統率者デッキ紹介《戦慄蒔き、グリズモルド》

戦慄蒔き、グリズモルドゴルガリ(黒緑)
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者はこちら

戦慄蒔き、グリズモルド

『統率者2019』―匿名の威圧ー収録レア。

ウィニー君
ウィニー君

『統率者2019』の統率者候補カードレビューはこちらの記事でまとめているよ。

3マナ3/3『トランプル』と、緑を含むクリーチャーにしては素のサイズが小さめだけど、トークン絡みの誘発型能力を2つ持つ。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

全プレイヤーにトークンをばら撒くので、全員の防御が固くなり、自然とロングゲームになりがち。

序盤に戦場に出しても、平等に相手にトークンをプレゼントするため、ヘイトが上がりにくいメリットがある。

デッキ内容はこちら

カード名が青色アンダーラインなのは、クリーチャー・トークン生成カード。

カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
1 《戦慄蒔き、グリズモルド/Grismold, the Dreadsower》

【クリーチャー 19枚】
1 《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》
1 《猛り狂うベイロス/Rampaging Baloths》
1 《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》
1 《テラストドン/Terastodon》
1 《絞墓の群衆/Noosegraf Mob》
1 《骨たかりの守銭奴/Bone Miser》
1 《マイアの戦闘球/Myr Battlesphere》
1 《アルゴスの庇護者、ティタニア/Titania, Protector of Argoth》
1 《若葉のドライアド/Tendershoot Dryad》
1 《毒物の侍臣、ハパチラ/Hapatra, Vizier of Poisons》
1 《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
1 《異端の癒し手、リリアナ/Liliana, Heretical Healer》
1 《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》
1 《スランの医師、ヨーグモス/Yawgmoth, Thran Physician》
1 《永遠の証人/Eternal Witness》
1 《虐殺のワーム/Massacre Wurm》
1 《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》
1 《精神を刻むもの/Mindslicer》
1 《ラムナプの採掘者/Ramunap Excavator》

【インスタント 2枚】
1 《内にいる獣/Beast Within》
1 《吸血の教示者/Vampiric Tutor》

【ソーサリー 11枚】
1 《往時軍の覚醒/Awaken the Erstwhile》
1 《辺境地横断/Traverse the Outlands》
1 《リシュカーの巧技/Rishkar’s Expertise》
1 《悪魔の教示者/Demonic Tutor》
1 《苦痛の命令/Decree of Pain》
1 《三顧の礼/Three Visits》
1 《滅び/Damnation》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
1 《自然の知識/Nature’s Lore》
1 《木霊の手の内/Kodama’s Reach》
1 《耕作/Cultivate》

【アーティファクト 9枚】
1 《忘却の偶像/Idol of Oblivion》
1 《探査の短剣/Dowsing Dagger》
1 《狭い空間/Crawlspace》
1 《魔力の墓所/Mana Crypt》
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1 《頭蓋骨絞め/Skullclamp》
1 《太陽の指輪/Sol Ring》
1 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
1 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》

【エンチャント 21枚】
1 《冥府からの誕生/Infernal Genesis》
1 《墓石の階段/Tombstone Stairwell》
1 《中心部の防衛/Defense of the Heart》
1 《はじける子嚢/Saproling Burst》
1 《スカラベの巣/Nest of Scarabs》
1 《リリアナの誓い/Oath of Liliana》
1 《原始の報奨/Primeval Bounty》
1 《無駄省き/Waste Not》
1 《倍増の季節/Doubling Season》
1 《苦行主義/Asceticism》
1 《似通った生命/Parallel Lives》
1 《黒死病/Pestilence》
1 《エレボスの指図/Dictate of Erebos》
1 《破滅的な行為/Pernicious Deed》
1 《腐れ蔦の再生/Moldervine Reclamation》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《成長の季節/Season of Growth》
1 《ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arena》
1 《発見の道/Path of Discovery》
1 《無慈悲/No Mercy》
1 《ぎらつく油/Glistening Oil》

【プレインズウォーカー】
1 《ラノワールの憤激、フレイアリーズ/Freyalise, Llanowar’s Fury》
1 《リリアナ・ヴェス/Liliana Vess》

【土地 35枚】
1 《禁忌の果樹園/Forbidden Orchard》
1 《死者の原野/Field of the Dead》
1 《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
1 《Bayou》
1 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
6 《沼/Swamp》
1 《湿地の干潟/Marsh Flats》
1 《苔汁の橋/Mosswort Bridge》
1 《草むした墓/Overgrown Tomb》
1 《ファイレクシアの塔/Phyrexian Tower》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1 《ヤヴィマヤのうろ穴/Yavimaya Hollow》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers》
1 《無限地帯/Myriad Landscape》
1 《統率の塔/Command Tower》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
8 《森/Forest》
1 《統率の灯台/Command Beacon》
1 《露天鉱床/Strip Mine》
1 《家路/Homeward Path》

ウィニー君
ウィニー君

あれ?

レビューで推してたエルドラージ・クリーチャー・トークン(以下、Eトークン)を生成するカード、採用してないよ。

・・嘘つきましたね、あなた(@_@)

Eトークン生成

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

人聞きが悪い。

Eトークン自体は、任意のタイミングで生け贄に捧げられるしマナ加速にもなるので、《戦慄蒔き、グリズモルド》とも相性バッチリだよ。

 

ただし、肝心のEトークンを生成するカード自身のパワーレベルが、昨今のインフレに追い付いていない。

 

例えば4人対戦の場合、《戦慄蒔き、グリズモルド》なら1周で4体生成に対し、《目覚めの領域》《彼方より》は1周で1体生成しかできない。

ウィニー君
ウィニー君

1対1戦なら問題なくても、多人数戦だと力不足ってことか。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

それに、《彼方より》を採用するならエルドラージサーチを活用できるようにしたいし、《ウラモグの手先》を採用するなら《恐血鬼》など墓地から帰ってくるクリーチャーを複数採用したい。

 

となると、《戦慄蒔き、グリズモルド》と関係ないスロットを割くから、デッキ構築が歪んでしまう。

 

なので、今回はトークンの種類は絞らずに、個々のカードパワー優先で採用してみた。

本デッキの勝ち筋はこちら

マナ加速しつつ、《戦慄蒔き、グリズモルド》を戦場に出す

緑が使えるので《自然の知識》《耕作》などの土地サーチで積極的にマナ加速する。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《戦慄蒔き、グリズモルド》はトロールにも関わらず除去耐性がないけれど、再キャストしやすいマナコストなので、2~3ターン目には戦場に出してしまおう。

MOグリズモルド序盤

ウィニー君
ウィニー君

もちろん《苦行主義》などで守ればベター。

自他問わずクリーチャー・トークンを生成し、戦場を膠着させる

《戦慄蒔き、グリズモルド》にとっては、トークン生成先が自軍だろうと対戦相手だろうと関係ない。キーカードを駆使して、戦場を膠着させる。

統率者ダメージ21点かトークン強化による圧殺を狙う

大量にトークンを展開したら、キーカードを利用し、《戦慄蒔き、グリズモルド》を成長させて統率者ダメージ21点を狙うか、トークン強化による圧殺を狙う。

MOグリズモルド統率者ダメージ

本デッキのキーカードはこちら

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

今回のキーカードは2種類!

墓石の階段ほか

共通するのは、各ターンにクリーチャー・トークンを大量生成できること。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《墓石の階段》の場合、墓地のクリーチャー枚数に偏りがありすぎると逆に圧殺されてしまうため、出すタイミングに注意すること。

ウィニー君
ウィニー君

《盲従》《鍛冶の神、パーフォロス》などを出されても極端に不利になるから、置物にも注意だね。

墓石の階段と相性が悪いカード友情コンボになっちゃう(+_+)

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《冥府からの誕生》を活かすなら、ライブラリートップをある程度操作できるカードを先置きしたい。

ライブラリートップ操作カード


中心部の防衛

『ウルザズ・レガシー』レア。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《歯と爪》の双呪と比べると、

  • 奇襲性がない
  • 手札にあると出せない

点は劣るが、

  • 4マナと軽い
  • 《戦慄蒔き、グリズモルド》のトークン生成能力で3体以上の誘発条件を満たしやすい

点は大きなメリット。

MOグリズモルドキーカード

自軍の頭数がすでに多いならば《孔蹄のビヒモス》、対戦相手のトークンを殲滅したいなら《虐殺のワーム》、置物除去なら《テラストドン》をサーチする。

MOグリズモルドスタック

さいごに

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

トークンデッキなので横に並ぶと思うかもしれないが、それ以上にトークンを破壊して《戦慄蒔き、グリズモルド》がサイズアップする方が早い。

なので、頭数を参照するカードよりは、パワーを参照するカードのほうが本デッキでは使い勝手が良い。

横並びより縦

ウィニー君
ウィニー君

油断しているとあっという間にパワー21以上になるもんね。

トークンをゾンビや苗木、昆虫など部族で揃えるとよりカジュアルだよ

(*^▽^*)

キャラ&ホビー格安通販 あみあみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました