統率者デッキ紹介《集めるもの、ウモーリ》(相棒指定)

ゴルガリ(黒緑)
統率者デッキ紹介《集めるもの、ウモーリ》(相棒指定)
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者はこちら

『イコリア:巨獣の棲処』収録レア。

ウィニー君
ウィニー君

『イコリア:巨獣の棲処』の統率者候補カードレビューは、こちら!

多くのフォーマットに影響を及ぼしている、『相棒』持ち伝説クリーチャーの1枚。
『相棒』条件は、土地でない各カードが、すべて共通のカード・タイプを持っていること。

現状、統率者指定できるゴルガリカラーのプレインズウォーカーがないため、統率者戦で《集めるもの、ウモーリ》を『相棒』指定すると、必然的にクリーチャー単となる。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

逆に言えば、統率者選びだけだったら、ゴルガリカラーを含めば良いので、あまり制限がない。


今回はせっかく『相棒』指定で初期手札が増えるなら、さらに初期手札を増やそうと『共闘』持ち統率者を選んでみた。

ウィニー君
ウィニー君

なお、『共闘』だけだと制限が少ないから、敢えてゴルガリカラーで構築してみたよ。

デッキ内容はこちら

カード名が青色アンダーラインなのは、クリーチャー以外のカード・タイプがあるカード。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 2枚】
1 《簒奪者、イクラ・シディーキ/Ikra Shidiqi, the Usurper》
1 《最後のアブザン、レイハン/Reyhan, Last of the Abzan》

【相棒 1枚】
1 《集めるもの、ウモーリ/Umori, the Collector》

【クリーチャー 63枚】
1 《残忍な騎士/Murderous Rider》
1 《豆の木の巨人/Beanstalk Giant》
1 《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
1 《鋭い目、ナイレア/Nylea, Keen-Eyed》
1 《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
1 《悪夢の番人/Nightmare Shepherd》
1 《破滅喚起の巨人/Doomwake Giant》
1 《ニクス咲きの古きもの/Nyxbloom Ancient》
1 《エレボスの代行者/Agent of Erebos》
1 《運命を紡ぐ者/Destiny Spinner》
1 《終わりなき巣網のアラスタ/Arasta of the Endless Web》
1 《精神感化のラミア/Thoughtrender Lamia》
1 《開花の幻霊/Eidolon of Blossoms》
1 《イリーシア木立のドライアド/Dryad of the Ilysian Grove》
1 《荒涼とした心のエレボス/Erebos, Bleak-Hearted》
1 《死者の神、エレボス/Erebos, God of the Dead》
1 《サディストの催眠術師/Sadistic Hypnotist》
1 《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
1 《森林の怒声吠え/Woodland Bellower》
1 《忘れられた神々の僧侶/Priest of Forgotten Gods》
1 《ウッド・エルフ/Wood Elves》
1 《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》
1 《彼方地のエルフ/Farhaven Elf》
1 《激情の共感者/Fierce Empath》
1 《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
1 《墓所のタイタン/Grave Titan》
1 《セテッサの勇者/Setessan Champion》
1 《春花のドルイド/Springbloom Druid》
1 《ファーティリド/Fertilid》
1 《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》
1 《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》
1 《巨大猿、コグラ/Kogla, the Titan Ape》
1 《精神を刻むもの/Mindslicer》
1 《ヤヴィマヤの古老/Yavimaya Elder》
1 《棘茨の君主/Bramble Sovereign》
1 《若葉のドライアド/Tendershoot Dryad》
1 《マラキールの解体者/Butcher of Malakir》
1 《獣相のシャーマン/Fauna Shaman》
1 《猛り狂うベイロス/Rampaging Baloths》
1 《疫病造り師/Plaguecrafter》
1 《酸のスライム/Acidic Slime》
1 《ネシアンの放浪者/Nessian Wanderer》
1 《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1 《生類の侍臣/Vizier of the Menagerie》
1 《飢餓の声、ヴォリンクレックス/Vorinclex, Voice of Hunger》
1 《極楽鳥/Birds of Paradise》
1 《墓所の怪異/Crypt Ghast》
1 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
1 《森の女人像/Sylvan Caryatid》
1 《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》
1 《囁く者、シェオルドレッド/Sheoldred, Whispering One》
1 《ファイレクシアの発掘者/Phyrexian Delver
1 《永遠の証人/Eternal Witness》
1 《獣に囁く者/Beast Whisperer》
1 《始原の賢者/Primordial Sage》
1 《自然の伝令、イェヴァ/Yeva, Nature’s Herald》
1 《悪ふざけの名人、ランクル/Rankle, Master of Pranks》
1 《戦慄の存在/Dread Presence》
1 《収穫の魂/Soul of the Harvest》
1 《虐殺のワーム/Massacre Wurm》
1 《腐食ナメクジ/Molder Slug》
1 《クロールの死の僧侶、マジレク/Mazirek, Kraul Death Priest》
1 《陰謀の悪魔/Demon of Dark Schemes》

【インスタント 0枚】
なし

【ソーサリー 0枚】
なし

【アーティファクト 0枚】
なし

【エンチャント 0枚】
なし

【プレインズウォーカー 0枚】
なし

【土地 35枚】
1 《ファイレクシアの塔/Phyrexian Tower》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《統率の塔/Command Tower》
1 《眷者の居留地/Bonders’ Enclave》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
1 《陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers》
1 《草むした墓/Overgrown Tomb》
1 《アガディームの墓所/Crypt of Agadeem》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《ヤヴィマヤのうろ穴/Yavimaya Hollow》
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower》
1 《ガイアの揺籃の地/Gaea’s Cradle》
1 《Bayou》
1 《家路/Homeward Path》
1 《無限地帯/Myriad Landscape》
1 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1 《苔汁の橋/Mosswort Bridge》
1 《古代の聖塔/Ancient Ziggurat》
1 《祖先の道/Path of Ancestry》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1 《荒廃した森林/Blighted Woodland》
10 《森/Forest》
4 《沼/Swamp》

ウィニー君
ウィニー君

クリーチャー以外のカード・タイプは、当事者カード、プレインズウォーカーに変身、クリーチャー・エンチャントだね。

本デッキの勝ち筋はこちら

マナ・クリーチャーと土地サーチによるマナ加速をする

緑を含んでいるため、マナ加速自体は得意。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《集めるもの、ウモーリ》を出せないと動きがもっさりするため、4マナまでは事故なく伸ばしたい。

《集めるもの、ウモーリ》を優先して出す

《集めるもの、ウモーリ》を除去られても、墓地回収手段は複数あるため、出し惜しみ不要。

追加ドローや『星座』能力で、息切れしないようにする

クリーチャー・エンチャントを多数採用しているので、クリーチャー単でも意外と『星座』誘発できる。

手札破壊で蓋をしつつ、殴り勝つ

全体除去で簡単にボードアドを失うため、撃たれる前に手札破壊で蓋をする。

ウィニー君
ウィニー君

+1/+1カウンターが増えれば《最後のアブザン、レイハン》で統率者ダメージ21点も狙えるし、ライフアドが欲しいなら《簒奪者、イクラ・シディーキ》を投入しよう!

本デッキのキーカードはこちら

『テーロス還魂記』収録神話レア。
全体除去で簡単にリソースを失う本デッキでは、『破壊不能』を持つ神々は保険となる存在。

そんな神々の中でも《鋭い目、ナイレア》は、《集めるもの、ウモーリ》と同様にコスト軽減能力を持つため、《集めるもの、ウモーリ》が除去られた後も展開力が落ちずに済む。

ウィニー君
ウィニー君

『星座』誘発も期待できるね。

さらに、デッキトップがクリーチャー・カードなら手札に加える起動型能力も、クリーチャー単の本デッキでは6割以上の確率でヒットできる。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《ムル・ダヤの巫女》《クルフィックスの狩猟者》と組み合わせれば、100%だ!

さいごに

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

インスタント・ソーサリーばかりの《願いの頂点、イルーナ》デッキとは正反対なデッキだったんだけど、クリーチャー単もやっぱりキツイ(>_<)

ウィニー君
ウィニー君

敢えてゴルガリカラーでまとめたけど、色追加したほうが良かったんじゃない?

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

そうだな。その場合、赤か青を追加して、対戦相手のインスタント・ソーサリーを奪えるとデッキの小回りが利くと思う。

ウィニー君
ウィニー君

赤追加すればクリーチャー単が苦にならない《旧き道のニーキャ》も使えるもんね(*^▽^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました