統率者デッキ紹介《ウェザーライトの艦長、シッセイ》(伝説縛り)

ウェザーライトの艦長、シッセイ5色
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者はこちら

ウェザーライトの艦長、シッセイ

『モダンホライゾン』レア。

ウィニー君
ウィニー君

『モダンホライゾン』の統率者候補カードレビューはこちらの記事でまとめているよ。

ウルザやヨーグモスと同時にカード化されたウェザーライト・サーガのキャラクター。

ウィニー君
ウィニー君

とはいえ、本人はすでに《艦長シッセイ》としてカード化されていた上、セレズニアカラー最強の統率者。

今回のリメイクとの比較が気になるとこだね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

伝説に関する起動型能力という点では一緒だけど、

  • 起動にマナがかかる
  • サーチできるのがパワー未満のマナコスト

と制限がキツイ。

序盤~終盤まで放っておけない《艦長シッセイ》と比べると、だいぶ弱体化した感が否めない。

ウィニー君
ウィニー君

直接戦場に出せるのと、5色使えるのは強いけどね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

5色というのも良し悪しでね。

マナコストとパワー修正をクリアすれば、何でも伝説パーマネントをサーチできてしまうので、制限なしになってしまう。

ウィニー君
ウィニー君

カラーマーカー感が強いってことだね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

そこで、今回は《旧き道のニーキャ》理論でデッキを組んでみた。

ウィニー君
ウィニー君

!?

デッキ内容はこちら

カード名が黄色アンダーラインなのは、伝説カード。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
1 《ウェザーライトの艦長、シッセイ/Sisay, Weatherlight Captain》

【クリーチャー 37枚】
1 《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
1 《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
1 《セファリッドの女帝ラワン/Llawan, Cephalid Empress》
1 《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar》
1 《静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence》
1 《ドラゴン・エンジン、レイモス/Ramos, Dragon Engine》
1 《破滅の龍、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, the Ravager》
1 《アウグスティン四世大判事/Grand Arbiter Augustin IV》
1 《造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant》
1 《織り手のティムナ/Tymna the Weaver》
1 《アゾリウスの造反者、ラヴィニア/Lavinia, Azorius Renegade》
1 《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
1 《折れた刃、ギセラ/Gisela, the Broken Blade》
1 《飢餓の声、ヴォリンクレックス/Vorinclex, Voice of Hunger》
1 《消えゆく光、ブルーナ/Bruna, the Fading Light》
1 《海の神、タッサ/Thassa, God of the Sea》
1 《奪い取り屋、サーダ・アデール/Thada Adel, Acquisitor》
1 《ピーマの改革派、リシュカー/Rishkar, Peema Renegade》
1 《潜伏工作員、ザンチャ/Xantcha, Sleeper Agent》
1 《キイェルドーの背信者、ヴァーチャイルド/Varchild, Betrayer of Kjeldor》
1 《祖神の使徒、テシャール/Teshar, Ancestor’s Apostle》
1 《トリトンの英雄、トラシオス/Thrasios, Triton Hero》
1 《ギトゥのジョイラ/Jhoira of the Ghitu》
1 《アルガイヴ国家執事、ベイルド/Baird, Steward of Argive》
1 《スカラベの神/The Scarab God》
1 《嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms》
1 《水底のドルイド、タトヨヴァ/Tatyova, Benthic Druid》
1 《虐殺少女/Massacre Girl》
1 《囁く者、シェオルドレッド/Sheoldred, Whispering One》
1 《空想小僧、ピール/Pir, Imaginative Rascal》
1 《空想の友人、トゥーシー/Toothy, Imaginary Friend》
1 《上位の狐、呪之尾/Rune-Tail, Kitsune Ascendant》
1 《永遠王、ブレイゴ/Brago, King Eternal》
1 《サッフィー・エリクスドッター/Saffi Eriksdotter》
1 《まどろむ島、アリクスメテス/Arixmethes, Slumbering Isle》
1 《女帝ガリーナ/Empress Galina》
1 《川の殺し屋、シグ/Sygg, River Cutthroat》

【インスタント 0マナ】
なし

【ソーサリー 0マナ】
なし

【アーティファクト 6枚】
1 《ウェザーライト/Weatherlight》
1 《不滅の太陽/The Immortal Sun》
1 《ボーラスの城塞/Bolas’s Citadel》
1 《アゾールの門口/Azor’s Gateway》
1 《精霊信者の剣/Sword of the Animist》
1 《再鍛の黒き剣/Blackblade Reforged》

【エンチャント 9枚】
1 《リリアナの誓い/Oath of Liliana》
1 《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
1 《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
1 《テフェリーの誓い/Oath of Teferi》
1 《ジェイスの誓い/Oath of Jace》
1 《永遠への旅/Journey to Eternity》
1 《ヴァンスの爆破砲/Vance’s Blasting Cannons》
1 《アジャニの誓い/Oath of Ajani》
1 《ボーラスの手中/In Bolas’s Clutches》

【プレインズウォーカー 12枚】
1 《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》
1 《夢を引き裂く者、アショク/Ashiok, Dream Render》
1 《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
1 《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
1 《ダク・フェイデン/Dack Fayden》
1 《運命を変える者、アミナトゥ/Aminatou, the Fateshifter》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1 《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1 《ウィンドグレイス卿/Lord Windgrace》
1 《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler》
1 《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》
1 《野生造り、ジアン・ヤングー/Jiang Yanggu, Wildcrafter》

【土地】
1 《宝石の洞窟/Gemstone Caverns》
1 《発明博覧会/Inventors’ Fair》
1 《カー砦/Kher Keep》
1 《ファイレクシアの塔/Phyrexian Tower》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
1 《Bayou》
1 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower》
1 《Badlands》
1 《大瀑布/Cascading Cataracts》
1 《真鍮の都/City of Brass》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《家路/Homeward Path》
1 《マナの合流点/Mana Confluence》
1 《Plateau》
1 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《Savannah》
1 《Scrubland》
1 《Taiga》
1 《Tropical Island》
1 《Tundra》
1 《Underground Sea》
1 《Volcanic Island》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers》
1 《クローサの境界/Krosan Verge》
1 《統率の塔/Command Tower》
1 《島/Island》
1 《山/Mountain》
1 《平地/Plains》
1 《沼/Swamp》
1 《森/Forest》

ウィニー君
ウィニー君

や~、伝説が多い・・・

って、採用カードが全てパーマネントな上に、土地以外のパーマネントが全部伝説!?

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

これぞ《旧き道のニーキャ》理論!

・・・まぁ、《旧き道のニーキャ》は唱えられないという制限があるからクリーチャーだけ採用したのに対し、《ウェザーライトの艦長、シッセイ》は何でも採用できるという状況に制限を加えたかったというのが本音だけどな。

このデッキの勝ち筋は以下の通り

低コストのカードを展開し、じわじわとアドを稼ぐ

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

土地以外の非伝説カードを採用しなかったせいで、定番の《魔力の墓所》《太陽の指輪》《極楽鳥》などの優秀なマナ加速がことごとく使えない。

ウィニー君
ウィニー君

何やってるんですか(;一_一)

そこで、1~2マナ域のカードを展開し、じわじわとアドを稼いでいく。

MOシッセイ序盤
アドの稼ぎ方は、マナ加速・ドローのほか、多種多様なヘイトベアーでアド差を広げる方法を取る。

ピーマの改革派、リシュカーほか

《ウェザーライトの艦長、シッセイ》を戦場に出し、対戦相手にプレッシャーをかける

MOシッセイ出す

ターンが帰ってきて《ウェザーライトの艦長、シッセイ》の起動型能力を使えるようになれば嬉しいけど、《ウェザーライトの艦長、シッセイ》自身は除去耐性が皆無。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

そのため、全体除去を誘うエサとして出すことも。

ウィニー君
ウィニー君

鬼~!(;一_一)

誰かが全体除去をした隙に、プレインズウォーカーを展開する

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

土地以外で《ウェザーライトの艦長、シッセイ》が引っ張ってこれないカードを採用しなかったせいで、全体除去は《虐殺少女》しかない。

虐殺少女

ウィニー君
ウィニー君

何やってるんですか(;一_一)

ただ、こちらが積極的に展開するため、誰かが全体除去を撃ちがち。
その隙に、プレインズウォーカーを展開し、再展開を優位に持っていく。

MOシッセイPW展開

プレインズウォーカーのほか、神部族も展開し、挽回しにくい場を作る

MOシッセイ神

神部族カードは、破壊不能や手札に戻る効果など、とにかく場持ちが良い。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

とはいえ、使い勝手の良い悪いはあるので、単体でも十分機能する神だけ採用している。

本デッキのキーカードはこちら

ガドック・ティーグ
『ローウィン』初出レア。ヘイトベアーの代名詞。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《ウェザーライトの艦長、シッセイ》の起動型能力は、唱えないで直接戦場に出すため、《ガドック・ティーグ》の影響を受けず相性が良い。

ウィニー君
ウィニー君

手札に来てしまった4マナ以上の非クリーチャーカードは無駄にならない?

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

それも《アゾールの門口》で追放したり《運命を変える者、アミナトゥ》でライブラリトップに戻したりできるので、問題ない。

アゾールの門口ほか

さいごに

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

起動にマナがかかるとはいえ、インスタントタイミングで戦場に出せるのは《艦長シッセイ》にはない大きなメリット。
ETB能力や常在型能力で対戦相手の計算を狂わせることができる。

ETBや常在型カード

ウィニー君
ウィニー君

マナ加速できない不器用なデッキかと思ったら、意外と器用なんだね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

昨今の統率者戦人気もあって、毎セット伝説カードが収録されるから、デッキの拡張はしやすいぞ。

ウィニー君
ウィニー君

『基本セット2020』も楽しみだね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました