統率者デッキ紹介《乱動の座、オムナス》

乱動の座、オムナスティムール(緑青赤)
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者はこちら

乱動の座、オムナス

『基本セット2020』神話レア。

ウィニー君
ウィニー君

『基本セット2020』の統率者候補カードレビューはこちらの記事でまとめているよ。

神話レアの楔3色伝説クリーチャーサイクルのティムールカラー。

統率者デッキ紹介《天頂の探求者、カーリア》
カジュアル統率者デッキとして、《天頂の探求者、カーリア》を統率者にしたデッキを紹介。カーリアの再カード化!なんだけど、『基本セット2020』の楔三色サイクルの中では弱い部類の統率者・・・!?そこはカーリア愛で突破したデッキ構築に挑戦!
統率者デッキ紹介《隠された手、ケシス》
カジュアル統率者デッキとして、《隠された手、ケシス》を統率者にしたデッキを紹介。伝説に関する常在型能力と起動型能力を活かしたデッキ構築をしたんだけど・・・結構難しい!?
統率者デッキ紹介《冒涜されたもの、ヤロク》
カジュアル統率者デッキとして、《冒涜されたもの、ヤロク》を統率者にしたデッキを紹介。当然、常在型能力を当てにしたデッキ構築だけど、キーカードは危険なプチコンボなカードの組み合わせ!?
統率者デッキ紹介《風の憤怒、カイカ》(カオス系コンボ)
カジュアル統率者デッキとして、《風の憤怒、カイカ》を統率者にしたデッキを紹介。『基本セット2020』の統率者候補カードレビューでは《歪んだ世界》と相性が良いと言ったけど、あれは嘘だった!?今回は本当に相性が良いキーカードを紹介!
ウィニー君
ウィニー君

オムナスAct3ですね、わかります。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

成長しているのか汚染されているのか良くわからないけど、2度目も再カード化した上、そのたびに1色ずつ色が増えていく珍しい伝説クリーチャーなのは間違いない。

オムナス1~3

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

今回のオムナスは、《怒りの座、オムナス》と同様エレメンタルにちなんだ能力を持つ。

ウィニー君
ウィニー君

ティム能力を活かすならエレメンタル部族だね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

部族で固めると、中型クリーチャーまで撃ち落とせる。

また、上陸能力についてもエレメンタル部族にするほど選択肢が増えるし、+1/+1カウンターを活かせるエレメンタルも多いので無駄にならない。

追加ドローまで考えると、妨害手段を多めに入れて中~長期戦に持ち込むようにしたい。

カウンターと相性が良いエレメンタル+1/+1カウンター、だ~い好き♪

デッキ内容はこちら

カード名が黄色アンダーラインなのは、エレメンタル部族・生成カード。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
1 《乱動の座、オムナス/Omnath, Locus of the Roil》

【クリーチャー 27枚】
1 《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》
1 《大渦の放浪者/Maelstrom Wanderer》
1 《怒りの座、オムナス/Omnath, Locus of Rage》
1 《巡礼者アシュリング/Ashling the Pilgrim》
1 《進歩の災い/Bane of Progress》
1 《遁走する蒸気族/Runaway Steam-Kin》
1 《雷族の呼び覚まし/Thunderkin Awakener》
1 《アルゴスの庇護者、ティタニア/Titania, Protector of Argoth》
1 《鋳塊かじり/Ingot Chewer》
1 《白熱の魂炊き/Incandescent Soulstoke》
1 《発現する浅瀬/Risen Reef》
1 《はびこる精霊/Overgrowth Elemental》
1 《ブライトハースの旗騎士/Brighthearth Banneret》
1 《ファーティリド/Fertilid》
1 《春の具象化/Embodiment of Spring》
1 《熟考漂い/Mulldrifter》
1 《煙束ね/Smokebraider》
1 《チャンドラの火炎猫/Chandra’s Embercat》
1 《忘れられた古霊/Forgotten Ancient》
1 《枝葉族のドルイド/Leafkin Druid》
1 《収穫の魂/Soul of the Harvest》
1 《炎族の先触れ/Flamekin Harbinger》
1 《溶解区のイグナス/Smelt-Ward Ignus》
1 《刺し猫/Stingmoggie》
1 《ムラーサの緑守り/Greenwarden of Murasa》
1 《乱動の精霊/Roil Elemental》
1 《海の神、タッサ/Thassa, God of the Sea》

【インスタント 3枚】
1 《マナ吸収/Mana Drain》
1 《否認/Negate》
1 《対抗呪文/Counterspell》

【ソーサリー 6枚】
1 《緑の太陽の頂点/Green Sun’s Zenith》
1 《耕作/Cultivate》
1 《木霊の手の内/Kodama’s Reach》
1 《自然の知識/Nature’s Lore》
1 《三顧の礼/Three Visits》
1 《新生化/Neoform》

【アーティファクト 11枚】
1 《通報の角笛/Herald’s Horn》
1 《魔力の墓所/Mana Crypt》
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1 《頭蓋骨絞め/Skullclamp》
1 《太陽の指輪/Sol Ring》
1 《速足のブーツ/Swiftfoot Boots》
1 《彩色の灯籠/Chromatic Lantern》
1 《連合の秘宝/Coalition Relic》
1 《ダークスティールの鋳塊/Darksteel Ingot》
1 《ファイレクシアの供犠台/Phyrexian Altar》
1 《狂気の祭壇/Altar of Dementia》

【エンチャント 10枚】
1 《精霊術の熟達/Elemental Mastery》
1 《ゼンディカーの乱動/Zendikar’s Roil》
1 《末裔の道/Descendants’ Path》
1 《同族の発見/Kindred Discovery》
1 《進化の飛躍/Evolutionary Leap》
1 《危険な進出/Perilous Forays》
1 《未来予知/Future Sight》
1 《シミックの隆盛/Simic Ascendancy》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《リスティックの研究/Rhystic Study》

【プレインズウォーカー 7枚】
1 《炎の侍祭、チャンドラ/Chandra, Acolyte of Flame》
1 《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
1 《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》
1 《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《ビビアン・リード/Vivien Reid》
1 《ダク・フェイデン/Dack Fayden》

【土地 35枚】
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《炎族の村/Flamekin Village》
《祖先の道/Path of Ancestry》
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower》
1 《真鍮の都/City of Brass》
1 《宝石の洞窟/Gemstone Caverns》
1 《家路/Homeward Path》
1 《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》
1 《マナの合流点/Mana Confluence》
1 《苔汁の橋/Mosswort Bridge》
1 《Taiga》
1 《Tropical Island》
1 《Volcanic Island》
1 《ヤヴィマヤのうろ穴/Yavimaya Hollow》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《統率の灯台/Command Beacon》
1 《無限地帯/Myriad Landscape》
1 《統率の塔/Command Tower》
8 《森/Forest》
4 《島/Island》
4 《山/Mountain》
1 《露天鉱床/Strip Mine》

本デッキの勝ち筋はこちら

マナ加速しつつ、《発現する浅瀬》を戦場に出す

緑が使えるので《自然の知識》《耕作》などの土地サーチもできる上、エレメンタルクリーチャーにもマナクリーチャーが多い。

マナクリーチャーエレメンタル

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

ただし、後続展開を考えると早めに《発現する浅瀬》を出したい。

本デッキでは、手札に無くても《炎族の先触れ》《緑の太陽の頂点》《新生化》でサーチ可能だぞ。

エレメンタルサーチ

エレメンタルを展開しつつ、手札と盤面を整えていく

《発現する浅瀬》さえ出せば、あとはエレメンタルを展開するだけで、手札と盤面は加速度的に整う。

MOオムナス後続展開

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

もし《発現する浅瀬》が除去されてしまっても、《通報の角笛》《同族の発見》《末裔の道》など後続展開を助ける部族カードがあるので、息切れしにくい。

部族後続展開カード

物量差で勝つか、《シミックの隆盛》で特殊勝利する

後半は+1/+1カウンターを乗せる機会が多いので、《シミックの隆盛》をもしもの時のため採用している。

シミックの隆盛

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

もっとも、ほとんどのパーマネントに干渉できる上、物量差をつけやすいため、大抵はビートダウンで勝利できる。

MOオムナス後半2

本デッキのキーカードはこちら

オムナス3キーカード

共通するのは、次の終了ステップに生け贄や追放するエレメンタル・クリーチャー・トークンを複数体生成すること。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

エレメンタルの頭数が増えるほど強力なカードが複数あるので、キーカードが機能しだすと勝利は近い。

なお、トークン追放では《怒りの座、オムナス》の誘発型能力が活かせないのと、失っても惜しくないので、追放前に生け贄に捧げる手段を多めに採用している。

エレメンタルトークン再利用

さいごに

ウィニー君
ウィニー君

『基本セット2020』の楔3色サイクルの中でも、強力な統率者だね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《乱動の座、オムナス》自身は、エレメンタル依存のETB能力と上陸+1/+1カウンター付与能力、前半には機能しない追加ドローと、一見心もとない。

それが、エレメンタル部族にするだけで全ての能力が噛み合ってしまうのが、恵まれているとしか言いようがない。

ウィニー君
ウィニー君

《天頂の探求者、カーリア》にも、これくらい噛み合いが欲しかった。

(ノД`)・゜・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました