統率者デッキ紹介《旧き道のニーキャ》

旧き道のニーキャグルール(赤緑)
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者はこちら

旧き道のニーキャ

『ラヴニカの献身』収録レア。

ウィニー君
ウィニー君

『ラヴニカの献身』の統率者候補カードレビューはこちら!

ウィニー君
ウィニー君

グルールカラーにたまに出てくる土地からのマナを倍加するクリーチャーだね。

マナ倍加クリーチャー

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

過去の同系統のクリーチャーと比べると、自分のみマナ倍加できる点はメリット。

しかし、非クリーチャー呪文を唱えられなくなるのは大きなデメリットだ。

ウィニー君
ウィニー君

統率者戦だと強力な非クリーチャー呪文が満載だからね。

マナ倍加した後で、《旧き道のニーキャ》をバウンスか生け贄でもするの?

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

そんな面倒くさいことはしない。

絶対に《旧き道のニーキャ》の能力に邪魔されることがないように、デッキをクリーチャー呪文と土地カードだけにした。

ウィニー君
ウィニー君

はぃい!?

デッキ内容はこちら

カード名が青色アンダーラインなのは、職業タイプが○○○○のカード。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
1 《旧き道のニーキャ/Nikya of the Old Ways》

【クリーチャー 65枚】
1 《種子生まれの詩神/Seedborn Muse》
1 《自然の伝令、イェヴァ/Yeva, Nature’s Herald》
1 《黒曜石の火心/Obsidian Fireheart》
1 《光り葉の大ドルイド/Gilt-Leaf Archdruid》
1 《東屋のエルフ/Arbor Elf》
1 《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
1 《Fyndhorn Elves》
1 《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》
1 《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
1 《旅するサテュロス/Voyaging Satyr》
1 《ザル=ターのドルイド/Zhur-Taa Druid》
1 《彼方地のエルフ/Farhaven Elf》
1 《クローサの修復者/Krosan Restorer》
1 《ピーマの改革派、リシュカー/Rishkar, Peema Renegade》
1 《ソンバーワルドの賢者/Somberwald Sage》
1 《ヤヴィマヤの古老/Yavimaya Elder》
1 《変わり樹の蒔き手/Turntimber Sower》
1 《アルゴスの古老/Argothian Elder》
1 《シタヌールの秘儀司祭/Citanul Hierophants》
1 《鼓声狩人/Drumhunter》
1 《動物学者/Zoologist》
1 《獣に囁く者/Beast Whisperer》
1 《カメレオンの巨像/Chameleon Colossus》
1 《石蒔きの秘儀司祭/Stone-Seeder Hierophant》
1 《クローサの拳カマール/Kamahl, Fist of Krosa》
1 《新たなるファイレクシアの魂/Soul of New Phyrexia》
1 《虚無魔道士の番人/Nullmage Shepherd》
1 《始原の賢者/Primordial Sage》
1 《森林の怒声吠え/Woodland Bellower》
1 《棘茨の君主/Bramble Sovereign》
1 《帝国の徴募兵/Imperial Recruiter》
1 《蠱惑的な船員/Captivating Crew》
1 《自由なる者ルーリク・サー/Ruric Thar, the Unbowed》
1 《業火のタイタン/Inferno Titan》
1 《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》
1 《収穫の魂/Soul of the Harvest》
1 《都市国家の破壊者/Polis Crusher》
1 《騒乱の発端、グレンゾ/Grenzo, Havoc Raiser》
1 《放浪の吟遊詩人、イーサーン/Yisan, the Wanderer Bard》
1 《ウルヴェンワルドのハイドラ/Ulvenwald Hydra》
1 《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger》
1 《威厳の魔力/Regal Force》
1 《クウィリーオン・レインジャー/Quirion Ranger》
1 《飢餓の声、ヴォリンクレックス/Vorinclex, Voice of Hunger》
1 《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1 《刻み角/Manglehorn》
1 《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》
1 《生類の侍臣/Vizier of the Menagerie》
1 《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》
1 《永遠の証人/Eternal Witness》
1 《不屈の神ロナス/Rhonas the Indomitable》
1 《獣相のシャーマン/Fauna Shaman》
1 《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》
1 《起源/Genesis》
1 《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
1 《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
1 《輪の大魔術師/Magus of the Wheel》
1 《黄金の守護者/Golden Guardian》
1 《空を引き裂くもの、閼螺示/Arashi, the Sky Asunder》
1 《迷える探求者、梓/Azusa, Lost but Seeking》
1 《秘紋のアルマサウルス/Runic Armasaur》
1 《ガラクの群れ率い/Garruk’s Packleader》
1 《激情の共感者/Fierce Empath》
1 《ウッド・エルフ/Wood Elves》
1 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》

【インスタント 0枚】
なし

【ソーサリー 0枚】
なし

【アーティファクト 0枚】
なし

【エンチャント 0枚】
なし

【プレインズウォーカー 0枚】
なし

【土地 35枚】
1 《ハンウィアーの要塞/Hanweir Battlements》
1 《灰のやせ地/Ash Barrens》
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower》
1 《カー砦/Kher Keep》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《統率の塔/Command Tower》
1 《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》
1 《苔汁の橋/Mosswort Bridge》
1 《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》
1 《Taiga》
1 《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《ヤヴィマヤのうろ穴/Yavimaya Hollow》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1 《荒廃した森林/Blighted Woodland》
1 《無限地帯/Myriad Landscape》
1 《ならず者の道/Rogue’s Passage》
4 《山/Mountain》
13 《森/Forest》

このデッキの勝ち筋は以下の通り

マナクリーチャーや土地サーチ・アンタップクリーチャーを展開し、最速で《旧き道のニーキャ》を戦場に出す

《魔力の墓所》《太陽の指輪》《モックス・ダイヤモンド》などの非クリーチャー呪文のマナ加速を採用しなくても、優秀なマナクリーチャーや土地サーチクリーチャーが多数いるので、問題なく展開できる。

ラノワールのエルフほか

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《旧き道のニーキャ》は心置きなく最速で出す

ドロー誘発クリーチャーを展開し、手札を増やす

《獣に囁く者》《始原の賢者》《収穫の魂》を展開し、ハンドアドバンテージ損失を防ぐ。

ウィニー君
ウィニー君

複数体出せれば、クリーチャー呪文を唱えるほど手札が増えるようになるよ。

獣に囁く者ほか
MO大量展開

ビートダウンでライフ40点を狙うか、キーカードを活用する

《カメレオンの巨像》《クローサの拳カマール》《ケッシグの狼の地》などで大量マナを活用しビートダウンする。

ビートダウンフィニッシャー

とはいえ、相手の展開するクリーチャーの方が強力で倒しきれない場合もある。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

そこで、キーカードを活用した別の勝利も目指す。

本デッキのキーカードはこちら

種子生まれの詩神とイェヴァ

《種子生まれの詩神》は『レギオン』初収録レア、《自然の伝令、イェヴァ》は『基本セット2013』収録レア。

この2枚が揃うと、統率者戦で禁止されている《クルフィックスの預言者》と似た動きができるようになる。

ウィニー君
ウィニー君

全員のターンで《薄暮見の徴募兵》《放浪の吟遊詩人、イーサーン》《虚無魔道士の番人》使われたり、インスタントタイミングで状況にあったクリーチャー出されまくったら、対戦相手は悶絶するね。

イーサーンほか


黒曜石の火心

ビートダウン以外の勝利手段その1。『ゼンティカー』収録神話レア。

大量の赤マナをつぎ込み、対戦相手の土地に猛火カウンターをばらまく。

MO黒曜石の火心

ウィニー君
ウィニー君

「この土地は、黒曜石の火心が戦場を離れた後も燃え続ける。」という中二病心をくすぐる注釈文がいいね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

2万種類以上あるカードの中でも唯一の効果だ。

こういった唯一無二のカードを探す楽しみがあるのも、マジック:ザ・ギャザリングの魅力だな。


光り葉の大ドルイド

ビートダウン以外の勝利手段その2。『モーニングタイド』収録レア。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

実は、対戦相手に気づかれにくいように、ドルイドクリーチャーを多めに忍ばせている。

ドルイドっぽくないドルイド

ウィニー君
ウィニー君

確かに、統率者が《クローサの庇護者シートン》だとドルイド部族デッキとバレバレだけど、《旧き道のニーキャ》だとビッグマナ系デッキとしか思われないもんね。

クローサの庇護者シートン

6体以上ドルイドを展開できたら《光り葉の大ドルイド》を戦場に出し、対戦相手の土地を強奪する。

MO光葉の大ドルイド

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《種子生まれの詩神》と一緒だと、1周回る間に対戦相手全員の土地を強奪できるぞ(ゲス顔)

ウィニー君
ウィニー君

《黒曜石の火心》で燃やしまくった土地を強奪すると、自分が大やけどする点だけ注意してね。

さいごに

ウィニー君
ウィニー君

非クリーチャー呪文が全くなくても、色んな動きができるんだね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

昨今はクリーチャーの質が上がっているからな。

ドルイドだけを採用しているわけではないので、新セットが出るたびにクリーチャーの入れ替えを検討できるのも、本デッキの醍醐味だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました