統率者デッキ紹介《ヤヴィマヤの化身、ムルタニ》

ヤヴィマヤの化身、ムルタニデッキ紹介
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者はこちら

ヤヴィマヤの化身、ムルタニ

『ドミナリア』神話レア。

ウィニー君
ウィニー君

ウルザズ・レガシーで《マローの魔術師ムルタニ》として登場した時から19年後の再カード化!

マジック:ザ・ギャザリングの歴史を感じるね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《マローの魔術師ムルタニ》のP/Tが全プレイヤーの手札の枚数を参照していたのに対し、

《ヤヴィマヤの化身、ムルタニ》のP/Tは自分の戦場と墓地の土地の枚数を参照する。

《マローの魔術師モリモ》のほぼ上位互換だな。

ムルタニとモリモ

ウィニー君
ウィニー君

モリモが渋々自分の力をムルタニに分け与えたってエピソードを良く表現してるよね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

もはや「「フュージョン!」」

デッキ内容はこちら

カード名が黄色アンダーラインなのは、土地に関連した能力を持つカード。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
1 《ヤヴィマヤの化身、ムルタニ/Multani, Yavimaya’s Avatar》

【クリーチャー 25枚】
1 《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
1 《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》
1 《猛り狂うベイロス/Rampaging Baloths》
1 《迷える探求者、梓/Azusa, Lost but Seeking》
1 《飢餓の声、ヴォリンクレックス/Vorinclex, Voice of Hunger》
1 《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
1 《サイ甲虫の暴走/Crash of Rhino Beetles》
1 《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》
1 《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》
1 《ラムナプの採掘者/Ramunap Excavator》
1 《変わり樹の蒔き手/Turntimber Sower》
1 《むら気な長剣歯/Wayward Swordtooth》
1 《地表形成師/World Shaper》
1 《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》
1 《サテュロスの道探し/Satyr Wayfinder》
1 《旅するサテュロス/Voyaging Satyr》
1 《東屋のエルフ/Arbor Elf》
1 《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
1 《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1 《自然の伝令、イェヴァ/Yeva, Nature’s Herald》
1 《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
1 《Fyndhorn Elves》
1 《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
1 《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》
1 《永遠の証人/Eternal Witness》

【インスタント 1枚】
1 《輪作/Crop Rotation》

【ソーサリー 15枚】
1 《境界なき領土/Boundless Realms》
1 《壌土からの生命/Life from the Loam》
1 《見事な再生/Splendid Reclamation》
1 《辺境地横断/Traverse the Outlands》
1 《耕作/Cultivate》
1 《木霊の手の内/Kodama’s Reach》
1 《根囲い/Mulch》
1 《ピールの気紛れ/Pir’s Whim》
1 《起源の波/Genesis Wave》
1 《収穫期/Harvest Season》
1 《自然の知識/Nature’s Lore》
1 《三顧の礼/Three Visits》
1 《スカイシュラウドの要求/Skyshroud Claim》
1 《緑の太陽の頂点/Green Sun’s Zenith》
1 《リシュカーの巧技/Rishkar’s Expertise》

【アーティファクト 12枚】
1 《再鍛の黒き剣/Blackblade Reforged》
1 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1 《探検の地図/Expedition Map》
1 《かごの中の太陽/Caged Sun》
1 《魔力の篭手/Gauntlet of Power》
1 《アクローマの記念碑/Akroma’s Memorial》
1 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
1 《速足のブーツ/Swiftfoot Boots》
1 《魔力の墓所/Mana Crypt》
1 《太陽の指輪/Sol Ring》
1 《頭蓋骨絞め/Skullclamp》

【エンチャント 7枚】
1 《芽ぐみ/Burgeoning》
1 《原始の報奨/Primeval Bounty》
1 《熊の陰影/Bear Umbra》
1 《ゼンディカーの復興者/Zendikar Resurgent》
1 《繁茂/Wild Growth》
1 《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》
1 《楽園の拡散/Utopia Sprawl》

【プレインズウォーカー 4枚】
1 《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》
1 《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》
1 《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter》
1 《ラノワールの憤激、フレイアリーズ/Freyalise, Llanowar’s Fury》

【土地 35枚】
1 《ならず者の道/Rogue’s Passage》
25 《森/Forest》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
1 《家路/Homeward Path》
1 《苔汁の橋/Mosswort Bridge》
1 《ヤヴィマヤのうろ穴/Yavimaya Hollow》
1 《無限地帯/Myriad Landscape》
1 《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》

このデッキの勝ち筋は以下の通り

マナ加速しまくる

マナ・クリーチャーや土地サーチで、とにかくマナ加速しまくる。

東屋のエルフほか

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

土地サーチはデッキ圧縮できるので、中盤以降に有効牌をトップデッキする確率を上げられるぞ。

統率者21点ダメージを狙える状況になったら、《ヤヴィマヤの化身、ムルタニ》を戦場に出す

理想の状況は、以下の3つが揃ったとき。

  1. ガードが下がった対戦相手が1名以上いる
  2. 《ヤヴィマヤの化身、ムルタニ》のパワーを21以上にできる
  3. 速攻もしくは瞬速で召喚酔いを無視できる
かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《ヤヴィマヤの化身、ムルタニ》はトランプルを持ちなので、防御クリーチャーがいても問答無用で圧殺できる。

一方で除去耐性は低いので、出来れば1.~3.が揃った状況で戦場に出したい。

MOムルタニ - コピー

統率者21点ダメージが狙えない場合は、トークンで40点ダメージを狙う

トークン生成カードも多いため、《ヤヴィマヤの化身、ムルタニ》を無力化されても、40点ダメージを狙える。

緑単トークン

ウィニー君
ウィニー君

逆に言えば、戦闘ダメージしか勝ち手段がないから、戦闘を封じられると厳しいね。

MO緑単トークン - コピー

本デッキのキーカードはこちら

芽ぐみ

『ストロングホールド』初出レア。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《ヤヴィマヤの化身、ムルタニ》は土地2枚を手札に戻すことで、自身を墓地から手札へ戻す能力がある。

そのため、除去された場合は下手に統率領域に戻すより、墓地に落とした後に回収した方が再キャストしやすい。

特に《頭蓋骨絞め》を《ヤヴィマヤの化身、ムルタニ》に装備させた場合は、《頭蓋骨絞め》誘発もするので積極的に墓地に落としたい。

ウィニー君
ウィニー君

でも、2枚も土地を手札に戻したら展開遅れない?

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

そこで便利なのが《芽ぐみ》

統率者戦ならば、1対1戦より相手ターンが多いから、土地を戻せる機会が格段に増える。

土地2枚を手札に戻しても全く問題ないぞ。

MO芽ぐみ - コピー

ウィニー君
ウィニー君

ETB能力持ちの土地を戻せば一石二鳥だね。


ならず者の道

《ヤヴィマヤの化身、ムルタニ》がトランプル持ちで速攻付与したとしても、対戦相手が大量にクリーチャーを展開していると攻撃が通らない。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

そこで、防御不可能力を与える《ならず者の道》が役に立つ。

土地なので場持ちが良い上、本デッキならサーチ手段も複数あるから、安心して活用できる。

MOならず者の道 - コピー

さいごに

ウィニー君
ウィニー君

単色なので色事故がない上に、マナ加速・土地サーチが豊富なので、ストレスなく展開できるね。

さすが最強クリーチャーの熊がいる緑(*^▽^*)

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

誰が最強クリーチャーだ(呆れ

中盤以降は《ヤヴィマヤの化身、ムルタニ》をいつでも6マナパワー21以上で再キャストできるので、対戦相手へプレッシャーを与えやすいぞ。

ウィニー君
ウィニー君

対戦相手への妨害手段が少なめだから、無色呪文で補強しても良いね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました