統率者デッキ紹介《フェールス・ロキーリク将軍》

デッキ紹介
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者はこちら

『モダンホライゾン2』のレア2色サイクルの1枚。

ウィニー君
ウィニー君

『モダンホライゾン2』の統率者候補カードレビューはこちらの記事でまとめているよ

《第1管区の勇士》のパワーアップ版のような性能だが、如何せん《フェールス・ロキーリク将軍》を統率者指定すると固有色がボロスカラーになるため、多色呪文ばかりにするとデッキにならないのが難点。

ウィニー君
ウィニー君

《ニヴ=ミゼット再誕》なら多色呪文だけでもデッキになるけど、ボロスカラー縛りは厳しいね

ウィニー君
ウィニー君

でも多色呪文使わなかったら《フェールス・ロキーリク将軍》を統率者指定する意味ないじゃん(´-ω-`)

かざろふ伯
かざろふ伯

そこはカードプールの広い統率者戦。

キーカードで何とかすることにした

デッキ内容はこちら

カード名後ろにがあるのは、コスト踏み倒し相当の効果があるカード。
カード名後ろにがあるのは、多色呪文カード。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
1 《フェールス・ロキーリク将軍/General Ferrous Rokiric》

【クリーチャー 17枚】
1 《絵描きの召使い/Painter’s Servant》
1 《オーロラのフェニックス/Aurora Phoenix》
1 《乗り込み部隊/Boarding Party》
1 《原初の嵐、エターリ/Etali, Primal Storm》
1 《火の悪魔/Wildfire Devils》
1 《さまようアルカイック/Wandering Archaic》
1 《黄金夜の刃、ギセラ/Gisela, Blade of Goldnight》
1 《光輝の巻物使い/Radiant Scrollwielder》
1 《迎え火のしもべ/Balefire Liege》
1 《デュルガーの垣魔道士/Duergar Hedge-Mage》
1 《勝利の神、イロアス/Iroas, God of Victory》
1 《エスパーの歩哨/Esper Sentinel》
1 《アカデミーの学長/Academy Rector》
1 《調和の守り手/Keeper of the Accord》
1 《波止場の恐喝者/Dockside Extortionist》
1 《憤怒/Anger》
1 《帝国の徴募兵/Imperial Recruiter》

【インスタント 4枚】
1 《ロアホールドの命令/Lorehold Command》
1 《ボロスの魔除け/Boros Charm》
1 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》
1 《偏向はたき/Deflecting Swat》

【ソーサリー 20枚】
1 《力の頂点/Apex of Power》
1 《ミジックスの熟達/Mizzix’s Mastery》
1 《未来を点火/Ignite the Future》
1 《スラムの巧技/Sram’s Expertise》
1 《カーリ・ゼヴの巧技/Kari Zev’s Expertise》
1 《身震いする発見/Thrilling Discovery》
1 《歴史の再構築/Reconstruct History》
1 《攻撃の波/Waves of Aggression》
1 《火山の奔流/Volcanic Torrent》
1 《混沌の辛苦/Throes of Chaos》
1 《記憶の点火/Ignite Memories》
1 《セヴィンの再利用/Sevinne’s Reclamation》
1 《マナ噴出/Mana Geyser》
1 《拡散する暴動/Spreading Insurrection》
1 《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
1 《火山の目覚め/Volcanic Awakening》
1 《接合者の技法/Splicer’s Skill》
1 《Wheel of Fortune》
1 《命運の輪/Wheel of Fate》
1 《信仰無き物あさり/Faithless Looting》

【アーティファクト 18枚】
1 《隕石の鎚鉾/Meteoric Mace》
1 《魔力の墓所/Mana Crypt》
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1 《探検の地図/Expedition Map》
1 《太陽の指輪/Sol Ring》
1 《頭蓋骨絞め/Skullclamp》
1 《旅人のガラクタ/Wayfarer’s Bauble》
1 《ボロスの印鑑/Boros Signet》
1 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
1 《精神石/Mind Stone》
1 《巻物棚/Scroll Rack》
1 《思考の器/Thought Vessel》
1 《連合の秘宝/Coalition Relic》
1 《彩色の灯籠/Chromatic Lantern》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《スランの発電機/Thran Dynamo》
1 《スカイクレイブの秘宝/Skyclave Relic》
1 《金粉の水蓮/Gilded Lotus》

【エンチャント 4枚】
1 《吹き荒れる潜在能力/Possibility Storm》
1 《太陽鳥の祈祷/Sunbird’s Invocation》
1 《息詰まる徴税/Smothering Tithe》
1 《土地税/Land Tax》

【プレインズウォーカー 1枚】
1 《屑鉄の学者、ダレッティ/Daretti, Scrap Savant》

【土地 35枚】
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
1 《空の遺跡、エメリア/Emeria, the Sky Ruin》
1 《宝石の洞窟/Gemstone Caverns》
1 《発明博覧会/Inventors’ Fair》
1 《Plateau》
1 《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
1 《風立ての高地/Windbrisk Heights》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《カー砦/Kher Keep》
1 《無限地帯/Myriad Landscape》
1 《統率の塔/Command Tower》
10 《平地/Plains》
12 《山/Mountain》

本デッキの勝ち筋はこちら

続唱などコスト踏み倒し手段でアドを稼ぐ

アドが取りにくいボロスカラーでアドを稼ぐため、《フェールス・ロキーリク将軍》でトークン生成するよりコスト踏み倒し手段で手数を増やすことを優先する。

ウィニー君
ウィニー君

多色呪文カードはデッキ内に10枚しかないもんね

かざろふ伯
かざろふ伯

10枚なのは理由がある。

石作りの強大なタイタンを10体、暴動鎮圧のために街へ投入したエピソードにちなんでいるぞ!

ウィニー君
ウィニー君

そこはヴォーソスなのね(;一_一)

キーカードを駆使して多色呪文を唱えまくる

ウィニー君
ウィニー君

多色呪文10枚しかないのに?

唱えまくる?

かざろふ伯
かざろふ伯

多色がないなら作れば良いのさ

本デッキのキーカードはこちら

『シャドウムーア』初出のレア・アーティファクト・クリーチャー。

戦場に出ていないすべてのカード、呪文、パーマネントに選んだ色を追加できる。

つまりボロスカラー以外の色を選んでおけば、デッキ内の全ての単色呪文が多色呪文になる。

かざろふ伯
かざろふ伯

コピー呪文で《絵描きの召使い》を2体にすれば無色呪文も多色呪文にできる。

コピー先が《絵描きの召使い》以外にも多いなら検討してみては?

さいごに

長年統率者戦最弱2色の地位に君臨してたボロスカラーだけど、昨今のテコ入れでかなり安定して長期戦を戦えるようになってきた。

ウィニー君
ウィニー君

もう最弱カラーと言わせない!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました