カジュアル統率者目線から見た『Secret Lair x Stranger Things』

デッキ紹介
スポンサーリンク

賛否はあれど・・・

ウィニー君
ウィニー君

『Secret Lair x The Walking Dead』以来の、統率者戦で使用できる新規カードが登場!

かざろふ伯
かざろふ伯

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』好きなNetflixユーザーが統率者戦を始めるのにピッタリ!?

統率者候補をチェック!

黒単

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』の敵役で、「裏側の世界」と呼ばれる平行世界に潜む邪悪で肉体を持たない存在。

生物に侵略・支配しないと実体化しない特徴を、オーナーでないパーマネント3個をコントロール奪取していないとクリーチャー化しないデザインで表現している。

自ターン終了時に誘発する能力は《作戦盗用》に近いが、衝動的ドローではなく追放している限りターンを跨いで取って置ける。

ウィニー君
ウィニー君

追放したカードからパーマネント・カードを展開すればすぐクリーチャー化できるけど、サイズ以外に除去耐性がないのが難点。

サクり台を併用して、いつでもクリーチャー化を解除できるようにすると良さそう

アゾリウス(白青)

ウィルの友人でホーキンス中学放送部のメンバー。

アーティファクト特化な起動型能力とFriend Foreverを持つとはいえ、強力なアーティファクト特化統率者と比べると力不足は否めない。

グルール(赤緑)

シーズン2から登場する転校生で、ウィル達の同級生。

誘発型能力は《遺跡潜り、ジョリー・エン》に近く、1枚ドローの代わりにアンタップ能力と調査になる。

ウィニー君
ウィニー君

アンタップ能力を活かせる《Dustin,Gadget Genius》《Mike,the Dungeon Master》とのFriend foreverの組み合わせは相性良いね

セレズニア(緑白)

ウィルの友人でホーキンス中学放送部のメンバー。

固有色とリアニメイト能力から《サッフィー・エリクスドッター》を彷彿させるが、このターン中に墓地に置かれたクリーチャーを対象に取る効果はどちらかと言えば《帰寂からの帰還》に近い。

かざろふ伯
かざろふ伯

2マナとタップが必要とは言え、継続利用できるリアニメイト能力は強力!

アリストクラッツや想起など、積極的に生け贄活用するデッキにしたい

オルゾフ(白黒)

シーズン1で失踪する12才の少年。ホーキンス中学放送部のメンバー。

ETBと戦場を離れるときに、各対戦相手を巻き込む誘発型能力を持つ。

ウィニー君
ウィニー君

交渉次第で大量に調査できるよ。

即席などアーティファクト数を参照するカードとの相性が良いかも!?

イゼット(青赤)

ウィルの友人でホーキンス中学放送部のメンバー。

タップとアーティファクトを生け贄にして、使嗾付きティム能力を起動できる。

かざろふ伯
かざろふ伯

アーティファクトを消費するため乱発はできないが、調査で手掛かりトークンを大量生成すれば問題ない。

使嗾は同士討ちを誘いやすい一方、ヘイトは買いやすいので注意!

ボロス(白赤)

ホーキンス警察署の署長。シーズン2ではエルを匿い、シーズン3では・・・。

4マナ4/4威迫と優秀なマナレシオに加え、攻撃するたびに自軍の非トークン攻撃クリーチャー数分の調査ができる。

かざろふ伯
かざろふ伯

非トークンであればクリーチャー化したカードでも良いので、《コーマスの鐘》《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》で土地をクリーチャー化すると頭数を稼ぎやすい。

全体除去は知らん(爆

グリクシス(青黒赤)

腕に”011″という入れ墨がある、超能力を持つが限られた言葉しか話さない少女。
エルと呼ばれ、ルーカス、ダスティン、マイクの友人となる。

11にちなみ、手札上限が11枚になる上、攻撃するたびに1点ライフロス1枚ドローが誘発し、その際に手札が11枚以上なら手札のインスタントかソーサリー1つを踏み倒せる。

ウィニー君
ウィニー君

《十三嗜好症》など、手札が多いほど効果が高いカードと組み合わせると楽しそう♪

さいごに

《Will the Wise》《Lucas, the Sharpshooter》が登場したため、《夢の巣のルールス》相棒指定でデッキが組めるようになった。

かざろふ伯
かざろふ伯

やってくれたなWotC(違う

コメント

タイトルとURLをコピーしました