統率者デッキ紹介《輝かしい聖戦士、エーデリン》

デッキ紹介
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者

『イニストラード:真夜中の狩り』のメインストーリーで絶賛活躍中の聖騎士。

ウィニー君
ウィニー君

『イニストラード:真夜中の狩り』の統率者候補カードレビューはこちらの記事でまとめているよ

攻撃するたび誘発する効果は無尽に近いが、

  • 自身のコピーでなく、1/1人間・クリーチャー・トークンを生成する
  • 永続的にトークンが残る
  • 《輝かしい聖戦士、エーデリン》自身が攻撃しなくても良い

違いがある。

特に3番目の《輝かしい聖戦士、エーデリン》自身が攻撃しなくても誘発するのが大きく、1~2マナクリーチャーを厚めに採用すれば、安定して2~3ターン目に《輝かしい聖戦士、エーデリン》展開⇒即誘発を狙える。

ウィニー君
ウィニー君

狙えるのは良いけど、初期ライフ40点でコントロールが強い統率者戦でウィニーデッキは無理ゲーじゃない?

かざろふ伯
かざろふ伯

単純なウィニーデッキは無理だが、既に似たようなコンセプトのデッキがあるだろう?

ウィニー君
ウィニー君

ヘイトベアーか!

デッキ内容

カード名後ろにがあるのは、ヘイトベアーなど妨害系カード。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
1 《輝かしい聖戦士、エーデリン/Adeline, Resplendent Cathar》

【クリーチャー 36枚】
1 《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
1 《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar》
1 《傑士の神、レーデイン/Reidane, God of the Worthy》
1 《ヴリンの翼馬/Vryn Wingmare》
1 《エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor》
1 《レオニンの裁き人/Leonin Arbiter》
1 《静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence》
1 《歓喜の天使/Angel of Jubilation》
1 《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1 《ドラニスの判事/Drannith Magistrate》
1 《堂々たる撤廃者/Grand Abolisher》
1 《塵を飲み込むもの、放粉痢/Hokori, Dust Drinker》
1 《エスパーの歩哨/Esper Sentinel》
1 《戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War’s Wage》
1 《静寂をもたらすもの/Hushbringer》
1 《厳しい試験官/Strict Proctor》
1 《トカートリの儀仗兵/Tocatli Honor Guard》
1 《キンジャーリの陽光翼/Kinjalli’s Sunwing》
1 《威圧する君主/Imposing Sovereign》
1 《迷宮の霊魂/Spirit of the Labyrinth》
1 《軍旗の旗手/Standard Bearer》
1 《宮廷通りの住人/Court Street Denizen》
1 《敬虔な司祭/Devout Chaplain》
1 《調和の守り手/Keeper of the Accord》
1 《境界のレインジャー/Verge Rangers》
1 《ボレアスの軍馬/Boreas Charger》
1 《雨ざらしの旅人/Weathered Wayfarer》
1 《上位の狐、呪之尾/Rune-Tail, Kitsune Ascendant》
1 《無私の霊魂/Selfless Spirit》
1 《ルーンの母/Mother of Runes》
1 《無私の救助犬/Selfless Savior》
1 《セラの高位僧/Serra Ascendant》
1 《教区の勇者/Champion of the Parish》
1 《先立たれた生存者/Bereaved Survivor》
1 《鋼軍団のプラヴァ/Prava of the Steel Legion》
1 《前線の衛生兵/Frontline Medic》

【インスタント 5枚】
1 《マナの税収/Mana Tithe》
1 《歪める嘆き/Warping Wail》
1 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1 《テフェリーの防御/Teferi’s Protection》
1 《不敗の陣形/Unbreakable Formation》

【ソーサリー 0枚】
なし

【アーティファクト 13枚】
1 《煙突/Smokestack》
1 《冬の宝珠/Winter Orb》
1 《からみつく鉄線/Tangle Wire》
1 《ストリクスヘイヴンの競技場/Strixhaven Stadium》
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1 《魔力の墓所/Mana Crypt》
1 《頭蓋骨絞め/Skullclamp》
1 《太陽の指輪/Sol Ring》
1 《金属モックス/Chrome Mox》
1 《巨岩の門/Dolmen Gate》
1 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
1 《王神の玉座/Throne of the God-Pharaoh》
1 《オケチラの碑/Oketra’s Monument》

【エンチャント 11枚】
1 《領事の権限/Authority of the Consuls》
1 《盲従/Blind Obedience》
1 《沈黙のオーラ/Aura of Silence》
1 《土地税/Land Tax》
1 《兵員の結集/Rally the Ranks》
1 《光輝王の昇天/Luminarch Ascension》
1 《清浄の名誉/Honor of the Pure》
1 《無形の美徳/Intangible Virtue》
1 《命運の掌握/Grasp of Fate》
1 《独演の代償/Monologue Tax》
1 《息詰まる徴税/Smothering Tithe》

【プレインズウォーカー 0枚】
なし

【土地 34枚】
28 《平地/Plains》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《宝石の洞窟/Gemstone Caverns》
1 《変わり谷/Mutavault》
1 《露天鉱床/Strip Mine》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《統率の灯台/Command Beacon》

ウィニー君
ウィニー君

ソーサリーとプレインズウォーカーが0枚。
土地もほぼ《平地》だし、極端な構築だなぁ

かざろふ伯
かざろふ伯

先行逃げ切り型デッキだからな

本デッキの勝ち筋

1~2ターン目にクリーチャーを出す

2~3ターン目に《輝かしい聖戦士、エーデリン》展開⇒即誘発を行うには、1~2ターン目にクリーチャーを出すことが絶対条件となる。

《輝かしい聖戦士、エーデリン》展開⇒即誘発後、妨害系置物で蓋をする

全体除去1発で瓦解するため、展開後は速やかにヘイトベアーや妨害系アーティファクト・エンチャントを展開し、対戦相手の動きを縛る。

統率者ダメージ21点と全体強化で40点ダメージを同時に目指す

《輝かしい聖戦士、エーデリン》のパワーが自軍クリーチャー数依存なので、2~3ターン生き残れば簡単に統率者ダメージ21点は狙える。

ただし、対戦相手の数が減るとトークン展開効果が減弱するため、できればギリギリまで全対戦相手を残しておきたい。

そのため、単に統率者ダメージ21点を狙うだけでなく、アンセム系カードでトークンを強化し、40点ダメージで倒すことも同時に目指す。

本デッキのキーカード

からみつく鉄線

《輝かしい聖戦士、エーデリン》で一度トークン生成すればトークンのみで頭数が足りるため、自分はほぼ影響を受けず、対戦相手のみ縛れる。


『ギルド門侵犯』初出のタッパー。

通常のタッパーは、対戦相手のターン戦闘開始ステップまでに強力な1体をタップして攻撃妨害する防御的な使い方が多い。

一方、《宮廷通りの住人》はタップタイミングが限定されるため、瞬速持ちクリーチャーでも使わない限り、基本は自分のターンにブロッカー排除するためにしか使えない。

かざろふ伯
かざろふ伯

それでも《輝かしい聖戦士、エーデリン》には十分!

生成したトークン数分《宮廷通りの住人》のタップ能力が誘発するので、対戦相手は1~2体ブロッカーを展開したくらいではブロックできなくなる。

ウィニー君
ウィニー君

ETB時にタップインさせる妨害カードは多いけど、効率的にタップさせるタッパーは少ない。

対戦相手がブロッカー展開しても、最後の一押しをバックアップするよ!


『ストリクスヘイヴン:魔法学院』収録のレアのマナ・アーティファクト。

かざろふ伯
かざろふ伯

マナ・アーティファクトとしての性能は低いが、特筆すべきは対戦相手を敗北させる誘発型能力!

妨害しきれず対戦相手が展開してしまっても、その対戦相手のブロッカー数が自軍クリーチャーより少なければ、倒せるチャンスが生まれる。

ウィニー君
ウィニー君

統率者ダメージ21点も40点ダメージも狙えない状況に陥ったときの奥の手!?

さいごに

ヘイトベアーデッキは得てして打点が低く、ゲームが長引きがち。

かざろふ伯
かざろふ伯

一方、《輝かしい聖戦士、エーデリン》自身に妨害能力はないが打点は高い。

ヘイトベアーとの相性は良かったぞ

また、ヘイトベアーで悩ましいのが、《厳しい試験官》などETB能力を封じる効果。

《石鍛冶の神秘家》など強力なETB能力持ちクリーチャーが手札で腐りやすくなるので、今回はETB能力持ちクリーチャーを採用しなかった。

ウィニー君
ウィニー君

クリーチャーの採用枠は好みが出そうだね

コメント

タイトルとURLをコピーしました