いまさら聞けない改行の話

戦略
ウィニー君
ウィニー君

いまさら聞けない話シリーズでは、統率者戦で遭遇するキーワード能力・処理・ルールの内、ややこしいものをピックアップしていくよ

スポンサーリンク

文章が改行しているか否かで効果が変わる!

MTGの文章欄は、可読性を上げたくても自由に改行できない。

ウィニー君
ウィニー君

どういうこと?

改行すれば可読性が上がるでしょ?

かざろふ伯
かざろふ伯

それは一般的な文章の話。

MTGのテキストは、改行のあるなしで効果が全く変わってしまう

例えば、《水銀の泉》の洪水カウンターと《成金、グヮファ・ハジード》の賄賂カウンター。

カウンターを置いた後に、《水銀の泉》《成金、グヮファ・ハジード》が戦場を離れた場合、

  • 洪水カウンターが置かれた土地は、島か?
  • 賄賂カウンターが置かれているクリーチャーは、攻撃やブロックに参加できないか?
ウィニー君
ウィニー君

え?

カウンターを置いた元凶がいなくなったんだから、どちらも効果なくなっているんじゃないの?

かざろふ伯
かざろふ伯

総合ルール113.2cにより、結果は異なる

 1つのオブジェクトが複数の能力を持つことがある。そのオブジェクトがカードである場合、一行に並べられて書かれるあらかじめ定義された能力(rule 702〔キーワード能力〕参照)を除き、オブジェクトの文章の各段落は別個の能力を表す。カードでない場合、それを生成した効果によって複数の能力を得ることがある。また、オブジェクトは呪文や能力によって能力を得ることがある。1つのオブジェクトが同じ能力を複数持っている場合、それられは独立に機能する。これによって、能力が一つだけの時よりもより多くの効果を生むこともあるし、そうでないこともある。詳しい情報は各能力を参照のこと。

解答は以下の通り。

  • 洪水カウンターが置かれている限りその土地は島であり続ける。なぜなら、カウンターを置く能力と、そのカウンターの意味を定義する能力の間に改行がない(単一の能力である)からである。
  • 賄賂カウンターが置かれていてもクリーチャーは攻撃やブロックに参加できる。なぜなら、賄賂カウンターを置く能力とそのカウンターの意味を定義する能力の間に改行がある(単一の能力ではない)ため。
ウィニー君
ウィニー君

除去されても効果が続くなんて、改行がない(単一の能力である)方が強いじゃん(。-`ω-)

かざろふ伯
かざろふ伯

そうとは言い切れない

例えば、《成金、グヮファ・ハジード》を再キャストした場合。

すでに賄賂カウンターが置かれているクリーチャーは、その賄賂カウンターが再キャストした《成金、グヮファ・ハジード》によって置かれたものでなくても、攻撃やブロックに参加できなくなる。

かざろふ伯
かざろふ伯

賄賂カウンターは、何によって置かれたものかを区別していないためだ

さて、ここでクイズです!

以下のカードは改行がない(単一の能力である)か、改行がある(単一の能力ではない)か?

Q1. 《黒曜石の火心》の猛火カウンター

黒曜石の火心
ウィニー君
ウィニー君

燃え続けるって注釈文があるからわかりやすいね

解答を見る

A1. 改行がない(単一の能力である)

《黒曜石の火心》が戦場を離れても、猛火カウンターが置かれている限りその土地は誘発型能力を持ち続ける。

なお、誘発型能力を持つのは、起動型能力の対象になった土地である。何らかの理由で猛火カウンターを持った土地が存在しても、それが《黒曜石の火心》の能力によるものでないならば、誘発型能力は持たない。

例えば、猛火カウンターが1個以上乗っている《五連火災》を《オパール色の輝き》でクリーチャー化した後に《野生の魂、アシャヤ》で土地にしても、燃え続けることはない。

Q2. 《奪われし御物》の神性カウンター

解答を見る

A2. 改行がある(単一の能力ではない)

《奪われし御物》が戦場を離れれば、神性カウンターは意味を持たなくなる。なぜなら、神性カウンターを置く能力と破壊されない能力は別個の能力である(二つの能力の間に改行がある)ため。

Q3. 《霧氷羽の梟》の氷カウンター

解答を見る

A3. 改行がある(単一の能力ではない)

氷カウンターを置く起動型能力とパーマネントを氷雪化する常在型能力は別であること、また氷雪化は氷カウンターではなく《霧氷羽の梟》が持つ能力であるため、《霧氷羽の梟》が戦場を離れれば氷雪化能力は失われ、もともと氷雪でなかった氷カウンター付きパーマネントは氷雪ではなくなる。

ただし、氷カウンターであることは変わらない。例えば《暗黒の深部》をコピーしようとする《演劇の舞台》を対象に氷カウンターを置けば、マリット・レイジの目覚めを遅らせることができる。

Q4. 《エイヴンの擬態術士》の羽根カウンター

解答を見る

A4. 改行がない(単一の能力である)

特性を変更するのは誘発型能力の効果によるものなので、《エイヴンの擬態術士》が戦場を離れても効果は継続する。

他の手段、例えば《巣を守るものカンジー》などによって羽根カウンターが置かれたクリーチャーが存在しても、そのクリーチャーには影響しない。

ウィニー君
ウィニー君

Q4.までやったけど、そもそもカード見れば改行があるか否かは一目瞭然なんじゃないの?

Q5. 《Rasputin Dreamweaver》の夢カウンター

ウィニー君
ウィニー君

ナマ言って済みませんでしたァー!m(_ _)m

かざろふ伯
かざろふ伯

印刷の見た目とは当然異なるので注意!

解答を見る

A5. 改行がある(単一の能力ではない)

あなたのアップキープの開始時に、Rasputin Dreamweaverがターンの開始時からアンタップ状態であった場合、その上に夢カウンターを1個置く。

Rasputin Dreamweaverは、その上に夢カウンターを8個以上置くことができない。

上記2つの効果はかつてのオラクルでは1つの能力となっていたが、その後のオラクル変更で、8個以上置けない効果は独立した常在型能力になっている。

ウィニー君
ウィニー君

印刷フォントを小さくしても改行できないほど文章量が多かったのね

Q6.《Dreams of the Dead》の累加アップキープ2の付与と戦場を離れる際に追放される効果

かざろふ伯
かざろふ伯

カウンターでなくても、改行の有無は影響する

解答を見る

A6. 改行がない(単一の能力である)

起動型能力によって生成される(改行されてない)ので、《Dreams of the Dead》が戦場に無くても累加アップキープを支払わねばならず、追放もしなければならない。

Q7. 《影の悪鬼》などの追放したカードをプレイする効果

《豪華の王、ゴンティ》《精神吸い》など、同様の効果を持つクリーチャーは多いね

解答を見る

A7. 改行がない(単一の能力である)

《影の悪鬼》が戦場を離れても、そのカードが追放されているかぎり~の部分が改行されていないため、《影の悪鬼》が追放したカードをプレイすることができる。

Q8.《Form of the Squirrel》の敗北条件

かざろふ伯
かざろふ伯

最後は銀枠だけど、敗北条件が直感と異なるので出題してみた

解答を見る

A8. 改行がない(単一の能力である)

《Form of the Squirrel》が戦場に存在していなくても、生成したリス・クリーチャー・トークンが戦場を離れるとゲームに敗北してしまう。この敗北能力は遅延誘発型能力である(トークンを生成する能力と敗北能力の間に改行がない)ため。

さいごに

英語原文なら、いつでも正しく改行しているとは限らない。

例えば、『第10版』の《神の怒り》。

英語原文では破壊効果と再生禁止との間に改行があるけど、オラクル上では改行はない。

ウィニー君
ウィニー君

日本語訳ではちゃんと1行になっているね。

見栄えはともかく(;一_一)

これは、廃語である埋葬を用いたかつての文章、Bury all creatures.の美しさをオマージュしたため。

美しい・・・

また、ルール上の改行ではなく、英語原文の改行の仕方が誤読を引き起こした例もある。

『ジャッジメント』収録の《焚書》は、上の画像のように印刷されている。

1行目の末尾にカンマがあるように誤読すると・・・

Unless a player has Book Burning,
deal 6 damage to him or her, put
the top six cards of target player’s
library into his or her graveyard.

プレイヤーが《Book Burning》を持っていない限り、そのプレイヤーに6点のダメージを与え、対象のプレイヤーのライブラリーの一番上のカード6枚をそのプレイヤーの墓地に置く、と読めてしまう。

ウィニー君
ウィニー君

メチャクチャ強力な火力じゃん

かざろふ伯
かざろふ伯

もちろんそんなことはない。

正しいオラクルは以下の通り

プレイヤー1人を対象とする。どのプレイヤーも「焚書は自分に6点のダメージを与える。」を選んでよい。誰もそうしなかったなら、そのプレイヤーは、カードを6枚切削する。

ウィニー君
ウィニー君

英語でも日本語でも、可読性を高めつつ正確な表記をするのは大変なのね(+_+)

コメント

タイトルとURLをコピーしました