統率者デッキ紹介《学生の代言者、マビンダ》

デッキ紹介
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者はこちら

『ストリクスヘイヴン:魔法学院』収録神話レア。

ウィニー君
ウィニー君

『ストリクスヘイヴン:魔法学院』の統率者候補カードレビューはこちらの記事でまとめているよ

フラッシュバックや回顧などのキーワード能力以外で、墓地のインスタントやソーサリーを再利用する、白にしては珍しい効果を持つ。

ウィニー君
ウィニー君

珍しいとはいえ、自軍クリーチャーを対象にしない限り8マナも余分にかかるんじゃ、普通のインスタントやソーサリーの再利用は厳しいね

なので自軍クリーチャーを対象とするインスタントやソーサリーを多用することになるけど、2つの問題が発生する。

  • 白単の自軍を対象とするインスタントやソーサリーは強化呪文ばかり
  • 《贖いし者、フェザー》とどちらが優れているか

白単の自軍を対象とするインスタントやソーサリーは強化呪文ばかり

リミテッドでは大活躍するとはいえ、統率者デッキで採用するにはカードパワーが低すぎる。

ウィニー君
ウィニー君

初期ライフ40点の多人数戦だから、コンバットトリックが通用する場面は稀だもんね(;一_一)

《贖いし者、フェザー》とどちらが優れているか

贖いし者、フェザー

自軍クリーチャーを対象にするインスタントやソーサリーを再利用する統率者は、すでに《贖いし者、フェザー》が存在する。

《学生の代言者、マビンダ》と比べ、《贖いし者、フェザー》は

・2色使える
・同じカードを何度も再利用できる
・極端に統率者依存する
・墓地のインスタントやソーサリーは再利用できない
ウィニー君
ウィニー君

《学生の代言者、マビンダ》だと、墓地から唱えたら追放しちゃうから2回までしか使えない。

一方で、戦場に出す前にインスタントやソーサリーを出し惜しみする必要が無いから、統率者依存度は低くて済むね。

 

結論として《贖いし者、フェザー》と違った構築ができそうだけど、強化呪文ばかりなのはどうにもならなくない?

かざろふ伯
かざろふ伯

そこで、強化呪文ではなく、対象のクリーチャーに依存して効果が上振れする呪文を利用してみた

デッキ内容はこちら

カード名後ろにがあるなのは、明滅効果を持つカード。
カード名後ろにがあるのは、ETB能力持ちクリーチャー・カード。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
1 《学生の代言者、マビンダ/Mavinda, Students’ Advocate》

【クリーチャー 19枚】
1 《守護フェリダー/Felidar Guardian》
1 《魅力的な王子/Charming Prince》
1 《修復の天使/Restoration Angel》
1 《ちらつき鬼火/Flickerwisp》
1 《静穏の天使/Angel of Serenity》
1 《遺跡の天使/Angel of the Ruins》
1 《霊体の先達/Karmic Guide》
1 《太陽のタイタン/Sun Titan》
1 《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》
1 《決断の天使/Angel of Finality》
1 《宮殿の看守/Palace Jailer》
1 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
1 《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》
1 《刃の接合者/Blade Splicer》
1 《無私の勇者、レナ/Lena, Selfless Champion》
1 《さまようアルカイック/Wandering Archaic》
1 《調和の守り手/Keeper of the Accord》
1 《堂々たる撤廃者/Grand Abolisher》
1 《アカデミーの学長/Academy Rector》

【インスタント 16枚】
1 《儚い存在/Ephemerate》
1 《運命のちらつき/Flicker of Fate》
1 《大司法官の扉/Justiciar’s Portal》
1 《解放/Liberate》
1 《雲隠れ/Cloudshift》
1 《奇妙な幕間/Eerie Interlude》
1 《学期の終わり/Semester’s End》
1 《来世への旅/Otherworldly Journey》
1 《遥かなる旅路/Long Road Home》
1 《流刑への道/Path to Exile》
1 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1 《翼の破片/Wing Shards》
1 《鋼の霊体/Astral Steel》
1 《自身の誇示/Show of Confidence》
1 《過大な贈り物/Generous Gift》
1 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》

【ソーサリー 4枚】
1 《強者破り/Fell the Mighty》
1 《バスリの神盾/Basri’s Aegis》
1 《セヴィンの再利用/Sevinne’s Reclamation》
1 《接合者の技法/Splicer’s Skill》

【アーティファクト 18枚】
1 《かごの中の太陽/Caged Sun》
1 《魔力の篭手/Gauntlet of Power》
1 《金粉の水蓮/Gilded Lotus》
1 《精神石/Mind Stone》
1 《魔力の墓所/Mana Crypt》
1 《旅人のガラクタ/Wayfarer’s Bauble》
1 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1 《スランの発電機/Thran Dynamo》
1 《スカイクレイブの秘宝/Skyclave Relic》
1 《探検の地図/Expedition Map》
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1 《太陽の指輪/Sol Ring》
1 《思考の器/Thought Vessel》
1 《速足のブーツ/Swiftfoot Boots》
1 《精霊信者の剣/Sword of the Animist》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
1 《頭蓋骨絞め/Skullclamp》

【エンチャント】
1 《殉教者の結合/Martyr’s Bond》
1 《沈黙のオーラ/Aura of Silence》
1 《息詰まる徴税/Smothering Tithe》
1 《土地税/Land Tax》

【プレインズウォーカー】
1 《献身の聖騎士、バスリ/Basri, Devoted Paladin》
1 《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
1 《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》

【土地】
1 《Mishra’s Workshop》
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower》
1 《死者の原野/Field of the Dead》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《風立ての高地/Windbrisk Heights》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《湿地の干潟/Marsh Flats》
1 《家路/Homeward Path》
1 《発明博覧会/Inventors’ Fair》
1 《高級市場/High Market》
1 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《統率の灯台/Command Beacon》
1 《空の遺跡、エメリア/Emeria, the Sky Ruin》
1 《アーデンベイル城/Castle Ardenvale》
1 《無限地帯/Myriad Landscape》
1 《露天鉱床/Strip Mine》
9 《平地/Plains》
9 《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》

ウィニー君
ウィニー君

明滅(ブリンク)か~!

かざろふ伯
かざろふ伯

明滅効果なら、効果の強さは対象のクリーチャー依存になる。

ETB能力を再利用したり、ピン除去から守るのに便利だぞ!

本デッキの勝ち筋はこちら

ETB能力持ちクリーチャーを中心に展開する

  • ETB能力を解決した時点で、アドを得ている
  • 明滅効果を持つインスタントが多い

ので、除去を恐れず展開できる。

《学生の代言者、マビンダ》で明滅カードを再利用し、さらにアドを稼ぐ

《さまようアルカイック》を墓地の《運命のちらつき》で守る!

墓地に再利用できるインスタントやソーサリーがないと《学生の代言者、マビンダ》を出す意味がない。

ウィニー君
ウィニー君

中盤以降、墓地が肥えてマナ基盤が整ったら《学生の代言者、マビンダ》を出そう

愚直に殴り勝つ

《学生の代言者、マビンダ》はパワー2な上に、明滅で守ると装備品も外れるため、統率者ダメージ21点を狙うのは厳しい。

かざろふ伯
かざろふ伯

パーマネント破壊が得意な色なので、ボードアド差を広げ、殴り勝とう!

本デッキのキーカードはこちら

『統率者2014』初出レア・ソーサリー。

全体除去なのにクリーチャーを対象とする珍しい呪文。

なので、全体除去呪文にも関わらず、《学生の代言者、マビンダ》で墓地から再利用する際にも追加コストが不要。

かざろふ伯
かざろふ伯

《学生の代言者、マビンダ》を対象として、パワー3以上の全クリーチャーを破壊する感じかな


ウィニー君
ウィニー君

あれ?『基本セット2021』にこんなカードあったっけ?

かざろふ伯
かざろふ伯

『基本セット2021』プレインズウォーカーデッキ限定カードだな

以前紹介した《忠実な癒し手、ニアンビ》と同じく、対応するプレインズウォーカーをライブラリーもしくは墓地からサーチできる。

プレインズウォーカーデッキのカードなので、《バスリの神盾》《献身の聖騎士、バスリ》どちらも正直カードパワーは低い。

かざろふ伯
かざろふ伯

カードパワーが低いとはいえ、《学生の代言者、マビンダ》で《バスリの神盾》を再利用でき、《献身の聖騎士、バスリ》を墓地回収できるので、とにかくリカバリーしやすいぞ

よみがえるさ、一度なら

さいごに

コミュニティにもよるが、『統率者レジェンズ』で《船殻破り》《敵対工作員》といった瞬速持ちクリーチャーが登場したため、全体除去ソーサリーよりピン除去インスタントを重視する傾向がある。

全体除去では間に合わない!
かざろふ伯
かざろふ伯

ピン除去が重視される環境なら、本デッキにとっては都合が良い!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました