統率者デッキ紹介《策略の龍、アルカデス》

策略の龍、アルカデスデッキ紹介
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者

策略の龍、アルカデス

『基本セット2019』神話レア。

『レジェンド』初出の《アルカデス・サボス》として登場した時から24年後の再カード化。

ウィニー君
ウィニー君

《ヤヴィマヤの化身、ムルタニ》以上に、マジック:ザ・ギャザリングの長~い歴史を感じるね。

ウィニー君
ウィニー君

再カード化したら《アルカデス・サボス》より《包囲の搭、ドラン》みたいになった!?

アルカデス・サボスとドラン

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

確かによく似ているな。

統率者戦に影響がある違いを表にしたぞ。

 策略の龍、アルカデス包囲の搭、ドラン
固有色バント(白青緑)アブザン(白黒緑)
マナコスト3
ベース能力3/5 飛行、警戒0/5
部族エルダー・ドラゴンツリーフォーク・シャーマン
常在型能力自軍の防衛持ちのみ全クリーチャー
ドロー誘発ありなし
かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

デッキ構築に影響が大きいのが、常在型能力の影響範囲。

 

対戦相手のクリーチャーにまで影響する《包囲の搭、ドラン》のほうが妨害能力が高い上、ツリーフォークほかタフネス偏重なら何でも採用できる。

 

一方、《策略の龍、アルカデス》は自軍防衛持ちしか影響しないので妨害できず、クリーチャー採用も限定される。

ウィニー君
ウィニー君

その分、ドロー誘発型能力でカバーする感じかな。

デッキ内容

【統率者 1枚】
1 《策略の龍、アルカデス/Arcades, the Strategist

【クリーチャー 27枚】
1 《境界線の隊長/Perimeter Captain
1 《陽景学院の使い魔/Sunscape Familiar
1 《断固たる盾持ち/Stalwart Shield-Bearers
1 《オジュタイの語り部/Orator of Ojutai
1 《魂誓いの陪審/Soulsworn Jury
1 《前兆の壁/Wall of Omens
1 《毅然たる番犬/Resolute Watchdog
1 《ジェスカイのバリケード/Jeskai Barricade
1 《ルーデヴィックの実験材料/Ludevic’s Test Subject
1 《氷の中の存在/Thing in the Ice
1 《Wall of Kelp
1 《濃霧の層/Fog Bank
1 《門衛/Doorkeeper
1 《記憶の壁/Mnemonic Wall
1 《根の壁/Wall of Roots
1 《ぶどう棚/Vine Trellis
1 《花の壁/Wall of Blossoms
1 《森の女人像/Sylvan Caryatid
1 《門を這う蔦/Gatecreeper Vine
1 《根囲いの壁/Wall of Mulch
1 《草茂る胸壁/Overgrown Battlement
1 《斧折りの守護者/Axebane Guardian
1 《解放の樹/Tree of Redemption
1 《否定の壁/Wall of Denial
1 《Shield Sphere
1 《逃亡者、梅澤哲子/Tetsuko Umezawa, Fugitive
1 《ジャムーラのシダー・コンド/Sidar Kondo of Jamuraa

【インスタント 7枚】
1 《悟りの教示者/Enlightened Tutor
1 《神秘の教示者/Mystical Tutor
1 《否認/Negate
1 《サイクロンの裂け目/Cyclonic Rift
1 《マナ吸収/Mana Drain
1 《対抗呪文/Counterspell
1 《塔の防衛/Tower Defense

【ソーサリー 7枚】
1 《強者鏖殺/Slaughter the Strong
1 《黄昏+払暁/Dusk+Dawn
1 《質素な命令/Austere Command
1 《自然の知識/Nature’s Lore
1 《三顧の礼/Three Visits
1 《耕作/Cultivate
1 《至高の評決/Supreme Verdict

【アーティファクト 15枚】
1 《魔力の墓所/Mana Crypt
1 《探検の地図/Expedition Map
1 《太陽の指輪/Sol Ring
1 《旅人のガラクタ/Wayfarer’s Bauble
1 《アゾリウスの印鑑/Azorius Signet
1 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves
1 《セレズニアの印鑑/Selesnya Signet
1 《シミックの印鑑/Simic Signet
1 《思考の器/Thought Vessel
1 《精神石/Mind Stone
1 《コルフェノールの骨壷/Colfenor’s Urn
1 《連合の秘宝/Coalition Relic
1 《彩色の灯籠/Chromatic Lantern
1 《ダークスティールの鋳塊/Darksteel Ingot
1 《金粉の水蓮/Gilded Lotus

【エンチャント 7枚】
1 《メレティス誕生/The Birth of Meletis
1 《突撃陣形/Assault Formation
1 《予期の力線/Leyline of Anticipation
1 《未来予知/Future Sight
1 《マナの反射/Mana Reflection
1 《ゼンディカーの復興者/Zendikar Resurgent
1 《ミラーリの目覚め/Mirari’s Wake

【プレインズウォーカー 3枚】
1 《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor
1 《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force

【土地 33枚】
1 《Tundra
1 《Savannah
1 《Tropical Island
1 《神聖なる泉/Hallowed Fountain
1 《寺院の庭/Temple Garden
1 《繁殖池/Breeding Pool
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower
1 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath
1 《クローサの境界/Krosan Verge
1 《灰のやせ地/Ash Barrens
1 《無限地帯/Myriad Landscape
1 《宝石の洞窟/Gemstone Caverns
1 《真鍮の都/City of Brass
1 《マナの合流点/Mana Confluence
1 《統率の塔/Command Tower
1 《高級市場/High Market
1 《ヤヴィマヤのうろ穴/Yavimaya Hollow
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb
1 《ヴェズーヴァ/Vesuva
1 《風立ての高地/Windbrisk Heights
4 《平地/Plains
4 《島/Island
4 《森/Forest

本デッキの勝ち筋

マナ能力を持つ防衛クリーチャーを優先的に展開する

森の女人像ほか

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

マナ能力を持たない防衛クリーチャーは、《策略の龍、アルカデス》のドロー誘発させるため、後出しで問題ない。

《策略の龍、アルカデス》を戦場に出し、ドロー誘発させ手札を整える

カウンターか除去耐性を構えるマナを残しながら、防衛クリーチャーを展開し続ければ理想的。

MOアルカデス - コピー

自軍に影響が少ない除去呪文で対戦相手のクリーチャーのみ排除し、40点ダメージを狙う

《強者鏖殺》《黄昏+払暁/Dusk+Dawn》《太陽の勇者、エルズペス》は、自軍クリーチャーにはほぼ影響がないので、対戦相手のクリーチャーのみ排除ができる。

強者鏖殺ほか

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

一方、攻撃に関しては、《策略の龍、アルカデス》自身は防衛を持っていないので一度に3点ダメージしか与えられず、統率者ダメージ21点は期待できない。

 

防衛クリーチャーを展開し、タフネス強化して一気に40点ダメージを狙った方が良い。

ウィニー君
ウィニー君

幸い、タフネス分でダメージを与えるという挙動はかなり特殊・・・というより無意識にパワーの値を見てしまうため、対戦相手の計算を狂わせやすい。

 

2~3マナ域のクリーチャーが4点以上の打点を稼ぐので、油断した対戦相手のライフをあっという間に削ることができる。

MO壁戦闘 - コピー

本デッキのキーカード

突撃陣形

『タルキール龍紀伝』初出時はレア。
デッキを選ぶカードのためか、『アイコニックマスターズ』ではアンコモンで再録。

ウィニー君
ウィニー君

《策略の龍、アルカデス》が出せなくなったとき用?

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

いや、重要なのは常在型能力ではなく、起動型能力の方だ。

 

後半に余ったマナをつぎ込むことで、自軍全体の打点を上げられる。


逃亡者、梅澤哲子ほか

自軍全体で40点ダメージを狙う都合上、自軍全体に回避能力を与える必要がある。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

本デッキ特有の回避能力の与え方として、《逃亡者、梅澤哲子》《ジャムーラのシダー・コンド》を採用している。

 

防御クリーチャーを展開した対戦相手の計算を狂わせるため、後出ししたほうが効果的だ。

さいごに

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

本サイトのコンセプト上、《厳戒態勢》は今回抜いている。

 

《厳戒態勢》+《斧折りの守護者》+他の防衛クリーチャー4体以上で有色無限マナになってしまうからだ。

厳戒態勢と斧折り

もし《厳戒態勢》を採用するならば、有色無限マナの活用先として

  • 《突撃陣形》で無限タフネス
  • 《門衛》で無限ライブラリー破壊
  • 《Wall of Kelp》で増えるわかめ・・・じゃなくて無限トークン
    (+《策略の龍、アルカデス》で無限ドロー)

ができる。

Wall of Kelpほか

ウィニー君
ウィニー君

《Wall of Kelp》は『ホームランド』収録カードなので入手しにくいけど、防衛持ちトークンクリーチャーを継続的に生成できる唯一のカード!

 

《策略の龍、アルカデス》との相性は抜群なので、ぜひ探してみてね。

テーロス還魂記からの入れ替え

《ジャディの横枝》より1マナ重いが、基本土地サーチ+上陸2回分のライフ回復が出来るため入れ替え。※デッキ内容は更新済み

In:《メレティス誕生》

Out:《ジャディの横枝》

メレティス誕生

コメント

タイトルとURLをコピーしました