PR

統率者デッキ紹介《ワーム語り、バルー》

デッキ紹介
記事内にプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者

ウィニー君
ウィニー君

『団結のドミナリア』の統率者候補カードレビューはこちらの記事でまとめているよ

かざろふ伯
かざろふ伯

《クローサの拳バルー》の壮大が統率者戦と相性悪すぎて、バルーが再カード化されたキャラクターなのを見逃していた(汗

アリーナみたく創出できたら壮大使えるのに

再カード化により、カード名、ロード能力、ワーム・クリーチャー・トークン(以下、WCT)を生成する起動型能力、どれを取ってもワーム部族デッキを組めと言わんばかりのデザインになっている。

かざろふ伯
かざろふ伯

今回は、《ワーム語り、バルー》の起動型能力を最大限活かす方向でデッキ構築してみた

デッキ内容

【統率者 1枚】
1 《ワーム語り、バルー/Baru, Wurmspeaker

【クリーチャー 26枚】
1 《甲鱗のワーム/Scaled Wurm
1 《仮面の蛮人/Masked Vandal
1 《領界渡り/Realmwalker
1 《残虐無道の裂け目ワーム/Ravaging Riftwurm
1 《カメレオンの巨像/Chameleon Colossus
1 《活力を穢すもの/Defiler of Vigor
1 《泥衣のワーム/Dirtcowl Wurm
1 《変わり身のタイタン/Changeling Titan
1 《氷河跨ぎのワーム/Panglacial Wurm
1 《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine
1 《東屋のエルフ/Arbor Elf
1 《エルフの神秘家/Elvish Mystic
1 《Fyndhorn Elves
1 《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker
1 《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
1 《銅角笛の斥候/Copperhorn Scout
1 《クウィリーオン・レインジャー/Quirion Ranger
1 《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger
1 《永遠の証人/Eternal Witness
1 《秋の占い師/Augur of Autumn
1 《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix
1 《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya
1 《虚無魔道士の番人/Nullmage Shepherd
1 《種子生まれの詩神/Seedborn Muse
1 《ニクス咲きの古きもの/Nyxbloom Ancient
1 《さまようアルカイック/Wandering Archaic

【インスタント 1枚】
1 《英雄的介入/Heroic Intervention

【ソーサリー 11枚】
1 《厚鱗化/Scale Up
1 《害獣の侵入/Pest Infestation
1 《自然の知識/Nature’s Lore
1 《三顧の礼/Three Visits
1 《耕作/Cultivate
1 《木霊の手の内/Kodama’s Reach
1 《起源の波/Genesis Wave
1 《調和/Harmonize
1 《ピールの気紛れ/Pir’s Whim
1 《発見の誘惑/Tempt with Discovery
1 《辺境地横断/Traverse the Outlands

【アーティファクト 7枚】
1 《不定形の斧/Amorphous Axe
1 《仮面林の結節点/Maskwood Nexus
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond
1 《魔力の墓所/Mana Crypt
1 《太陽の指輪/Sol Ring
1 《思考の器/Thought Vessel
1 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves

【エンチャント 14枚】
1 《サンドワームの収斂/Sandwurm Convergence
1 《芽ぐみ/Burgeoning
1 《楽園の拡散/Utopia Sprawl
1 《繁茂/Wild Growth
1 《森の頌歌/Sylvan Anthem
1 《森の知恵/Sylvan Library
1 《復活の探索/Quest for Renewal
1 《ガラクの蜂起/Garruk’s Uprising
1 《八百長試合/Fight Rigging
1 《よりよい品物/Greater Good
1 《似通った生命/Parallel Lives
1 《不自然な成長/Unnatural Growth
1 《苦行主義/Asceticism
1 《ゼンディカーの復興者/Zendikar Resurgent

【プレインズウォーカー 5枚】
1 《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter
1 《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker
1 《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force
1 《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World
1 《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon

【土地 35枚】
1 《ガイアの揺籃の地/Gaea’s Cradle
1 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All
1 《宝石の洞窟/Gemstone Caverns
1 《家路/Homeward Path
1 《苔汁の橋/Mosswort Bridge
1 《ヤヴィマヤのうろ穴/Yavimaya Hollow
1 《成長の揺り篭、ヤヴィマヤ/Yavimaya, Cradle of Growth
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb
1 《無限地帯/Myriad Landscape
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower
25 《森/Forest

本デッキの勝ち筋

《ワーム語り、バルー》とワームを出す

《ワーム語り、バルー》の起動型能力はタップを含むため、召喚酔いが解けた次ターンから起動するためにもなるべく序盤から戦場に出したい。

また、起動コストは自軍ワームのパワー分軽減できるため、最低でも1体はワームを出しておきたい。

多相だって立派なワーム!?

《ワーム語り、バルー》を1ターンに複数回起動する

緑単はクリーチャーアンタップする効果を持つカードが多い。

自ターンだけでなく対戦相手のターンにも《ワーム語り、バルー》を起動することで、ワームの横展開を対戦相手の想定以上に早める。

ウィニー君
ウィニー君

《クウィリーオン・レインジャー》《スクリブのレインジャー》で《森》を手札に戻すから、土地加速の1マナエンチャントが《踏査》ではなく《芽ぐみ》なんだね

芽ぐみ
手札に戻した《森》を対戦相手のターン中に戦場に出す!

《ワーム語り、バルー》で強化したワームの大群で圧倒する

生成したWCT自体は4/4バニラだが、《ワーム語り、バルー》のロード能力により6/6トランプルになる。非トークン・ワームと併せて40点ライフを狙う。

ウィニー君
ウィニー君

あれ?

40点ライフ狙う以外に勝ち筋無くない?

かざろふ伯
かざろふ伯

《ワーム語り、バルー》はWCT生成に徹する上、緑単は実用的な特殊勝利が少ない。

下手に統率者ダメージ21点や特殊勝利を狙うよりは、ワームの打点に全振りした

本デッキのキーカード

『モダンホライゾン』初出のアンコモン・ソーサリー。

たった1マナで《大喰らいのワーム》相当に変化させる強化呪文。

モダンの感染デッキでも採用実績があるが、本デッキでは、パワー6にするだけでなくクリーチャー・タイプがワームになることも《ワーム語り、バルー》と相性が良い。

ウィニー君
ウィニー君

《ワーム語り、バルー》以外にクリーチャーがいない状況でも、《ワーム語り、バルー》自身を《厚鱗化》の対象にすれば自身のロード能力で8/6になって、だけでWCT生成できるもんね

かざろふ伯
かざろふ伯

終盤に引いても、超過で唱えれば、マナ・クリーチャーや《害獣の侵入》で生成した害獣トークンもすべてワーム化して一気に打点アップ!


甲鱗のワーム

『アイスエイジ』初出・・・というか、氷河期の災厄の象徴。甲鱗様。

パワー7なので、甲鱗様が降臨しているだけで《ワーム語り、バルー》はだけでWCT生成できる。

ウィニー君
ウィニー君

《ワーム語り、バルー》でパワー強化するから、甲鱗様じゃなくてもパワー5以上あるワームなら何でもよグハッ!

( ‘ ^’c彡☆))Д´) パーン

氷河期のあいだに繁栄を極めたこのワームは、キイェルドーのありとあらゆる人々にとって恐怖の的だった。その巨体と狂暴な性格が呼び起こした悪夢は数知れない―――甲鱗のワームはまさに、氷河期の災厄の象徴だった。

― 「キイェルドー:氷の文明」
かざろふ伯
かざろふ伯

これ以上のワームは無いから。

本デッキで一番マナ総量が高いワームだから

ウィニー君
ウィニー君

ええ~っ!

《世界棘のワーム》とか《動じない大ワーム》とか、もっとマナ総量多くて強力なワームいるじゃグハッ!

ラヴニカノワームナンカシラン!>(o゚Д゚)=◯)`3゜)∵

次元が違う!?

さいごに

かざろふ伯
かざろふ伯

MOに『アイスエイジ』版《甲鱗のワーム》が収録されていないのが超残念!

氷河期感が無い

コメント

タイトルとURLをコピーしました