『エルドレインの王権』の統率者戦向け非統率者カード

めでたしめでたしニュース
スポンサーリンク

統率者戦向けカードを考察

ウィニー君
ウィニー君

『エルドレインの王権』の統率者候補はレビューしたね。

ところで、統率者には指定できないけど、デッキに採用したら面白そうなカードってある?

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

そうだな。

せっかくなので、各色から1枚ずつカジュアル統率者デッキ向けのカードを選んでみようか。

めでたしめでたし

本セットの特殊勝利条件カード。
統率者戦で狙う場合は、コントロール奪取系カードを使用しない限りは、5色統率者にしないとほぼ達成不可能。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

無理に特殊勝利を狙わなくても、ETB能力だけでもヘイトコントロールが出来て面白い。

ウィニー君
ウィニー君

5色統率者なら、色はクリア。

6種類のカード・タイプは、土地・エンチャントは自身を含めて戦場に絶対ある。

クリーチャー・アーティファクト・インスタント・ソーサリーは墓地に落ちてもOKだから、クリアしやすそう。

案外、一番大変なのはライフの維持かもね。

ヴァントレスのガーゴイル

青単色とは思えないほどマナレシオが良いクリーチャー。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

真価はマナ不要のタップ能力!

構えているだけで、対戦相手がチューターを使えなくなる。

カタカタ橋のトロール

元ネタは『三びきのやぎのがらがらどん』。

5マナ8/8『トランプル・速攻』とマナレシオが良く、ヤギ・クリーチャー・トークン(以下Yトークン)では抑えきれないため、戦闘誘発型能力のライフ回復・追加ドローを強制しやすい。

ウィニー君
ウィニー君

元ネタ遵守なら、Yトークンの3匹目は9/9くらいあっても良かったんじゃないかね~。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

対戦相手に、非力なYトークンを3体も押し付けられるのが最大のメリット!

《センギアの純血、カザロフ》《戦慄蒔き、グリズモルド》デッキで美味しくいただこう!

熱烈な勇者

2018年世界選手権王者ハビエル・ドミンゲスが描かれた、インビテーショナルカードみたいなカード。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

騎士かつ装備品なので、《Syr Gwyn, Hero of Ashvale》を統率者にしたデッキとの相性は抜群!

《Syr Gwyn, Hero of Ashvale》自身が6マナと重いので、《Syr Gwyn, Hero of Ashvale》が戦場に出る前に、仕事をしてくれる。

Syr Gwyn, Hero of Ashvale

ウィニー君
ウィニー君

1ターン目《熱烈な勇者》、

2ターン目《精霊信者の剣》⇒即装備⇒攻撃して土地サーチ、

3ターン目《火と氷の剣》⇒即装備⇒攻撃して土地サーチと追加1ドローとか出来たら、アドアドしいことこの上ない(;一_一)

熱烈な勇者と相性が良いカード

グレートヘンジ

パワーを一時的に上げるカードを使えば、3ターン目には出せてしまう。
これ自身がマナ加速になる上、+1/+1カウンターに追加ドローと大盤振る舞い。

ウィニー君
ウィニー君

《楽園党の議長、ゼガーナ》デッキにはピッタリだね!

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《太っ腹、グラングリー》より凶悪で、《ファイレクシアの供犠台》《森滅ぼしの最長老》との組み合わせで無限マナ+無限非クリーチャーパーマネント破壊+無限ドローなので、本サイトコンセプト的にはちょっと強力すぎかも!?

グレートヘンジの無限頑強

無色

石とぐろの海蛇

蛇部族デッキ待望の1枚!?

ウィニー君
ウィニー君

マナレシオ1で、『到達・トランプル・プロテクション(多色)が付くなんて破格!

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

ほぞなので《粗石の魔道士》《トレイリア西部》でサーチ可能!

フィニッシャーをサーチできるようになると考えると、かなり凶悪

(。-`ω-)

ほぞサーチ

多色

予言された壊滅

所謂スタックス系カード。
トークン系デッキにロケットスタートされてしまうと、そのプレイヤーを助けてしまう点に注意。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

今までのスタックス系カードと違い、自分には悪影響無く安心して使える(最悪、《予言された壊滅》自身を生け贄に捧げることになるため)

土地

アーデンベイル城

レア土地サイクルの白。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

サイクル中、統率者戦で最も使いやすいのは《アーデンベイル城》!

なぜかと言うと・・・

起動時に自身のタップを含むので+1マナ換算しないといけない。
それぞれの起動型能力を一覧にすると、
《アーデンベイル城》:5マナで1/1クリーチャー・トークン
《ヴァントレス城》 :5マナで占術2
《ロークスワイン城》:4マナで1枚ドロー+手札分ライフロス
《エンバレス城》  :4マナで自軍全体を+1/+0
《ギャレンブリグ城》:5マナでクリーチャー関連限定の緑6マナ

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

どれもマナ喰い虫なので、出来ればコントロールデッキでマナを構えつつ、自ターン直前に起動するような運用がしたい。

となると、《エンバレス城》《ギャレンブリグ城》は使いにくく、《ロークスワイン城》はライフロスが大きすぎる。

《ヴァントレス城》よりも効率が良いカードは、青には多々あるので、わざわざ採用の価値があるか疑問。

ウィニー君
ウィニー君

消去法で《アーデンベイル城》が一番使いやすいって訳だね。

さいごに

ウィニー君
ウィニー君

新しい統率者デッキを作る以外に、既存デッキの強化も捗るね

(*^▽^*)

ニュース 戦略
スポンサーリンク
かざろふ伯爵をフォローする
スポンサーリンク
カジュアル統率者.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました