統率者デッキ紹介《年経た枝指》

ゴルガリ(黒緑)
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者

2色の伝説レア・クリーチャーサイクルの1枚。

ウィニー君
ウィニー君

『イニストラード:真夜中の狩り』の統率者候補カードレビューはこちらの記事でまとめているよ

デッキ内にクリーチャーを、

  • 1枚だけ採用すれば、統率領域に置ける《納墓》
  • 大量に採用すれば、統率領域に置けるランダムかつ可変値の《生き埋め》
ウィニー君
ウィニー君

デッキの方向性として両極端だね

それぞれメリット/デメリットがあるが、クリーチャーを大量に採用する場合、同セット同サイクルの《大スライム、スローグルク》に近い。

ウィニー君
ウィニー君

じゃあ、クリーチャーを大量に採用して統率者ダメージ21点狙い?

かざろふ伯
かざろふ伯

それが、残念ながら《大スライム、スローグルク》と比べると劣る

《大スライム、スローグルク》より劣る理由

回避能力も除去耐性もない

《大スライム、スローグルク》がトランプルと自己バウンス能力を持つのに対し、《年経た枝指》は唱えたとき以外能力を持たない実質バニラ。

かざろふ伯
かざろふ伯

統率者ダメージ21点を狙うには心もとない

墓地全除去=ピン除去になってしまう

《大スライム、スローグルク》はPTが3/3に対し《年経た枝指》は*/*のため、《ボジューカの沼》などで墓地を全除去されるだけで0/0になってしまう。

ウィニー君
ウィニー君

墓地対策カードだけでなく《Timetwister》系カードにも弱い点に注意!

また、リアニメイトを考慮する場合も、ランダムかつ可変値の《生き埋め》では状況に適したクリーチャーが墓地に落ちる可能性が低く、チグハグな動きになりやすい。

かざろふ伯
かざろふ伯

そこで今回は統率領域に置ける《納墓》としてデッキ構築してみた

デッキ内容

【統率者 1枚】
1 《年経た枝指/Old Stickfingers

【クリーチャー 1枚】
1 《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth

【インスタント 9枚】
1 《ザットの意志/Szat’s Will
1 《蜘蛛の襲来/Arachnogenesis
1 《菌類の再誕/Fungal Rebirth
1 《好奇心の強い群れ/Curious Herd
1 《歪める嘆き/Warping Wail
1 《吸血の教示者/Vampiric Tutor
1 《衰亡の加護/Withering Boon
1 《輪作/Crop Rotation
1 《夏の帳/Veil of Summer

【ソーサリー 15枚】
1 《害獣の侵入/Pest Infestation
1 《生+死/Life+Death
1 《再活性/Reanimate
1 《悪魔の教示者/Demonic Tutor
1 《毒の濁流/Toxic Deluge
1 《滅び/Damnation
1 《苦痛の命令/Decree of Pain
1 《自然の知識/Nature’s Lore
1 《三顧の礼/Three Visits
1 《耕作/Cultivate
1 《木霊の手の内/Kodama’s Reach
1 《ピールの気紛れ/Pir’s Whim
1 《発見の誘惑/Tempt with Discovery
1 《調和/Harmonize
1 《境界なき領土/Boundless Realms

【アーティファクト 13枚】
1 《ナイレアの弓/Bow of Nylea
1 《魔力の墓所/Mana Crypt
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond
1 《石なる知識/Brainstone
1 《探検の地図/Expedition Map
1 《太陽の指輪/Sol Ring
1 《頭蓋骨絞め/Skullclamp
1 《精神石/Mind Stone
1 《巻物棚/Scroll Rack
1 《思考の器/Thought Vessel
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice
1 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds
1 《アシュノッドの供犠台/Ashnod’s Altar

【エンチャント 20枚】
1 《苦花/Bitterblossom
1 《想起の拠点/Bastion of Remembrance
1 《リリアナの誓い/Oath of Liliana
1 《目覚めの領域/Awakening Zone
1 《トラッジの庭/Trudge Garden
1 《新緑の抱擁/Verdant Embrace
1 《動く死体/Animate Dead
1 《ネクロマンシー/Necromancy
1 《最古再誕/The Eldest Reborn
1 《ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arena
1 《無慈悲/No Mercy
1 《エレボスの指図/Dictate of Erebos
1 《踏査/Exploration
1 《繁茂/Wild Growth
1 《楽園の拡散/Utopia Sprawl
1 《森の知恵/Sylvan Library
1 《似通った生命/Parallel Lives
1 《倍増の季節/Doubling Season
1 《マナの反射/Mana Reflection
1 《腐れ蔦の再生/Moldervine Reclamation

【プレインズウォーカー 6枚】
1 《愚者滅ぼし、テヴェシュ・ザット/Tevesh Szat, Doom of Fools
1 《戦慄衆の将軍、リリアナ/Liliana, Dreadhorde General
1 《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker
1 《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter
1 《呪われた狩人、ガラク/Garruk, Cursed Huntsman
1 《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force

【土地 35枚】
1 《死者の原野/Field of the Dead
1 《Bayou
1 《草むした墓/Overgrown Tomb
1 《ガイアの揺籃の地/Gaea’s Cradle
1 《真鍮の都/City of Brass
1 《マナの合流点/Mana Confluence
1 《統率の塔/Command Tower
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower
1 《苔汁の橋/Mosswort Bridge
1 《ファイレクシアの塔/Phyrexian Tower
1 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
1 《霧深い雨林/Misty Rainforest
1 《湿地の干潟/Marsh Flats
1 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath
1 《無限地帯/Myriad Landscape
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb
1 《陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog
1 《発明博覧会/Inventors’ Fair
2 《沼/Swamp
2 《冠雪の沼/Snow-Covered Swamp
5 《森/Forest
5 《冠雪の森/Snow-Covered Forest

本デッキの勝ち筋

クリーチャー・トークンを展開する

クリーチャーを1体しか採用していないため、防御面に不安が残る。

防御しつつキーカードを活かすため、クリーチャー・トークン生成カードを複数出し横展開していく。

キーカードを釣って一撃必殺、またはプレインズウォーカーで押し切る

クリーチャー・トークンを十分量横展開したら、《年経た枝指》をX=1で唱えキーカードを墓地に落とし、リアニメイトで一撃必殺!

妨害された場合はプレインズウォーカー・コントロール気味に動き、アド差で押し切る。

《愚者滅ぼし、テヴェシュ・ザット》の奥義炸裂!

本デッキのキーカード

『アヴァシンの帰還』初出の神話レア・クリーチャー。

横展開するほど強力な《踏み荒らし》に似たETB能力を持つ。

かざろふ伯
かざろふ伯

統率者戦では、リアニメイトするだけで勝利に直結するクリーチャーは実はほとんどない

ウィニー君
ウィニー君

レガシーみたいに《グリセルブランド》は採用できないし、伝説のエルドラージや《荒廃鋼の巨像》はリアニメイトできないもんね

通常のトークンデッキであれば《歯と爪》双呪から《孔蹄のビヒモス》《ゼンディカーの報復者》で一撃必殺できるが、本デッキでは《孔蹄のビヒモス》しか採用できないのが難点か。

一本釣り!

『テーロス』の伝説のアーティファクト・エンチャントサイクルの緑。

攻撃クリーチャーに接死を持たせる常在型能力と、ナイレアが司る四季を表現した4つのモードの起動型能力を持つ。

かざろふ伯
かざろふ伯

キーカードである理由は以下の2点!

  • 《孔蹄のビヒモス》と組み合わせることで接死・トランプルになり、ブロッカーの影響を極力減らせる
  • 墓地回収モードで、墓地の《孔蹄のビヒモス》を追放除去からインスタントタイミングで守れる

さいごに

かざろふ伯
かざろふ伯

本デッキの天敵は《虐殺のワーム》!

クリーチャー・トークンとライフを一気に失いかねない

マズい!

そのため《ナイレアの弓》のライフ回復モードのほか、ライフアドを得るカードもサブテーマとして複数採用している。

ウィニー君
ウィニー君

命大事にしつつ、トークンとプレインズウォーカーで圧倒しよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました