統率者戦におけるプレインズウォーカーのメリット・デメリット

aminatou 戦略
スポンサーリンク

統率者戦におけるプレインズウォーカー

ウィニー君
ウィニー君

プレインズウォーカー好きだから入れてるんだけど、すぐにボコボコに殴られて破壊されちゃう。入れない方が良いの?

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

ローウィンから登場以降、ほぼ毎セット収録されているし、統率者2015やバトルボンドでは統率者に指定出来るプレインズウォーカーも登場しているので、使用頻度も年々上がっている。

ただ、1対1戦とは少し使い勝手が異なるので注意が必要かな。

プレインズウォーカーのメリット

手数が増える

毎ターン、手札もマナも消費せずに何かしらの行動が取れる。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《悪鬼の血脈、ティボルト》でない限りアドを取れる。

Tibalt

ライフアドバンテージが得られる

攻撃ダメージによる破壊があったとしても、プレイヤーのライフが減らなかったことを考えると、忠誠値分のライフアドバンテージが得られたといえる。

ウィニー君
ウィニー君

メリットについては、1対1戦の使用感とほぼ同じだね。

プレインズウォーカーのデメリット

ヘイトを集める

コントロールしているだけで、他プレイヤーからの攻撃を受けやすくなる。

防御ターンが多いため、維持するのは1対1戦より困難

1ターンしか維持できない様では効率が悪い。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

デメリットについては、多人数戦特有の問題といえる。

統率者戦でプレインズウォーカーを上手く使うには

防御クリーチャーを並べる

相手が攻撃を躊躇するようなサイズや、『接死』持ちが有効。
また、『飛行』『到達』クリーチャーを並べると、なお維持しやすい。

防御カードを使う

ただし、一部の防御カードはプレインズウォーカーが登場する前に作られたため、プレインズウォーカーを防御できないので注意!
Ghostly Prison

全体除去を使用した後に、プレインズウォーカーをプレイする

wrath

更地にした後にプレイすることで、維持がしやすくなる。
ただし、『速攻』クリーチャーや《変わり谷》などのミシュラランドには注意。

プレインズウォーカーと相性の良いカード

『増殖』持ちのカード

特に《法務官の声、アトラクサ》は、自身を統率者に指定できるので便利。
atraxa

《倍増の季節》

doubling season

《倍増の季節》設置以降に、プレインズウォーカーによっては戦場に出た直後いきなり大マイナス能力をぶっぱなせるようになるので、超凶悪。

ウィニー君
ウィニー君

その分、ヘイトも上がりまくるので注意。

各種《ゲートウォッチの誓い》

teferi oath
プレインズウォーカーをサポートする効果が得られるが、特に《テフェリーの誓い》は強力。

相手のプレインズウォーカー対策

《不滅の太陽》ほか起動型能力を制限するカード

immortal sun

ただし、自分のプレインズウォーカーにも悪影響があったり、破壊されると一気に不利になるので注意。

複数のプレインズウォーカーを巻き込む全体除去

star

各プレインズウォーカーと書いてあると、複数体プレインズウォーカーを出したプレイヤーへの対応もしやすい。

『速攻』クリーチャーや《変わり谷》などのミシュラランド

graves

特に《稲妻のすね当て》は装備コスト0で、速攻と被覆が付与できるので便利。

さいごに

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

プレインズウォーカーは強力な分、デッキコンセプトと無関係に入れやすい。

カジュアル統率者デッキであれば、統率者に指定したり、コンセプト重視で選んでみると面白いだろう。

戦略
スポンサーリンク
スポンサーリンク
かざろふ伯爵をフォローする
カジュアル統率者.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました