統率者デッキ紹介《宴の結節点、ジェトミア》

デッキ紹介
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者

ウィニー君
ウィニー君

『ニューカペナの街角』の統率者候補カードレビューはこちらの記事でまとめているよ

神話レアの長サイクルの1枚。

かざろふ伯
かざろふ伯

自軍クリーチャーの数に応じて、最大で+3/+0&警戒&トランプル&二段攻撃を全体付与できるため、想像以上に打点が高い。

この高打点が魅力の統率者だ!

もともとナヤ/舞台座カラーはトークンデッキによる横展開がやりやすい固有色。

しかし、トークンは1対1体の打点が低いことが多く、全体強化手段が別途必要になりがち。

そんな悩みを統率領域に置ける全体強化として1枚で解決してしまう。

かざろふ伯
かざろふ伯

今回はなるべくキルターンが早くなるよう、前のめり気味にデッキ構築してみた

デッキ内容

カード名後ろにがあるのは、トークン生成カード
カード名後ろにがあるのは、団結ほかクリーチャーのETBで誘発するカード
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード

【統率者 1枚】
1 《宴の結節点、ジェトミア/Jetmir, Nexus of Revels》

【クリーチャー 21枚】
1 《悪魔的な客室係/Devilish Valet》
1 《ジェトミアの情婦、ジニー・フェイ/Jinnie Fay, Jetmir’s Second》
1 《噂の蒐集家/Rumor Gatherer》
1 《輝かしい聖戦士、エーデリン/Adeline, Resplendent Cathar》
1 《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》
1 《祝祭の出迎え/Gala Greeters》
1 《不屈の補給兵/Tireless Provisioner》
1 《若葉のドライアド/Tendershoot Dryad》
1 《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》
1 《ドラゴンの大母/Dragon Broodmother》
1 《怒りの座、オムナス/Omnath, Locus of Rage》
1 《波止場の恐喝者/Dockside Extortionist》
1 《鍛冶の神、パーフォロス/Purphoros, God of the Forge》
1 《アカデミーの整備士/Academy Manufactor》
1 《エスパーの歩哨/Esper Sentinel》
1 《憤怒/Anger》
1 《極楽鳥/Birds of Paradise》
1 《永遠の証人/Eternal Witness》
1 《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》
1 《進歩の災い/Bane of Progress》
1 《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》

【インスタント 10枚】
1 《記憶への開放/Release to Memory》
1 《好奇心の強い群れ/Curious Herd》
1 《銅纏いの呼集/Call the Coppercoats》
1 《蜘蛛の襲来/Arachnogenesis》
1 《調和の儀式/Rite of Harmony》
1 《天使の嗜み/Angel’s Grace》
1 《偏向はたき/Deflecting Swat》
1 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》
1 《英雄的介入/Heroic Intervention》
1 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》

【ソーサリー 13枚】
1 《害獣の侵入/Pest Infestation》
1 《スラムの巧技/Sram’s Expertise》
1 《セヴィンの再利用/Sevinne’s Reclamation》
1 《三顧の礼/Three Visits》
1 《自然の知識/Nature’s Lore》
1 《耕作/Cultivate》
1 《木霊の手の内/Kodama’s Reach》
1 《ピールの気紛れ/Pir’s Whim》
1 《発見の誘惑/Tempt with Discovery》
1 《巫師の天啓/Shamanic Revelation》
1 《歯と爪/Tooth and Naill》
1 《汚損破/Vandalblast》
1 《信仰無き物あさり/Faithless Looting》

【アーティファクト 10枚】
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1 《魔力の墓所/Mana Crypt》
1 《太陽の指輪/Sol Ring》
1 《頭蓋骨絞め/Skullclamp》
1 《精神石/Mind Stone》
1 《秘儀の印鑑/Arcane Signet》
1 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
1 《思考の器/Thought Vessel》
1 《彩色の灯籠/Chromatic Lantern》
1 《連合の秘宝/Coalition Relic》

【エンチャント 8枚】
1 《息詰まる徴税/Smothering Tithe》
1 《大衆蜂起/Rabble Rousing》
1 《オーラの破片/Aura Shards》
1 《土地税/Land Tax》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《ゼンディカーの復興者/Zendikar Resurgent》
1 《太陽鳥の祈祷/Sunbird’s Invocation》
1 《ミラーリの目覚め/Mirari’s Wake》

【プレインズウォーカー 2枚】
1 《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
1 《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》

【土地 35枚】
1 《死者の原野/Field of the Dead》
1 《カー砦/Kher Keep》
1 《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》
1 《家路/Homeward Path》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
1 《成長の揺り篭、ヤヴィマヤ/Yavimaya, Cradle of Growth》
1 《ガイアの揺籃の地/Gaea’s Cradle》
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower》
1 《ジェトミアの庭/Jetmir’s Garden》
1 《真鍮の都/City of Brass》
1 《マナの合流点/Mana Confluence》
1 《統率の塔/Command Tower》
1 《Taiga》
1 《Savannah》
1 《Plateau》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《乾燥台地/Arid Mesa》
1 《クローサの境界/Krosan Verge》
1 《無限地帯/Myriad Landscape》
1 《苔汁の橋/Mosswort Bridge》
1 《風立ての高地/Windbrisk Heights》
2 《森/Forest》
2 《平地/Plains》
2 《山/Mountain》
2 《冠雪の森/Snow-Covered Forest》
2 《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》
2 《冠雪の山/Snow-Covered Mountain》

本デッキの勝ち筋

トークン生成で横展開する

《宴の結節点、ジェトミア》は4マナとサイクル中では軽量ながら、先出しする必要性がない。

ウィニー君
ウィニー君

色事故に気を付けながらトークン生成していこう!

《宴の結節点、ジェトミア》で一気に打点を稼ぐ

自軍クリーチャーが9体以上ならば一気に打点が上がる。

かざろふ伯
かざろふ伯

統率者ダメージ21点も狙えるが、40点ライフを削る方が早いだろう

対戦相手3人とも一撃死!

本デッキのキーカード

『ニューカペナの街角』収録のレア・クリーチャー。

かざろふ伯
かざろふ伯

横展開する本デッキにおいて貴重な縦展開するカード。

トークンデッキの天敵である《プロパガンダ》系防御カードを当てにする対戦相手は多い。

無駄にマナを支払わず《悪魔的な客室係》1体で殴り倒せるぞ!

ダメージ軽減や破壊不能も乗り越えて一撃必殺!

『ニューカペナの街角』の友好色混成マナ2つをコストに持つ伝説クリーチャーサイクルの1枚。

ウィニー君
ウィニー君

舞台座No.2として《宴の結節点、ジェトミア》との相性は抜群!

《波止場の恐喝者》《息詰まる徴税》などで大量トークン生成時に、宝物でなく犬or猫・クリーチャー・トークンに置換して団結大量誘発できる。

かざろふ伯
かざろふ伯

《宴の結節点、ジェトミア》で警戒付与できるので、警戒持ちの犬に置換する必要性は薄い。

奇襲効果も考えると速攻持ちの猫一択かなぁ


《記憶への開放》は『神河:輝ける世界』統率者デッキ収録のレア・インスタント。
《好奇心の強い群れ》は『統率者2020』収録のレア・インスタント。

防御を怠り墓地肥やしやアーティファクト展開を優先した対戦相手を咎められる。

ウィニー君
ウィニー君

インスタントのトークン生成手段は、対戦相手の計算を特に狂わせやすいね

さいごに

ダメージ計算を狂わせやすい多色4マナ統率者として《不撓のサスキア》を彷彿させるが、プレイヤー指定の必要なく自軍クリーチャーを全体強化できる《宴の結節点、ジェトミア》の方が明らかに使いやすい。

隔世の感を禁じ得ない

トークンデッキはコミュニティの全体除去採用率に影響されやすいけど、コンボ優勢な環境だと全体除去は手薄になりがち。

ウィニー君
ウィニー君

キルターンの早いアグロデッキは、殴り勝ってしまうことも案外多いね

コメント

タイトルとURLをコピーしました