統率者デッキ紹介《Phelddagrif》

Phelddagrifデッキ紹介
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者はこちら

Phelddagrif

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵
『アライアンス』収録。起動型能力が3つもあり、マナレシオも1ある。強い!
ウィニー君
ウィニー君
いやいや。起動型能力が全部、対戦相手にアドバンテージ与えているんですが。
かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

ああ、今回そういうコンセプトだから。

ウィニー君
ウィニー君

・・・はい?

デッキ内容はこちら

カード名が青色アンダーラインなのは、対戦相手にアドバンテージを与えるカード。
カード名が黄色アンダーラインなのは、防御カード。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
《Phelddagrif》

【クリーチャー 16枚】
1 《ぶどう園の大魔術師/ Magus of the Vineyard》
1 《帰還した探検者、セルヴァラ/ Selvala, Explorer Returned》
1  《オーラ泥棒/ Aura Thief》
1 《アカデミーの学長/ Academy Rector》
1 《気前のいい後援者/ Noble Benefactor》
1 《老練の探険者/ Veteran Explorer》
1 《極楽鳥/Birds of Paradise》
1 《魅力的な執政官/ Blazing Archon》
1 《大修道士、エリシュ・ノーン/ Elesh Norn, Grand Cenobite》
1 《森の女人像/ Sylvan Caryatid》
1 《終止符のスフィンクス/ Sphinx of the Final Word》
1 《堂々たる撤廃者/ Grand Abolisher》
1 《歩く書物/ Walking Archive》
1 《地ならし屋/ Leveler》
1 《研究室の偏執狂/ Laboratory Maniac》
1 《トカートリの儀仗兵/Tocatli Honor Guard》

【インスタント 15枚】
1 《尊い捧げ物/ Benevolent Offering》
1 《サイクロンの裂け目/ Cyclonic Rift》
1 《流刑への道/ Path to Exile》
1 《不断の霞/ Constant Mists》
1 《幻術師の計略/ Illusionist’s Gambit》
1 《圧倒的な否定/ Overwhelming Denial》
1 《テフェリーの防御/ Teferi’s Protection》
1 《剣を鍬に/ Swords to Plowshares》
1 《誅罰/ Comeuppance》
1 《知性の捧げ物/ Intellectual Offering》
1 《神秘の教示者/ Mystical Tutor》
1 《最後の言葉/ Last Word》
1 《貴族階級の嘲笑/ Patrician’s Scorn》
1 《俗世の教示者/ Worldly Tutor》
1 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》

【ソーサリー 10枚】
1 《集団的航海/ Collective Voyage》
1 《起源の波/ Genesis Wave》
1 《至高の評決/ Supreme Verdict》
1 《耕作/ Cultivate》
1 《木霊の手の内/ Kodama’s Reach》
1 《戦争門Wargate》
1 《自我破摧/ Fractured Identity》
1 《瓜二つ/ Spitting Image》
1 《時のらせん/ Time Spiral》
1 《Timetwister》

【アーティファクト 16枚】
1 《神話の水盤/ Font of Mythos》
1 《吠えたける鉱山/ Howling Mine》
1 《交易所/ Trading Post》
1 《アシュノッドの供犠台/ Ashnod’s Altar》
1 《旅人のガラクタ/ Wayfarer’s Bauble》
1 《探検の地図/ Expedition Map》
1 《金粉の水蓮/ Gilded Lotus》
1 《彩色の灯籠/ Chromatic Lantern》
1 《連合の秘宝/ Coalition Relic》
1 《金属モックス/ Chrome Mox》
1 《思考の器/ Thought Vessel》
1 《ダークスティールの鋳塊/ Darksteel Ingot》
1 《友なる石/Fellwar Stone》
1 《稲妻のすね当て/ Lightning Greaves》
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1 《太陽の指輪/ Sol Ring》

【エンチャント 9枚】
1 《クルフィックスの指図/Dictate of Kruphix》
1 《魔法の夜/ Enchanted Evening》
1 《栄華の儀式/ Rites of Flourishing》
1 《ケイラメトラの指図/ Dictate of Karametra》
1 《春の鼓動/ Heartbeat of Spring》
1 《行き詰まり/ Standstill》
1 《鳩散らし/ Dovescape》
1 《神秘の障壁/ Mystic Barrier》
1 《真の木立ち/ Sterling Grove》

【プレインズウォーカー 0枚】
なし

【土地 33枚】
1 《すべてを護るもの、母聖樹/ Boseiju, Who Shelters All》
10 《森/Forest》
7 《平地/Plains》
1 《家路/Homeward Path》
9 《島/Island》
1 《高級市場/ High Market》
1 《屍肉あさりの地/ Scavenger Grounds》
1 《溺墓の寺院/ Drownyard Temple》
1 《イス卿の迷路/Maze of Ith》
1 《聖遺の塔/ Reliquary Tower》

ウィニー君
ウィニー君

何この相手にアドバンテージを送るカードと防御カードばかりのデッキ。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

いわば接待デッキだよ。ただし、勝ち筋はちゃんと3つある。

このデッキの勝ち筋は以下の通り

全員に恩恵を与えるカードを展開する。

howling mine etc
《吠えたける鉱山》《栄華の儀式》《春の鼓動》などで、追加のドローやマナを全員に与える。結果としてヘイトは低めで済む。

防御カードでひたすら耐える。

不断の霞コンボ

防御コンボとして、《不断の霞》+《溺墓の寺院》を採用。毎ターン5マナ(内1マナは《溺墓の寺院》自身から供給可能)で戦闘ダメージをシャットアウトできる。

《鳩散らし》《魔法の夜》《地ならし屋》で勝つ。

ウィニー君
ウィニー君

どれも普通のデッキで使わないカードだから、どう使うかさっぱりわからん。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

キーカードで解説するよ。

本デッキのキーカードはこちら

鳩散らし

『ディセンション』収録のレア。
非クリーチャー呪文はカウンターされて鳩になるが、自分の呪文は元々打ち消されない呪文(《至高の評決》《圧倒的な否定》)や《すべてを護るもの、母聖樹》経由で打ち消されない上に鳩を量産できる。

打ち消されない

さらに《大修道士、エリシュ・ノーン》で自軍以外の鳩をせん滅。相手のクリーチャーは《トカートリの儀仗兵》でCIP能力を使わせない。

Norn etc


魔法の夜

『シャドウムーア』収録のレア。
《オーラ泥棒》を《高級市場》などで生け贄にして全パーマネントを奪う。それができない状況でも《貴族階級の嘲笑》でリセット可能。

aura combo


地ならし屋

ウィニー君
ウィニー君

これはわかった。

《研究室の偏執狂》で特殊勝利するんでしょ?

研究室の偏執狂

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

それもあるけど、実はもうひとつ勝ち筋があるんだ。

それがこれ。

自我破摧

ウィニー君
ウィニー君

ん?

このカード、強力な相手のカードに撃ってヘイトコントロールするカードでしょ?

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

通常の使い方はね。

でも、《自我破摧》を自分の《地ならし屋》に撃つと・・・?

ウィニー君
ウィニー君

・・・全員のライブラリーが吹っ飛ぶ!

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

ターンを返してあげれば、順番にライブラリアウトで敗北してくれるぞ(ゲス顔)

さいごに

ウィニー君
ウィニー君

今回のデッキ、《Phelddagrif》でなくて《メレティスのキナイオスとティロ》にすれば赤のカードも入れられたんじゃないの?

メレティスのキナイオスとティロ

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

もちろん検討した。

ただ、赤でしかできないカードがなかったことと、統率者自体の除去耐性に差がありすぎたので、最終的に《Phelddagrif》に落ち着いた。

ウィニー君
ウィニー君

そうか。

《Phelddagrif》なら青マナ一つで手札に戻れるから再キャストがいつでも4マナで済むのか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました