いまさら聞けない『マッドネス』の話

墓を掻き回すもの戦略
ウィニー君
ウィニー君

『いまさら聞けないシリーズ』では、統率者戦で遭遇するキーワード能力・処理・ルールの内、ややこしいものをピックアップしていくよ。

スポンサーリンク

今回の話は『マッドネス』

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

『統率者2019』構築済みデッキ―残酷な憤怒―のメインキーワード能力なので、見かける機会も多いんじゃないかな。

エインジー・ファルケンラス

ウィニー君
ウィニー君

でも、通常セットでは2016年発売の『イニストラードを覆う影』ブロック以来登場していないから、最近マジック始めたプレイヤーは使ったことがない場合もあるんじゃない?

殺人衝動ゴシックホラーとマッドネス(狂気)の相性が良すぎ

ウィニー君
ウィニー君

とはいえ、捨てたときにマッドネスコストで唱えられる、ってだけ。

ややこしいかな~?

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

ざっくりと覚えるにはそれでOK。

でも、1つだけややこしい点がある。

それが以下の状況↓

インスタントタイミングのマッドネスで、クリーチャーやソーサリーが唱えられる

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

インスタントタイミングでディスカードした時に、

カード・タイプが

  • クリーチャー(《エインジーの荒廃者》など)
  • ソーサリー(《アヴァシンの裁き》など)

のマッドネスカードを唱えられるのはなぜ?

マッドネスのややこしい点

ウィニー君
ウィニー君

え“っ・・・、なんでだろう(;´・ω・)

ちゃんと考えたことなかった。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

じゃ、『マッドネス』の定義を見てみようか。

定義は以下の通り

マッドネス [コスト]/Madness [コスト]は以下の2つの能力からなる。

いずれかのプレイヤーが自分の手札からこのカードを捨てようとする場合、そのカードは捨てられるが、そのカードを墓地に置く代わりに追放する。(常在型能力)

このカードがこの方法で追放されたとき、そのオーナーは、マナ・コストではなく[コスト]を支払うことでこのカードを唱えてもよい。そうしない場合、そのプレイヤーはこのカードを自分の墓地に置く。(誘発型能力)

M:tG Wiki『マッドネス』

ウィニー君
ウィニー君

え!

そもそも2つの能力が混ざっているの!?

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

普段意識しないだろうけどな。

 

で、今回のややこしい点である、カード・タイプによらずインスタントタイミングで唱えられる状況は、誘発型能力が影響する。

 

この誘発型能力は『続唱』と一緒で、「呪文や能力の解決中に呪文を唱える」効果なんだ。

誘発型能力が解決中に呪文を唱えるよう指示しているルール(CR:608.2f)に従い、優先権やカード・タイプによる制約(自分のメイン・フェイズでスタックが空といった)とは関係なく唱えることができる。

さいごに

ウィニー君
ウィニー君

マッドネス持ちカードはマナがかかるとはいえ、普通に唱えるよりはマッドネスで唱えた方が、奇襲性があって有用だってことだね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

自ターン直前に《床下から》マッドネスで大量にゾンビ生成して、一気に蹂躙できると壮快だぞ(ゲス顔

床下から

戦略
スポンサーリンク
かざろふ伯爵をフォローする
スポンサーリンク
カジュアル統率者.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました