統率者戦の私的「秘宝」20選してみた

ニュース
スポンサーリンク

ロン・フォスターの統率者日記が連載終了

公式サイトで連載していた『ロン・フォスターの統率者日記』が、第8回で連載終了に。

ウィニー君
ウィニー君

貴重な統率者戦特化コラムだっただけに残念だね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

ロン・フォスターに敬意を表して、

今回のコラム企画である『統率者戦のカードプールが秘めた知る人ぞ知るカードたち、すなわち統率者戦の、私が思う「秘宝」20選』を本サイトでもしてみた。

ウィニー君
ウィニー君

なお、『知る人ぞ知る』なので、

コモン・アンコモン縛りで選出!

色順に紹介するよ!

私が思う「秘宝」20選

《喜捨》

『ウェザーライト』収録コモン。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

統率者戦的用途はダメージ軽減ではなく、《ヴォルラスの多相の戦士》で任意のクリーチャーに化けるため。

《欠片の壁》

『コールドスナップ』アンコモン。

2マナ1/8『飛行』と高性能壁クリーチャー。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

累加アップキープも、ヘイトコントロールに使える上、勝利手段を統率者ダメージ21点や特殊勝利にすれば、ほぼ問題ない。

ウィニー君
ウィニー君

唯一、ライフをリソースにする黒系デッキプレイヤーは選んじゃダメだね。

《ヴィダルケンの霊気魔道士》

『未来予知』収録のタイムシフト・コモン。

ウィザード・サイクリングするのが主目的だけど、稀にスリヴァー部族デッキと当たった時にETB能力が活きる。

ウィニー君
ウィニー君

スリヴァー部族デッキプレイヤーも予想していないから、盛り上がるよ(*^▽^*)

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

『多相』クリーチャーが増えているので、意外とETB能力も腐らない?

《紛糾》

『オンスロート』収録アンコモン。

真価はサイクリング誘発型能力のカウンター。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

決まれば、『カウンター+1枚ドロー』という《謎めいた命令》と同じ効果を、シングルシンボル3マナで得られる。

サイクリング誘発型能力なので、《もみ消し》系カウンター以外のカウンターが効かない点が優秀。

ウィニー君
ウィニー君

フルタップした対戦相手のピッチカウンターや第三者のカウンターを無視できるね。

終盤はマナが余るため、出し惜しみせず序盤~中盤に使うのがベター。

《溶暗》

『エクソダス』収録コモン。

統率者戦はトークン戦術が強いので、トークン展開の返しに最適。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

青の役割から外れているため、

今後同様の効果のカードが作られる可能性は極めて低い。

その意味でも貴重な1枚。

《つぶやく神秘家》

『ラヴニカのギルド』収録アンコモン。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

レアリティが高い《空召喚士ターランド》の立つ瀬がない。

ウィニー君
ウィニー君

《空召喚士ターランド》と比べタフネスが5と高いし、トークンサイズが1/1なのも統率者戦では《頭蓋骨絞め》しやすく、寧ろメリットだもんね。

《虚空魔道士の沈黙者》

『時のらせん』収録アンコモン。

《精霊龍、ウギン》や《忘却石》など、リセット系起動型能力を打ち消す動きが強力!

ウィニー君
ウィニー君

自分で使うより、相手に上手く使われて悶絶するイメージが強い( ̄д ̄)

《衝撃的な幻視》

『コンフラックス』初収録コモン。

基本土地サイクリングが主目的で、終盤のお守りとしても使える。

ウィニー君
ウィニー君

青マナ基盤が欲しいのに、

基本土地サイクリング用の青マナが確保できず、

「ぐぬぬ」するまでがテンプレ

( ̄▽ ̄)

《エレボスの代行者》

『ニクスへの旅』収録アンコモン。

ETB時に仕事をする上、『星座』能力により継続的に墓地追放出来る点が優秀。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

墓地対策以外は期待できないため、ゾンビ部族デッキやエンチャントレスデッキで使いたい。

《マナ噴出》

『フィフス・ドーン』初収録コモン。

ウィニー君
ウィニー君

統率者戦で活躍するデザイン。

膨大なマナから7枚ドロー系カードにつなげると凶悪!

《不断の霞》

『ストロングホールド』収録アンコモン。

『バイバック』付きの《濃霧》。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

本来は『バイバック』連発でじり貧になるデザインのはずが、

《溺墓の寺院》の登場で毎ターン安定して連打可能に!

ウィニー君
ウィニー君

無色1マナを《溺墓の寺院》自身から捻出できるから、実質、

3緑×対戦相手数のマナ基盤があれば完全シャットアウト!

《修復》

『統率者2013』収録アンコモン。

土地のリアニメイト呪文。

ウィニー君
ウィニー君

《世界のるつぼ》の方が、

フェッチランドや《露天鉱床》を継続的に再利用できて良くない?

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《世界のるつぼ》は自分の墓地だけだろ?

《修復》の真価は、対戦相手の墓地からもリアニメイトできること!

統率者戦はフェッチランドの使用率が高い上、ライブラリー破壊と組み合わせると選択肢の幅が広がって面白いぞ。

《空の軽騎兵》

『ディセンション』収録アンコモン。

『予見』持ちカードの中で唯一、コストにマナ不要なので、他のカードの展開を損ねずに済む。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

クリーチャー2体を戦闘に使えなくなるため、トークン生成カードや《プロパガンダ》等の防御カードと併用したい。

ウィニー君
ウィニー君

色拘束は厳しいけど、

ETB能力も《鏡割りのキキジキ》と2枚無限トークンコンボになるよ。

《古の掘削》

『統率者2016』収録アンコモン。

ウィニー君
ウィニー君

この手の大量ルーターカードでは珍しく、元の手札を残しつつ、

新たに引いたカードと見比べた上で取捨選択できるのが便利。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

手札の枚数が少ないと意味がない。

《土地税》《壌土からの生命》

など、土地ばかりの手札になりやすいカードと相性が良い。

《クルラスの騎士》

『シャドウムーア』収録アンコモン。

マナレシオが低いため戦闘は期待できないが、このカードの真価は常在型能力。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

対戦相手のクリーチャーに乗っているカウンターの種類は問わない。

《原初の死、テジマク》の餌食カウンターや《怪物の災厄、チェビル》の賞金カウンターでも良いし、+1/+1カウンターデッキが相手の場合は、勝手に戦闘不能に陥る。

《デュルガーの垣魔道士》

『イーブンタイド』収録アンコモン。

統率者戦では、デュアルランドなど2つの基本土地タイプを持つ土地を採用しやすい上、『イコリア:巨獣の棲処』でトライオームが登場したので、更に容易に土地タイプを揃えやすくなった。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

数多くある置物破壊ETB能力持ちクリーチャーの中で《デュルガーの垣魔道士》を推す理由は、対戦相手に《デュルガーの垣魔道士》をコピーされても、ETB能力を上手く使えない可能性が高いため。

ウィニー君
ウィニー君

平地と山を2枚ずつ用意してないと、ただの2/2バニラクリーチャーだもんね。

《歪める嘆き》

『ゲートウォッチの誓い』収録アンコモン。

青を含まないデッキでカウンターが出来るのが大きい。

ウィニー君
ウィニー君

クリーチャー展開後の全体除去除けに最適だね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

カウンター以外のモードも、

システムクリーチャーの追放除去や生け贄誘発と相性が良く、

何かと使い勝手が良い。

《旅人のガラクタ》

『フィフスドーン』初収録コモン。

緑を含まないデッキで重宝する土地加速カード。

ウィニー君
ウィニー君

サーチした土地を手札に加えるアーティファクトは多いけど、

直接戦場に出すアーティファクトはほとんどないんだよねぇ。

《名誉に磨り減った笏》

『神河物語』収録アンコモン。

統率者戦では伝説のパーマネントが多いため、この1枚で複数マナを生成できる。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

プレインズウォーカーが伝説になったこと、場持ちの良い神部族カードが登場したことが、《名誉に磨り減った笏》にとって追い風。

ウィニー君
ウィニー君

マナが出ない《暗黒の深部》や

普通にマナを出すには痛すぎる

《山賊の頭の間》などを

マナソースとして活用する小技も。

《ボジューカの沼》

『ワールドウェイク』初収録のコモン。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

タップインがネックではあるが、

《輪作》や《エルフの開墾者》が

インスタントタイミングの墓地対策カードとして機能することが重要。

ウィニー君
ウィニー君

土地枠で墓地対策を積めるのは便利だよね。

さいごに

ウィニー君
ウィニー君

20枚選出するのって意外と大変(@_@)

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

プレイヤーの好みや使用デッキで偏るからな。

今回の選出は、サイクリングや墓地対策に偏重していると言えなくもない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました