統率者デッキ紹介《炎矢師、ハラー》

Hallarグルール(赤緑)
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者はこちら

Hallar
『ドミナリア』収録。マナレシオは1で及第点、かつプラス能力が2つある。

ウィニー君
ウィニー君

アンコモンの伝説クリーチャーって珍しいね。
キッカー呪文を大量に採用するの?

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

いや、キッカー呪文はマナ喰い虫で効率が悪いので、採用枚数はほどほどにしてある。詳細は勝ち筋を見てくれ。

デッキ内容はこちら

カード名が黄色アンダーラインは、キッカー呪文。

カード名が赤色アンダーラインは、キッカー呪文ではなく、ハラーに+1/+1カウンターを乗せることが可能なカード。

カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者  1枚】
1 《炎矢師、ハラー/ Hallar, the Firefletcher》

【クリーチャー 13枚】
1 《ゴブリンの廃墟飛ばし/ Goblin Ruinblaster》
1 《縄張り持ちのアロサウルス/ Territorial Allosaurus》
1 《刃の翼ヴェリックス/ Verix Bladewing》
1 《カビのシャンブラー/ Mold Shambler》
1 《オラン=リーフの出家蜘蛛/ Oran-Rief Recluse》
1 《シタヌールの樹木読み/ Citanul Woodreaders》
1 《狼茨の精霊/ Wolfbriar Elemental》
1 《活力/ Vigor》
1 《新緑の機械巨人/ Verdurous Gearhulk》
1 《カロニアのハイドラ/ Kalonian Hydra》
1 《忘れられた古霊/ Forgotten Ancient》
1 《ピーマの改革派、リシュカー/ Rishkar, Peema Renegade》
1 《永遠の証人/ Eternal Witness》

【インスタント 7枚】
1 《噴出の稲妻/ Burst Lightning》
1 《巨森の蔦/ Vines of Vastwood》
1 《タジュールの力/ Strength of the Tajuru》
1 《彗星の嵐/ Comet Storm》
1 《古えの遺恨/ Ancient Grudge》

1 《英雄的介入/ Heroic Intervention》
1 《内にいる獣/ Beast Within》

【ソーサリー 17枚】
1 《デアリガズの息/ Breath of Darigaaz》
1 《溶鉄の災難/ Molten Disaster》
1 《原初の成長/ Primal Growth》
1 《梢のうねり/ Canopy Surge》
1 《灰からの成長/ Grow from the Ashes》
1 《高まる残虐性/ Increasing Savagery》
1 《三顧の礼/ Three Visits》

1 《自然の知識/ Nature’s Lore》
1 《耕作/ Cultivate》
1 《木霊の手の内/ Kodama’s Reach》
1 《調和/ Harmonize》
1 《Wheel of Fortune》
1 《絶滅の星/ Star of Extinction》
1 《信仰無き物あさり/ Faithless Looting》
1 《リシュカーの巧技/ Rishkar’s Expertise》
1 《汚損破/ Vandalblast》
1 《冒涜の行動/ Blasphemous Act》

【アーティファクト 14枚】
1 《永遠溢れの杯/ Everflowing Chalice》
1 《思考の器/ Thought Vessel》
1 《ナイレアの弓/ Bow of Nylea》
1 《速足のブーツ/Swiftfoot Boots》
1 《連合の秘宝/ Coalition Relic》
1 《彩色の灯籠/ Chromatic Lantern》
1 《金粉の水蓮/ Gilded Lotus》
1 《魔力の墓所/ Mana Crypt》
1 《ダークスティールの鋳塊/ Darksteel Ingot》
1 《太陽の指輪/ Sol Ring》
1 《モックス・ダイアモンド/ Mox Diamond》
1 《グルールの印鑑/ Gruul Signet》
1 《精神石/Mind Stone》
1 《スランの発電機/ Thran Dynamo》

【エンチャント 7枚】
1 《原始の報奨/ Primeval Bounty》
1 《硬化した鱗/ Hardened Scales》
1 《進化増大/ Evolutionary Escalation》
1 《苦行主義/ Asceticism》

1 《双子神の指図/ Dictate of the Twin Gods》
1 《森の知恵/ Sylvan Library》
1 《ゼンディカーの復興者/ Zendikar Resurgent》

【プレインズウォーカー 5枚】
1 《原初の狩人、ガラク/ Garruk, Primal Hunter》
1 《ヤヤ・バラード/Jaya Ballard》
1 《生命の力、ニッサ/ Nissa, Vital Force》
1 《ラノワールの憤激、フレイアリーズ/ Freyalise, Llanowar’s Fury》
1 《野生語りのガラク/ Garruk Wildspeaker》

【土地 36枚】
1 《古えの墳墓/ Ancient Tomb》
1 《Thawing Glaciers》
1 《血染めのぬかるみ/ Bloodstained Mire》
1 《統率の塔/ Command Tower》
1 《ラノワールの再生地/ Llanowar Reborn》
1 《真鍮の都/ City of Brass》
1 《燃えがらの林間地/ Cinder Glade》
1 《魂の洞窟/ Cavern of Souls》
1 《マナの合流点/ Mana Confluence》
1 《苔汁の橋/ Mosswort Bridge》
1 《巨森、オラン=リーフ/ Oran-Rief, the Vastwood》
1 《踏み鳴らされる地/ Stomping Ground》
1 《Taiga》
1 《樹木茂る山麓/ Wooded Foothills》
1 《吹きさらしの荒野/ Windswept Heath》
1 《ヤヴィマヤのうろ穴/ Yavimaya Hollow》
1 《隠れた茂み/ Sheltered Thicket》
1 《屍肉あさりの地/ Scavenger Grounds》
1 《奔放の神殿/ Temple of Abandon》
1 《無限地帯/ Myriad Landscape》
1 《ヴェズーヴァ/ Vesuva》
1 《聖遺の塔/ Reliquary Tower》
3 《山/Mountain》
11 《森/Forest》

このデッキの勝ち筋

《炎矢師、ハラー》を戦場に出す。

《炎矢師、ハラー》自体は3マナのため、一度や二度倒されても再キャストは容易。

ただし、+1/+1カウンターが大量に乗っていない状態では意味がないため、倒されない工夫が必要。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

今回は、《速足のブーツ》《苦行主義》《ヤヴィマヤのうろ穴》などの防御手段を用意している。

protection

キッカー以外の方法で、《炎矢師、ハラー》に+1/+1カウンターを大量に乗せる。

《炎矢師、ハラー》に+1/+1カウンターを乗せられるカードを大量に採用している。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

+1/+1カウンターを10個以上乗せるまで、キッカー呪文は温存しておきたい。

キッカー呪文を数回唱え、各対戦相手を一度に倒す。

キッカー呪文はマナがかかりすぎてテンポが悪くなるため、とどめに数回唱えるだけで済むようにしたい。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

勝ち筋とは別にマナ加速呪文が多めにあるのも、キッカー呪文を1ターンで複数唱えたいため。

無限ライフ等で倒しきれないプレイヤーは、統率者ダメージで倒す。

10個以上+1/+1カウンターを乗せてもせいぜい数十ダメージしか飛ばせない為、統率者ダメージ21点以上を狙いにいく。

ウィニー君
ウィニー君

元のサイズが小さいからか、トランプルを忘れるプレイヤーは多く、意外に統率者ダメージ21点でも倒せるよ。

本デッキのキーカード

Primeval Bounty
『基本セット2014』収録の神話レア。
クリーチャー数が増えることもライフが得られることも有難いけど、本デッキのキーカードたる所以は、全ての非クリーチャー呪文で+1/+1カウンターが3個も置けるようになること。
あっという間に《炎矢師、ハラー》の上に10個以上カウンターを乗せられる。

Hallar replay

今後の拡張性

+1/+1カウンターは様々な能力と相性が良い。

また、キッカーもストーム値が4であり、今後も収録される可能性はある。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

キッカーはともかく+1/+1カウンターに関する拡張性は高いので、新セットが出るたび楽しめるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました