カジュアル統率者目線から見た『統率者2020』

ジリーナ・クードロニュース
スポンサーリンク

『統率者2020』プレビュー開始!

今までの『統率者』シリーズは通常セットとは独立して発売していたけど、今回初めて『イコリア:巨獣の棲処』の世界観に基づいた5つの統率者が登場!

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

とは言え、マジック自体新規のプレイヤーが混乱すること必至。

ウィニー君
ウィニー君

スタンダードで『統率者2020』のカード使えると思っちゃうよね

(;一_一)

なので、プレビュー記事を分けて紹介します。

ウィニー君
ウィニー君

内容詳細はこれからだけど、メイン統率者をまずはプレビュー!

無慈悲な連隊

無慈悲な連隊

マルドゥ(赤白黒)カラーの構築済みデッキ。
《ジリーナ・クードロ》がメイン統率者。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

イコリア世界で怪獣と相対する人間をテーマにしたカードだな。

ウィニー君
ウィニー君

ETB能力は『統率者2018』の嵐サイクルと似ているね。

統率者2018嵐サイクル(マルドゥカラー)

秘儀の大渦

秘儀の大渦

ティムール(緑青赤)カラー構築済みデッキ。
《嵐呼びのカラマックス》がメイン統率者。

このカラーにしては珍しく、クリーチャーではなくインスタントをテーマにした誘発型能力を持つ。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

タップしていないと誘発しないので、攻撃する他、

タップ・アウトレットと併用するのがベター。

共生体の群れ

共生体の群れ

アブザン(白黒緑)カラーの構築済みデッキ。
《様相ねじり、カスリル》がメイン統率者。

今回初登場のキーワード・カウンターをテーマにしたETB能力を持つ。

『飛行、先制攻撃、二段攻撃、接死、呪禁、破壊不能、絆魂、威迫、到達、トランプル、警戒』と11個のキーワード・カウンターを一度に置けるので、最大11個の+1/+1カウンターを一度に《様相ねじり、カスリル》に置ける。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

このタイプの能力持ちカードは、

パワー/タフネスが不変だったり、

元となるカードを追放することが多かった。

一方、《様相ねじり、カスリル》は+1/+1カウンターで強化される上、元となるカードを参照するだけでリソースを失わないので、大幅にパワーアップしたといえる。

ラヤミと魂剥ぎ

時を越えた知恵

時を越えた知恵

ジェスカイ(青赤白)カラーの構築済みデッキ。
《巣守り、ガヴィ》がメイン統率者。

本セットで再登場の『サイクリング』をテーマにした常在型能力を持つ。

ウィニー君
ウィニー君

0はアカン。

特にジェスカイカラーはアカン!

滅殺の命令
0マナ1ドロー
インスタントタイミング
カウンターしにくいゲドンは詐欺!

『サイクリング』をテーマにした5色統率者は本サイトで紹介している。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《巣守り、ガヴィ》を入れても面白いな。

強化された進化

強化された進化

スゥルタイ(黒緑青)カラーの構築済みデッキ。
《永遠の陽気もの、オツリーミ》がメイン統率者。

本セットの新キーワードである『変容』をテーマにしたカード。

ウィニー君
ウィニー君

サボタージュ能力で墓地回収が出来るので、『変容』持ちカードばかり入れるのが楽しそう♪

統率者候補の新カードを色別にプレビュー

しようと思ったんだけど、なんと『バトルボンド』で登場した『~との共闘』能力を持つ新規伝説クリーチャーが登場!

ウィニー君
ウィニー君

なので、色別の前に『~との共闘』コンビを紹介!

『~との共闘』コンビ

この2体を統率者指定した場合、固有色はマルドゥ(赤白黒)カラーとなる。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《自由の勇者、トリン》の生成したトークンで《自由を貪るもの、シルヴァー》を強化できる。

が、《自由の勇者、トリン》のトークン生成能力が自ターン終了時に1体と性能が低く、単体では心細い。

ウィニー君
ウィニー君

人間部族デッキなら良さそうだけど、相変わらず白赤絡みの伝説クリーチャーのカードパワー低い・・・


この2体を統率者指定した場合、固有色はアブザン(白黒緑)カラーとなる。

《巣穴あさり、ニカーラ》はあらゆるカウンターを参照できる一方、カウンターが何個乗っていても1枚ドロー・1点ライフルーズな点に注意。

《物あさりの見張り役、ヤーンニック》はボードアドバンテージを失うけど、+1/+1カウンターをばらまけるのは強力。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

一時的なパワー強化したクリーチャーを追放するも良し、ETB能力持ちクリーチャーを追放して除去を躊躇させるも良し。

使い勝手が良い『共闘』コンビだ。


熱心な秘儀術師、ハルダンと秘儀を運ぶもの、パコ

この2体を統率者指定した場合、固有色はティムール(緑青赤)カラーとなる。

《熱心な秘儀術師、ハルダン》が極端に《秘儀を運ぶもの、パコ》に依存している点に注意。

《秘儀を運ぶもの、パコ》で中盤までアグレッシブに攻めて、取得カウンターが乗った非クリーチャーカードが豊富になった後半に《熱心な秘儀術師、ハルダン》を出して蓋をするプレイングとなる。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《秘儀を運ぶもの、パコ》は誘発ごとにプレイヤー数分サイズアップする上、《熱心な秘儀術師、ハルダン》は『プレイしてもよい』なので土地もプレイできるのが便利。

ウィニー君
ウィニー君

対戦相手のデッキ内容に依存する分、毎回異なる展開が楽しめるね♪


この2体を統率者指定した場合、固有色はスゥルタイ(黒緑青)カラーとなる。

防御ががら空きの対戦相手が1人でもいれば《無情な追跡者、カズル》で自軍全体強化できる。

全体除去しようにも、ライフが低いプレイヤーにとって強化された《追跡する影、ウキーマ》は驚異となる。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

ただし、《無情な追跡者、カズル》《追跡する影、ウキーマ》2枚ではライフアドバンテージしか得られないため、アドバンテージ手段はデッキにしっかり入れる必要がある。

ウィニー君
ウィニー君

統率者最強色だからアドの心配はいらないだろうけどね( ̄▽ ̄)


この2体を統率者指定した場合、固有色はジェスカイ(青赤白)カラーとなる。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

誘発型能力は強力だけど、《空鮫の乗り手、ブラーリン》《空鮫、シャーブラズ》自身にルーター能力がないため、デッキ構築の段階で大量に採用したい。

ウィニー君
ウィニー君

ルーター能力に注目したこちらの統率者デッキも参考にしてね。

『~との共闘』コンビを統率者指定すべきか?

『~との共闘』コンビを統率者指定してしまうと、お互いをサーチするETB能力部分が無駄になる。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

ETB能力含めてのカードパワー設定が気になるので、個人的には『~との共闘』コンビを統率者指定するよりは、キーカードに使用するほうが好み。

ウィニー君
ウィニー君

でも、今回の『~との共闘』コンビは一味違うかも!

構築意欲が湧いてきた~!!

多色

色拘束は厳しい以外は《易者の霊》の上位互換。

ウィニー君
ウィニー君

全員にメリットを与えるわけではないので、ヘイトコントロールに注意!


マナ・クリーチャーとして優秀なので序盤に出したいが、色拘束が強いのが難点。

ウィニー君
ウィニー君

X呪文を大量に入れてブッパしたい豪快なプレイヤー向け!

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

ハイドラ部族デッキに寄せるならこちらも参考にしてくれ。


かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

マナ・コストが3以下ならカードタイプを問わず戦場に戻せるのが強力!

ウィニー君
ウィニー君

マイナス効果のカウンターを除けば、アドも失わないね。


クリーチャー・トークンのロード的存在。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

起動型能力は強力だけど、クリーチャー・トークンは大抵パワーが低いので、二段攻撃を活かすにはパワー強化手段が別に必要な点に注意。


『統率者2015』の5体の伝説クリーチャーサイクル以来の、経験カウンターを使用する伝説クリーチャー。

統率者2015経験カウンターサイクル
ウィニー君
ウィニー君

固有色が合う《蘇りしダクソス》《イロアスの信奉者、カレムネ》を併用できるね。

強いかどうかは別として。

日本での発売日は4月17日(金)!

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

『イコリア:巨獣の棲処』の発売日2020年4月17日(金)と同時期リリース予定だ。

ウィニー君
ウィニー君

もう予約した?

さいごに

ウィニー君
ウィニー君

フルスポイラーまで更新するよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました