置換/Sudden Substitution》
1 《High Tide》
1 《転換/Turnabout》
1 《対抗呪文/Counterspell》
1 《否認/Negate》
1 《急速混成/Rapid Hybridization》
1 《待機/Suspend》
1 《白鳥の歌/Swan Song》

【ソーサリー 7枚】
1 《永遠の統制/Eternal Dominion》
1 《複製の儀式/Rite of Replication》
1 《祖先の幻視/Ancestral Vision》
1 《Timetwister》
1 《涙の氾濫/Flood of Tears》
1 《思案/Ponder》
1 《定業/Preordain》

【アーティファクト 22枚】
1 《双晶の杖/Twinning Staff》
1 《原初の呪物/Primal Amulet》
1 《鏡操り/Mirrorworks》
1 《ウィザードの呪文書/Wizard’s Spellbook》
1 《スランの経時門/Thran Temporal Gateway》
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1 《魔力の墓所/Mana Crypt》
1 《探検の地図/Expedition Map》
1 《魔力の櫃/Mana Vault》
1 《多用途の鍵/Manifold Key》
1 《太陽の指輪/Sol Ring》
1 《旅人のガラクタ/Wayfarer’s Bauble》
1 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
1 《精神石/Mind Stone》
1 《サファイアの大メダル/Sapphire Medallion》
1 《思考の器/Thought Vessel》
1 《連合の秘宝/Coalition Relic》
1 《真夜中の時計/Midnight Clock》
1 《スランの発電機/Thran Dynamo》
1 《金粉の水蓮/Gilded Lotus》
1 《魔力の篭手/Gauntlet of Power》
1 《かごの中の太陽/Caged Sun》

【エンチャント 7枚】
1 《大群の諜報/Swarm Intelligence》
1 《ミラーリ予想/The Mirari Conjecture》
1 《意識の拡張/Mind’s Dilation》
1 《未来予知/Future Sight》
1 《不実/Treachery》
1 《プロパガンダ/Propaganda》
1 《リスティックの研究/Rhystic Study》

【プレインズウォーカー 1枚】
1 《時間の大魔道士、テフェリー/Teferi, Temporal Archmage》

【土地 35枚】
1 《鏡の池/Mirrorpool》
1 《Mishra’s Workshop》
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower》
1 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《ヴァントレス城/Castle Vantress》
1 《宝石の洞窟/Gemstone Caverns》
1 《家路/Homeward Path》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《無限地帯/Myriad Landscape》
1 《神秘の聖域/Mystic Sanctuary》
24 《島/Island》

本デッキの勝ち筋

マナ加速して《発展の暴君、ジン=ギタクシアス》を出す

打ち消しを構えつつ出したくなるが、自身の誘発型能力が除去耐性だけでなく対戦相手への妨害にもなるので、マナ・アーティファクトを並べ最速で出す。

仮に《発展の暴君、ジン=ギタクシアス》を除去されても、マナ加速している分、他のカードを展開し、再キャストの機会を伺えばOK。

除去られるとグニャァ…とはなるけどね

《発展の暴君、ジン=ギタクシアス》でコピーしアドを稼ぐ

ウィニー君
ウィニー君

自ターンに1回コピーしたくらいでアド稼げるかなぁ

かざろふ伯
かざろふ伯

《発展の暴君、ジン=ギタクシアス》以外にもコピーカードを多重展開することで、1回当たりのアドを2倍3倍にするぞ( ̄― ̄)ニヤリ

本デッキのキーカード

『統率者2020』収録のレア・アーティファクト。呪文をコピーするときに追加でもう1回コピーできる。

《双晶の杖》自身がアーティファクトなので、《発展の暴君、ジン=ギタクシアス》の能力で2個出せる。

ウィニー君
ウィニー君

次ターン最初の呪文は《発展の暴君、ジン=ギタクシアス》《双晶の杖》×2で3回コピー!?


『神河救済』の歴伝呪文サイクルの青。

ウィニー君
ウィニー君

効果は範囲の広い《袖の下》だけど、使われるの見たことがない。

歴伝?

歴伝は、『神河救済』の歴伝呪文サイクル5枚しか使われていないキーワード能力。

いずれも高コストだが、コスト以前に歴伝のデメリットがキツ過ぎるので滅多に使われない。

ウィニー君
ウィニー君

なになに…ゲームの残りの間、あなたは呪文を唱えられない!?

以降のターン1回コピーを作れるのに対して、デメリット大きすぎ!!

かざろふ伯
かざろふ伯

だが、歴伝呪文は唱えるときにコピーすると、オリジナル・コピーどちらの歴伝も以降のターンで誘発する!

つまり、《発展の暴君、ジン=ギタクシアス》《双晶の杖》×2がある状況で《永遠の統制》を撃つと…!?

答えを見る
  1. 《永遠の統制》唱えたことに《発展の暴君、ジン=ギタクシアス》が誘発し、コピーAを生成
  2. コピーAに対して《双晶の杖》×2が誘発し、コピーB、コピーCを生成
  3. 《永遠の統制》オリジナルおよびコピーA~Cを解決
  4. 次ターンから、歴伝の呪文能力による遅延誘発型能力も4回誘発するように!

さらに、歴伝で呪文を唱えられない分マナは余る。次ターン、歴伝でコピーされた《永遠の統制》を対象に《双晶の杖》×2を起動すると…!!

答えを見る
  1. 自ターンアップキープ開始時に歴伝4回誘発
  2. 誘発1つ目を解決し、《永遠の統制》コピーA生成
  3. コピーAに対して《双晶の杖》×2が誘発。コピーB、コピーCを生成
  4. いずれかのコピーに対して《双晶の杖》1つ目を起動。コピーDを生成
  5. コピーDに対して《双晶の杖》×2が誘発。コピーE、コピーFを生成
  6. いずれかのコピーに対して《双晶の杖》2つ目を起動。コピーGを生成
  7. コピーGに対して《双晶の杖》×2が誘発。コピーH、コピーIを生成。コピーA~Iを解決
  8. 誘発2つ目を解決し、《永遠の統制》コピーJ生成
  9. コピーJに対して《双晶の杖》×2が誘発。コピーK、コピーLを生成。コピーJ~Lを解決
  10. 誘発3つ目を解決し、《永遠の統制》コピーM生成
  11. コピーMに対して《双晶の杖》×2が誘発。コピーN、コピーOを生成。コピーM~Oを解決
  12. 誘発4つ目を解決し、《永遠の統制》コピーP生成
  13. コピーPに対して《双晶の杖》×2が誘発。コピーQ、コピーRを生成。コピーP~Rを解決
コピーFまで生成時点。最終的に18個の《永遠の統制》が出来る!

さいごに

《発展の暴君、ジン=ギタクシアス》が回り始めると、《永遠の統制》を撃つ前に大抵勝負が決まってしまうのが難点か。

  • 《発展の暴君、ジン=ギタクシアス》は、クリーチャーやプレインズウォーカー、エンチャント相手には無力
  • 歴伝下では打ち消しを構えられない

といった弱点はあるが、暴君らしく対戦相手の勝ち筋を奪いまくるのも一興!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました