統率者戦で強いカード《逆説のもや》

逆説のもや5色
統率者戦で強いカード《逆説のもや》
スポンサーリンク

1対1戦よりも統率者戦で真価を発揮しやすいカードを紹介

ウィニー君
ウィニー君

《リスティックの研究》から久しぶりの第5弾!

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

今回紹介するカードはこちら!

逆説のもや

『時のらせん』収録アンコモンのプレイヤーにエンチャントするオーラ。

ウィニー君
ウィニー君

アップキープ・ステップを追加するカードは唯一無二だけど、
それなら追加ターン呪文を採用した方が早くね?

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

追加ターンの方が単体で強いのは当たり前。
ただし、《逆説のもや》は以下のカードと組み合わせた時に妙味が出てくる。

「あなたのアップキープ・ステップの開始時」に誘発するカード

この手のカードは非常に多い。

1対1戦ならば1ターンおきに自分のターンになるため、誘発機会は多い。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

一方、統率者戦では対戦相手が複数いる。

例えば4人対戦では3ターンおきになってしまい、誘発機会が一気に1/3に減少してしまう。

ウィニー君
ウィニー君

誘発前に除去される可能性も高くなるね。

ETB能力と比べるとパワーダウンしやすいってことか。

そんな状況を改善できるのが《逆説のもや》!
自ターンのアップキープを増やすことで、誘発機会を一気に取り戻せる。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵
  • エンチャントは場持ちが良い
  • 3マナで先置きしやすい
  • ヘイトが増えにくい
  • 継続的に効果が得られる

といった点が追加ターン呪文より優れているかな。

今回は《逆説のもや》をキーカードにしたサンプルデッキを組んでみた。

デッキ内容はこちら

カード名が黄色アンダーラインなのは、「あなたのアップキープ・ステップの開始時」に誘発するカード。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
1 《不屈の巡礼者、ゴロス/Golos, Tireless Pilgrim》

【クリーチャー 27枚】
1 《海の神、タッサ/Thassa, God of the Sea》
1 《火の悪魔/Wildfire Devils》
1 《マイコロス/Mycoloth》
1 《Elvish Farmer》
1 《活力菌サリッド/Vitaspore Thallid》
1 《スポロロスの古茸/Sporoloth Ancient》
1 《サリッド/Thallid》
1 《Thallid Devourer》
1 《サリッドの発芽者/Thallid Germinator》
1 《サリッドの殻住まい/Thallid Shell-Dweller》
1 《凶暴なサリッド/Savage Thallid》
1 《淡色のマイコダーム/Pallid Mycoderm》
1 《死胞子のサリッド/Deathspore Thallid》
1 《ユートピアの菌類/Utopia Mycon》
1 《Spore Flower》
1 《胞子撒きのサリッド/Sporesower Thallid》
1 《向精神サリッド/Psychotrope Thallid》
1 《菌類学者/Mycologist》
1 《古木のヴァーデロス/Verdeloth the Ancient》
1 《木立ちの守護者ネマタ/Nemata, Grove Guardian》
1 《密航者、スライムフット/Slimefoot, the Stowaway》
1 《空想小僧、ピール/Pir, Imaginative Rascal》
1 《若葉のドライアド/Tendershoot Dryad》
1 《巻きつき蛇/Winding Constrictor》
1 《空想の友人、トゥーシー/Toothy, Imaginary Friend》
1 《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》
1 《ニクス咲きの古きもの/Nyxbloom Ancient》

【インスタント 3枚】
1 《吸血の教示者/Vampiric Tutor》
1 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》
1 《大量の芽吹き/Sprout Swarm》

【ソーサリー 6枚】
1 《木霊の手の内/Kodama’s Reach》
1 《自然の知識/Nature’s Lore》
1 《耕作/Cultivate》
1 《悪魔の教示者/Demonic Tutor》
1 《牧歌的な教示者/Idyllic Tutor》
1 《三顧の礼/Three Visits》

【アーティファクト 3枚】
1 《ヴェンセールの日誌/Venser’s Journal》
1 《太陽の指輪/Sol Ring》
1 《象牙の塔/Ivory Tower》

【エンチャント 25枚】
1 《逆説のもや/Paradox Haze》
1 《土地税/Land Tax》
1 《ヴァンスの爆破砲/Vance’s Blasting Cannons》
1 《ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arena》
1 《作戦盗用/Stolen Strategy》
1 《前哨地の包囲/Outpost Siege》
1 《エストリッドの祈祷/Estrid’s Invocation》
1 《風見の本殿/Honden of Seeing Winds》
1 《夜陰の本殿/Honden of Night’s Reach》
1 《生網の本殿/Honden of Life’s Web》
1 《激憤の本殿/Honden of Infinite Rage》
1 《浄火の本殿/Honden of Cleansing Fire》
1 《万物の聖域/Sanctum of All》
1 《穏やかな光の聖域/Sanctum of Tranquil Light》
1 《静かな水の聖域/Sanctum of Calm Waters》
1 《石の牙の聖域/Sanctum of Stone Fangs》
1 《廃れた高地の聖域/Sanctum of Shattered Heights》
1 《豊かな実りの聖域/Sanctum of Fruitful Harvest》
1 《新緑の抱擁/Verdant Embrace》
1 《倍増の季節/Doubling Season》
1 《真の木立ち/Sterling Grove》
1 《偉大なるオーラ術/Greater Auramancy》
1 《鏡細工/Mirrormade》
1 《エンチャント複製/Copy Enchantment》
1 《ゼンディカーの復興者/Zendikar Resurgent》

【プレインズウォーカー 0枚】
なし

【土地 35枚】
1 《ガイアの揺籃の地/Gaea’s Cradle》
1 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1 《Bayou》
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower》
1 《Badlands》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《真鍮の都/City of Brass》
1 《宝石の洞窟/Gemstone Caverns》
1 《マナの合流点/Mana Confluence》
1 《Plateau》
1 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《Savannah》
1 《Scrubland》
1 《Taiga》
1 《Tropical Island》
1 《Tundra》
1 《Underground Sea》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
1 《Volcanic Island》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《ヤヴィマヤのうろ穴/Yavimaya Hollow》
1 《陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers》
1 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1 《統率の塔/Command Tower》
4 《森/Forest》
1 《島/Island》
1 《山/Mountain》
1 《平地/Plains》
1 《沼/Swamp》

《サリッド》に代表されるファンガス部族の胞子カウンター、本殿サイクル、解決時に『待機3』となるソーサリーサイクルを中心に、アップキープ誘発型能力を持つカードばかりで組んでみた。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《逆説のもや》自体をコピーするエンチャントも複数採用し、徹底的にアップキープにアドバンテージを得る作戦だ。

さいごに

ウィニー君
ウィニー君

「あなたのアップキープ・ステップの開始時」に誘発するカードは1,200枚以上存在するので、ぜひ探してみてね!

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

なお、統率者戦定番の《魔力の墓所》と組み合わせると、あっという間にライフが溶けるので注意!

『基本セット2021」からの入れ替え

In:《万物の聖域》《穏やかな光の聖域》《静かな水の聖域》《石の牙の聖域》《廃れた高地の聖域》《豊かな実りの聖域》

Out:《明日への探索/Search for Tomorrow》《祖先の幻視/Ancestral Vision》 《卜占の逃走/Chronomantic Escape》《ただれた行進/Festering March》《弧状の刃/Arc Blade》《現実のストロボ/Reality Strobe》

ウィニー君
ウィニー君

『基本セット2021』でまさかの新規祭殿サイクルが登場!

劣勢の時に『待機』でぐぬることが多かったソーサリーサイクルと入れ替えたよ。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

とはいえ、新規祭殿サイクルの内、《万物の聖域》以外の5枚は「あなたのアップキープ・ステップの開始時」に誘発する能力ではない。《逆説のもや》とのシナジーは薄れるので注意!

コメント

タイトルとURLをコピーしました