統率者デッキ紹介《生命起源の御神体》

5色
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者

ウィニー君
ウィニー君

『神河:輝ける世界』の統率者候補カードレビューはこちらの記事でまとめているよ

『神河:輝ける世界』セット・ブースターおよびコレクター・ブースター限定カード。

明らかに祭殿部族デッキを組むために生まれた伝説クリーチャー。

かざろふ伯
かざろふ伯

起動型能力に5色含むため固有色上は5色!全祭殿を採用できるぞ。

乗るしかない。このビッグウェーブに!

デッキ内容

カード名後ろにがあるのは、祭殿部族カード。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
1 《生命起源の御神体/Go-Shintai of Life’s Origin》

【クリーチャー 26枚】
1 《共同目的の御神体/Go-Shintai of Shared Purpose》
1 《逸失叡智の御神体/Go-Shintai of Lost Wisdom》
1 《隠避残虐の御神体/Go-Shintai of Hidden Cruelty》
1 《古伝戦争の御神体/Go-Shintai of Ancient Wars》
1 《無尽活力の御神体/Go-Shintai of Boundless Vigor》
1 《アルゴスの女魔術師/Argothian Enchantress》
1 《聖域の織り手/Sanctum Weaver》
1 《セテッサの勇者/Setessan Champion》
1 《収穫の手、サイシス/Sythis, Harvest’s Hand》
1 《調和の織り手/Weaver of Harmony》
1 《秘儀の織り手、ゲン/Ghen, Arcanum Weaver》
1 《アカデミーの学長/Academy Rector》
1 《波止場の恐喝者/Dockside Extortionist》
1 《破滅喚起の巨人/Doomwake Giant》
1 《開花の幻霊/Eidolon of Blossoms》
1 《太陽の恵みの執政官/Archon of Sun’s Grace》
1 《精神感化のラミア/Thoughtrender Lamia》
1 《ネシアンの放浪者/Nessian Wanderer》
1 《イリーシア木立のドライアド/Dryad of the Ilysian Grove》
1 《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
1 《頂点壊滅獣/Apex Devastator》
1 《大渦の放浪者/Maelstrom Wanderer》
1 《結界師ズアー/Zur the Enchanter》
1 《樹海の自然主義者/Jukai Naturalist》
1 《万神殿の伝令/Herald of the Pantheon》
1 《エレボスの代行者/Agent of Erebos》

【インスタント 1枚】
1 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》

【ソーサリー 8枚】
1 《補充/Replenish》
1 《三顧の礼/Three Visits》
1 《自然の知識/Nature’s Lore》
1 《ピールの気紛れ/Pir’s Whim》
1 《発見の誘惑/Tempt with Discovery》
1 《耕作/Cultivate》
1 《木霊の手の内/Kodama’s Reach》
1 《悪魔の教示者/Demonic Tutor》

【アーティファクト 4枚】
1 《太陽の指輪/Sol Ring》
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1 《魔力の墓所/Mana Crypt》
1 《思考の器/Thought Vessel》

【エンチャント 25枚】
1 《浄火の本殿/Honden of Cleansing Fire》
1 《風見の本殿/Honden of Seeing Winds》
1 《夜陰の本殿/Honden of Night’s Reach》
1 《激憤の本殿/Honden of Infinite Rage》
1 《生網の本殿/Honden of Life’s Web》
1 《静かな水の聖域/Sanctum of Calm Waters》
1 《穏やかな光の聖域/Sanctum of Tranquil Light》
1 《石の牙の聖域/Sanctum of Stone Fangs》
1 《廃れた高地の聖域/Sanctum of Shattered Heights》
1 《豊かな実りの聖域/Sanctum of Fruitful Harvest》
1 《万物の聖域/Sanctum of All》
1 《ミラーリの目覚め/Mirari’s Wake》
1 《真の木立ち/Sterling Grove》
1 《神聖なる憑依/Hallowed Haunting》
1 《空位の玉座の印章/Sigil of the Empty Throne》
1 《大渦のきずな/Maelstrom Nexus》
1 《偉大なるオーラ術/Greater Auramancy》
1 《気流の言葉/Words of Wind》
1 《予期の力線/Leyline of Anticipation》
1 《ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arena》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《息詰まる徴税/Smothering Tithe》
1 《不実/Treachery》
1 《空封じ/Skybind》
1 《安全の領域/Sphere of Safety》

【プレインズウォーカー 0枚】
なし

【土地 35枚】
1 《Tundra》
1 《Underground Sea》
1 《Badlands》
1 《Taiga》
1 《Savannah》
1 《Bayou》
1 《Plateau》
1 《Scrubland》
1 《Tropical Island》
1 《Volcanic Island》
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower》
1 《真鍮の都/City of Brass》
1 《マナの合流点/Mana Confluence》
1 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《ヘリオッドの高潔の聖堂/Hall of Heliod’s Generosity》
1 《インダサのトライオーム/Indatha Triome》
1 《ケトリアのトライオーム/Ketria Triome》
1 《ラウグリンのトライオーム/Raugrin Triome》
1 《サヴァイのトライオーム/Savai Triome》
1 《ゼイゴスのトライオーム/Zagoth Triome》
1 《セラの聖域/Serra’s Sanctum》
1 《ヤヴィマヤのうろ穴/Yavimaya Hollow》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《成長の揺り篭、ヤヴィマヤ/Yavimaya, Cradle of Growth》
1 《平地/Plains》
1 《島/Island》
1 《沼/Swamp》
1 《山/Mountain》
1 《森/Forest》

本デッキの勝ち筋

先出しすべきカードから展開する

《生命起源の御神体》《収穫の手、サイシス》《神聖なる憑依》など、後続の祭殿やエンチャントによって追加ドローやトークン生成ができるカードから展開する。

星座誘発や祭殿誘発でアドを稼ぐ

《生命起源の御神体》の生成するトークンは祭殿かつエンチャントなので、星座誘発・祭殿カウントどちらにも寄与する。

ウィニー君
ウィニー君

大量の星座誘発や祭殿誘発で圧倒し、物量差で勝利しよう!

本デッキのキーカード

万物の聖域

『基本セット2021』収録の祭殿サイクルの一枚。

毎ターン墓地やライブラリーから祭殿を戦場に出せる。

ボードアドを稼ぎつつ、祭殿が6つ以上になった後は誘発回数追加で暴力的なアドを稼ぐ。

かざろふ伯
かざろふ伯

各祭殿サイクルの誘発タイミングである、アップキープ、戦闘前メイン・フェイズ、終了ステップの開始時ばかり気を付けがちだけど、《生命起源の御神体》のトークン生成も2倍になるぞ!

ウィニー君
ウィニー君

回り出すとオーバーキル感あるけどね(*^▽^*)


『オンスロート』収録の言葉サイクルの青。

ドローを1マナでバウンスに変換できる。

エンチャントレスデッキで元々使われているが、本デッキではそれに加え《頂点壊滅獣》《大渦の放浪者》を手札に戻して続唱し直すことができる。

エンチャントをめくりまくれ!

さいごに

祭殿サイクルは3度目だが、クリーチャー・エンチャントとしての収録は初。

そのため、クリーチャー・タイプとして祭殿を選択したくなるが、祭殿はエンチャント・タイプなので、クリーチャー・タイプとしては選択できない。

また、各祭殿サイクルの誘発タイミングはアップキープ、戦闘前メイン・フェイズ、終了ステップの開始時とバラバラ。

かざろふ伯
かざろふ伯

以前、《逆説のもや》に注目して祭殿部族デッキを組んだが、もはや祭殿とのシナジーが1/3以下なので本デッキでは採用していない

ウィニー君
ウィニー君

地道に《生命起源の御神体》で祭殿・クリーチャー・エンチャント・トークンを増やそう!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました