統率者デッキ紹介《ギャレンブリグの領主、ヨルヴォ》

ギャレンブリグの領主、ヨルヴォデッキ紹介
スポンサーリンク
統率者デッキ紹介《ギャレンブリグの領主、ヨルヴォ》

今回のカジュアル統率者はこちら

ギャレンブリグの領主、ヨルヴォ

『エルドレインの王権』収録レア。

《朱地洞の族長、トーブラン》と同じく、トリプルシンボルかつ単色の伝説クリーチャーサイクルの緑。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

色拘束が厳しいとはいえ、3マナ4/4とマナレシオは良い。

更に+1/+1カウンターが乗る条件が緩いので、統率者ダメージ21点ダメージも狙いやすい。

ウィニー君
ウィニー君

自身のパワー以上のクリーチャーが出れば追加の+1/+1カウンターが乗るけど、無理して狙わずに、クリーチャー・トークンを出した方が早いね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《ギャレンブリグの領主、ヨルヴォ》が回避能力皆無なので『トランプル』や『防御されない』能力付与しつつ、縦にも横にも展開できる緑単トークンデッキにしてみた。

デッキ内容はこちら

カード名が青色アンダーラインなのは、緑色のクリーチャー・トークンを生成するカード。

カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
1 《ギャレンブリグの領主、ヨルヴォ/Yorvo, Lord of Garenbrig》

【クリーチャー 22枚】
1 《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》
1 《猛り狂うベイロス/Rampaging Baloths》
1 《若葉のドライアド/Tendershoot Dryad》
1 《錯乱した隠遁者/Deranged Hermit》
1 《深き森の隠遁者/Deep Forest Hermit》
1 《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
1 《エルフの開墾者/Elvish Reclaimer》
1 《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
1 《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
1 《Fyndhorn Elves》
1 《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
1 《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》
1 《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》
1 《進化の賢者/Evolution Sage》
1 《クローサの拳バルー/Baru, Fist of Krosa》
1 《ウッド・エルフ/Wood Elves》
1 《オーランの凍り牙/Ohran Frostfang》
1 《威厳の魔力/Regal Force》
1 《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》
1 《進歩の災い/Bane of Progress》
1 《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1 《永遠の証人/Eternal Witness》

【インスタント 3枚】
1 《創造の標/Beacon of Creation》
1 《野生語りの帰還/Return of the Wildspeaker》
1 《英雄的介入/Heroic Intervention》

【ソーサリー 14枚】
1 《境界なき領土/Boundless Realms》
1 《集団的航海/Collective Voyage》
1 《辺境地横断/Traverse the Outlands》
1 《硫酸の波/Wave of Vitriol》
1 《耕作/Cultivate》
1 《木霊の手の内/Kodama’s Reach》
1 《自然の知識/Nature’s Lore》
1 《三顧の礼/Three Visits》
1 《狩人の勇気/Hunter’s Prowess》
1 《リシュカーの巧技/Rishkar’s Expertise》
1 《調和/Harmonize》
1 《全ては塵/All Is Dust》
1 《起源の波/Genesis Wave》
1 《巫師の天啓/Shamanic Revelation》

【アーティファクト 4枚】
1 《頭蓋骨絞め/Skullclamp》
1 《魔力の墓所/Mana Crypt》
1 《かごの中の太陽/Caged Sun》
1 《魔力の篭手/Gauntlet of Power》

【エンチャント 14枚】
《硬化した鱗/Hardened Scales》
1 《原始の報奨/Primeval Bounty》
1 《はじける子嚢/Saproling Burst》
1 《ナイレアの試練/Ordeal of Nylea》
1 《倍増の季節/Doubling Season》
1 《イトリモクの成長儀式/Growing Rites of Itlimoc》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《繁茂/Wild Growth》
1 《成長の季節/Season of Growth》
1 《苦行主義/Asceticism》
1 《獣使いの昇天/Beastmaster Ascension》
1 《マナの反射/Mana Reflection》
1 《ゼンディカーの復興者/Zendikar Resurgent》
1 《楽園の拡散/Utopia Sprawl》

【プレインズウォーカー 7枚】
1 《ラノワールの憤激、フレイアリーズ/Freyalise, Llanowar’s Fury》
1 《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》
1 《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter》
1 《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》
1 《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World》
1 《ビビアン・リード/Vivien Reid》
1 《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》

【土地 35枚】
1 《ヤヴィマヤのうろ穴/Yavimaya Hollow》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower》
1 《家路/Homeward Path》
1 《苔汁の橋/Mosswort Bridge》
1 《占術の岩床/Scrying Sheets》
1 《無限地帯/Myriad Landscape》
1 《ならず者の道/Rogue’s Passage》
27 《冠雪の森/Snow-Covered Forest》

本デッキの勝ち筋はこちら

土地サーチによるマナ加速を優先する

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

下の記事でも触れているけど、土地サーチは数あるマナ加速の中でも強力。

  • 土地は場持ちが良い
  • 土地サーチによるライブラリー圧縮もできるため、ゲーム後半になるほど有効牌を引く可能性が高くなる

《ギャレンブリグの領主、ヨルヴォ》⇒トークン生成カードと縦横に展開する

《ギャレンブリグの領主、ヨルヴォ》は3マナと軽いため、何度除去されても再展開しやすい。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

縦横に展開することで、対戦相手にプレッシャーを与え続けよう!

ウィニー君
ウィニー君

緑色のクリーチャーでないと《ギャレンブリグの領主、ヨルヴォ》の能力を誘発させないことに注意!

緑色のクリーチャー・トークン生成カードは多数あるので、好みで採用してね。

ヨルヴォトークン

統率者ダメージ21点か40点ダメージで勝つ

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

緑単色の弱点ではあるが、構築レベルの特殊勝利カードはほとんどないため、愚直にアタックするべし!

本デッキのキーカードはこちら

硬化した鱗

モダンの鱗親和デッキでも活躍している1マナエンチャント。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《ギャレンブリグの領主、ヨルヴォ》の誘発型能力は、一度に1個しか+1/+1カウンターを乗せないけれど頻発するため、《倍増の季節》よりは《硬化した鱗》の方が効率良い。

ウィニー君
ウィニー君

《倍増の季節》置くとヘイトがメチャクチャ上がるけど、《硬化した鱗》は見逃されやすいのもポイント。

さいごに

ウィニー君
ウィニー君

今回の対戦動画は激闘だったので、是非見てね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

マリガンスタートして、《精神隷属器》されて、全体除去を何度食らっても勝てるのが、統率者戦の醍醐味だな。

何度あきらめかけたことか(;一_一)

ゲーミングプラス

コメント

タイトルとURLをコピーしました