統率者デッキ紹介《再誕の天使、リエーン》

再誕の天使、リエーンデッキ紹介
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者はこちら

再誕の天使、リエーン

『基本セット2020』BOXプロモ。

ウィニー君
ウィニー君

『基本セット2020』の統率者候補カードレビューはこちらの記事でまとめているよ。

神話レアの楔3色伝説クリーチャーサイクル・・・ではなく、『基本セット2020』唯一の弧3色(友好色)。

統率者デッキ紹介《天頂の探求者、カーリア》
カジュアル統率者デッキとして、《天頂の探求者、カーリア》を統率者にしたデッキを紹介。カーリアの再カード化!なんだけど、『基本セット2020』の楔三色サイクルの中では弱い部類の統率者・・・!?そこはカーリア愛で突破したデッキ構築に挑戦!
統率者デッキ紹介《隠された手、ケシス》
カジュアル統率者デッキとして、《隠された手、ケシス》を統率者にしたデッキを紹介。伝説に関する常在型能力と起動型能力を活かしたデッキ構築をしたんだけど・・・結構難しい!?
統率者デッキ紹介《乱動の座、オムナス》
カジュアル統率者デッキとして、《乱動の座、オムナス》を統率者にしたデッキを紹介。一見、色も能力も取っ散らかっているようにしか見えないけど、エレメンタル部族にするだけで、凶悪なほど展開能力とドロー能力が上がるのが、恵まれたクリーチャータイプなんだよなぁ・・・
統率者デッキ紹介《冒涜されたもの、ヤロク》
カジュアル統率者デッキとして、《冒涜されたもの、ヤロク》を統率者にしたデッキを紹介。当然、常在型能力を当てにしたデッキ構築だけど、キーカードは危険なプチコンボなカードの組み合わせ!?
統率者デッキ紹介《風の憤怒、カイカ》(カオス系コンボ)
カジュアル統率者デッキとして、《風の憤怒、カイカ》を統率者にしたデッキを紹介。『基本セット2020』の統率者候補カードレビューでは《歪んだ世界》と相性が良いと言ったけど、あれは嘘だった!?今回は本当に相性が良いキーカードを紹介!
ウィニー君
ウィニー君

ナヤカラーで天使って、珍しい組み合わせだね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

多色クリーチャーをサポートする2つの能力を持つため、構築も多色クリーチャーを中心に組むことになる。

デッキ内容はこちら

カード名が黄色アンダーラインなのは、多色クリーチャーカード。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
1 《再誕の天使、リエーン/Rienne, Angel of Rebirth》

【クリーチャー 31枚】
1 《領土を滅ぼすもの/Realm Razer》
1 《艦長シッセイ/Captain Sisay》
1 《ドラゴンの大母/Dragon Broodmother》
1 《黄金夜の刃、ギセラ/Gisela, Blade of Goldnight》
1 《収穫の神、ケイラメトラ/Karametra, God of Harvests》
1 《怒りの座、オムナス/Omnath, Locus of Rage》
1 《不和のトロスターニ/Trostani Discordant》
1 《龍王ドロモカ/Dragonlord Dromoka》
1 《セレズニアの声、トロスターニ/Trostani, Selesnya’s Voice》
1 《原初の災厄、ザカマ/Zacama, Primal Calamity》
1 《歓楽の神、ゼナゴス/Xenagos, God of Revels》
1 《ドラゴンの巣の蜘蛛/Dragonlair Spider》
1 《総将軍ラーダ/Grand Warlord Radha》
1 《秋の騎士/Knight of Autumn》
1 《都市国家の破壊者/Polis Crusher》
1 《自由なる者ルーリク・サー/Ruric Thar, the Unbowed》
1 《サッフィー・エリクスドッター/Saffi Eriksdotter》
1 《呪文砕きのビヒモス/Spellbreaker Behemoth》
1 《デュルガーの垣魔道士/Duergar Hedge-Mage》
1 《調和スリヴァー/Harmonic Sliver》
1 《鷺群れのシガルダ/Sigarda, Host of Herons》
1 《運命の大立者/Figure of Destiny》
1 《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》
1 《ケルドの後継者、ラーダ/Radha, Heir to Keld》
1 《帰還した探検者、セルヴァラ/Selvala, Explorer Returned》
1 《災難の大神/Deus of Calamity》
1 《不屈の随員/Dauntless Escort》
1 《復活の声/Voice of Resurgence》
1 《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells》
1 《自然の伝令、イェヴァ/Yeva, Nature’s Herald》
1 《永遠の証人/Eternal Witness》

【インスタント 2枚】
1 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》

【ソーサリー 10枚】
1 《絶滅の星/Star of Extinction》
1 《Wheel of Fortune》
1 《調和/Harmonize》
1 《質素な命令/Austere Command》
1 《自然の知識/Nature’s Lore》
1 《冒涜の行動/Blasphemous Act》
1 《三顧の礼/Three Visits》
1 《リシュカーの巧技/Rishkar’s Expertise》
1 《耕作/Cultivate》
1 《木霊の手の内/Kodama’s Reach》

【アーティファクト 12枚】
1 《連合の秘宝/Coalition Relic》
1 《彩色の灯籠/Chromatic Lantern》
1 《太陽の指輪/Sol Ring》
1 《アゾールの門口/Azor’s Gateway》
1 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
1 《魔力の墓所/Mana Crypt》
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1 《ダークスティールの鋳塊/Darksteel Ingot》
1 《スランの発電機/Thran Dynamo》
1 《金粉の水蓮/Gilded Lotus》
1 《精霊信者の剣/Sword of the Animist》
1 《頭蓋骨絞め/Skullclamp》

【エンチャント 4枚】
1 《土地税/Land Tax》
1 《ミラーリの目覚め/Mirari’s Wake》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《息詰まる徴税/Smothering Tithe》

【プレインズウォーカー 5枚】
1 《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1 《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
1 《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
1 《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》
1 《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》

【土地 35枚】
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower》
13 《森/Forest》
1 《家路/Homeward Path》
1 《マナの合流点/Mana Confluence》
1 《苔汁の橋/Mosswort Bridge》
1 《Plateau》
1 《Savannah》
1 《Taiga》
1 《風立ての高地/Windbrisk Heights》
1 《真鍮の都/City of Brass》
4 《山/Mountain》
1 《ヤヴィマヤのうろ穴/Yavimaya Hollow》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《クローサの境界/Krosan Verge》
5 《平地/Plains》
1 《高級市場/High Market》

ウィニー君
ウィニー君

クリーチャーは全部多色・・・かと思ったら、2枚だけ緑単色だね。

リエーン採用緑単色クリーチャー

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

同じ役割の多色クリーチャーがいないからな。

とはいえ、《再誕の天使、リエーン》の効果が得られないだけで、他の多色クリーチャー経由で除去耐性を得たり再利用が出来る。

リエーンと相性が良いクリーチャー

ウィニー君
ウィニー君

特に《自然の伝令、イェヴァ》は、《再誕の天使、リエーン》の遅延誘発型能力で手札に戻った緑含みの多色クリーチャーを、相手ターンに出し直せるようになるので、隙がなくなるね。

本デッキの勝ち筋はこちら

とにかくマナ加速を行う

《再誕の天使、リエーン》の遅延誘発型能力のおかげでリソースは尽きにくい一方、マナ軽減や踏み倒しといった効果はないため、再展開にマナがかかるのが難点。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

そのため、マナ加速を優先的に行っていく。

MOリエーンマナ加速

《再誕の天使、リエーン》、多色クリーチャーカードを展開し、ボードアドバンテージを稼ぐ

《再誕の天使、リエーン》がいれば、多色クリーチャーは気兼ねなく展開できる。

MOリエーン多色クリーチャー展開

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

採用している多色クリーチャーは除去耐性持ちETB能力持ちヘイトベアー系の3タイプに大別される。どれも対戦対手にとって鬱陶しいのが特徴。

ウィニー君
ウィニー君

対戦相手にとっては、どれも手札に戻って再利用されたくないもんね。

MOリエーン死亡誘発全体除去食らっても、みんな手札に戻~る!

ビートダウンで愚直に倒す

ウィニー君
ウィニー君

特殊勝利カードを入れていないから、仕方ないね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《再誕の天使、リエーン》のパワーが5なので、統率者ダメージ21点を狙うよりは40点ライフを削る方を目指した方が大抵早い。

本デッキのキーカードはこちら

領土を滅ぼすもの

全ての土地を追放する豪快なヘイト系クリーチャー。

ウィニー君
ウィニー君

除去耐性が全くないのが難点だけど、本デッキであれば除去耐性を多重に掛けられるし、安心して戦場に出せるね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

クリーチャー展開で誰よりもボードアドバンテージが取れているならば、《領土を滅ぼすもの》のETB能力をスタックに乗せた後、解決前に《高級市場》で生け贄に捧げよう。

戦場を離れた際の誘発型能力がスタックに乗り、先に解決することで、土地を追放させたままにできるぞ(ゲス顔)

さいごに

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

多色クリーチャーは最近のセットではほぼ毎回収録されるので、アップデートしやすい統率者と言える。

ウィニー君
ウィニー君

アラーラ次元はともかく、ラヴニカ次元は今後も再訪しそうだもんね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

統率者2019でもナヤカラーの伝説クリーチャーが収録されるし、楽しみだな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました