統率者デッキ紹介《回収の接合者、イチ=テキク》《登る建築家、レベック》(ゴーレム部族)

セレズニア(緑白)
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者はこちら

『統率者レジェンズ』収録の、アーティファクトテーマであるアンコモン伝説クリーチャーサイクルの2枚。

ウィニー君
ウィニー君

『統率者レジェンズ』の統率者候補カードレビューはこちらの記事でまとめているよ

今回のデッキのメイン統率者は《回収の接合者、イチ=テキク》!

ウィニー君
ウィニー君

『新たなるファイレクシア』の接合者サイクルの最新作だから、ゴーレム部族デッキ?

かざろふ伯
かざろふ伯

半分正解!

ゴーレム部族ではあるけど、ゴーレム・クリーチャーはあまり採用しない。
その代わり、キーカードを使い倒すデッキ構築にしてみた

デッキ内容はこちら

カード名後ろにがあるのは、ゴーレム関連カード。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 2枚】
1 《回収の接合者、イチ=テキク/Ich-Tekik, Salvage Splicer》
1 《登る建築家、レベック/Rebbec, Architect of Ascension》

【クリーチャー 12枚】
1 《先駆のゴーレム/Precursor Golem》
1 《黄金の守護者/Golden Guardian》
1 《吠えたけるゴーレム/Howling Golem》
1 《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》
1 《晶洞ゴーレム/Geode Golem》
1 《生命の接合者/Vital Splicer》
1 《刃の接合者/Blade Splicer》
1 《練達の接合者/Master Splicer》
1 《永遠の証人/Eternal Witness》
1 《ニクス咲きの古きもの/Nyxbloom Ancient》
1 《秘密を知るもの、トスキ/Toski, Bearer of Secrets》
1 《不屈の追跡者/Tireless Tracker》

【インスタント 15枚】
1 《不断の霞/Constant Mists》
1 《芽吹くツタ/Sprouting Vines》
1 《嵐の乗り切り/Weather the Storm》
1 《大量の芽吹き/Sprout Swarm》
1 《翼の破片/Wing Shards》
1 《鋼の霊体/Astral Steel》
1 《有毒の蘇生/Noxious Revival》
1 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》
1 《天使の嗜み/Angel’s Grace》
1 《召喚士の契約/Summoner’s Pact》
1 《テフェリーの防御/Teferi’s Protection》
1 《鼓舞する呼び声/Inspiring Call》
1 《虹色の断片/Prismatic Strands》
1 《無傷の発現/Emerge Unscathed》
1 《流刑への道/Path to Exile》

【ソーサリー 16枚】
1 《接合者の技法/Splicer’s Skill》
1 《狩り立てる群れ/Hunting Pack》
1 《起源の嵐/Genesis Storm》
1 《浄火の嵐/Empyrial Storm》
1 《新たな芽吹き/Regrowth》
1 《バーラ・ゲドの復活/Bala Ged Recovery》
1 《境界なき領土/Boundless Realms》
1 《耕作/Cultivate》
1 《三顧の礼/Three Visits》
1 《辺境地横断/Traverse the Outlands》
1 《木霊の手の内/Kodama’s Reach》
1 《自然の知識/Nature’s Lore》
1 《セヴィンの再利用/Sevinne’s Reclamation》
1 《スラムの巧技/Sram’s Expertise》
1 《リシュカーの巧技/Rishkar’s Expertise》
1 《調和/Harmonize》

【アーティファクト 10枚】
1 《旗印/Coat of Arms》
1 《魔力の墓所/Mana Crypt》
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1 《太陽の指輪/Sol Ring》
1 《原初の呪物/Primal Amulet》
1 《不滅の太陽/The Immortal Sun》
1 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
1 《精神石/Mind Stone》
1 《タミヨウの日誌/Tamiyo’s Journal》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》

【エンチャント 8枚】
1 《土地税/Land Tax》
1 《ミラーリの目覚め/Mirari’s Wake》
1 《マナの反射/Mana Reflection》
1 《ゼンディカーの復興者/Zendikar Resurgent》
1 《苦行主義/Asceticism》
1 《殉教者の結合/Martyr’s Bond》
1 《息詰まる徴税/Smothering Tithe》
1 《森の知恵/Sylvan Library》

【プレインズウォーカー 2枚】
1 《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》
1 《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter》

【土地 35枚】
1 《Mishra’s Workshop》
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower》
1 《宝石の洞窟/Gemstone Caverns》
1 《発明博覧会/Inventors’ Fair》
1 《苔汁の橋/Mosswort Bridge》
1 《Savannah》
1 《寺院の庭/Temple Garden》
1 《風立ての高地/Windbrisk Heights》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《ヤヴィマヤのうろ穴/Yavimaya Hollow》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《統率の灯台/Command Beacon》
1 《クローサの境界/Krosan Verge》
1 《無限地帯/Myriad Landscape》
1 《統率の塔/Command Tower》
9 《平地/Plains》
11 《森/Forest》

本デッキの勝ち筋はこちら

マナ加速する

ウィニー君
ウィニー君

身もふたもない(;一_一)

かざろふ伯
かざろふ伯

今回のキーカードがマナ喰い虫なんだ。

土地サーチやマナ倍加エンチャント、宝物トークンを駆使して、誰よりもマナ基盤を整えたい

キーカードを活用し、ゴーレム・クリーチャー・トークンを大量生成する

かざろふ伯
かざろふ伯

キーカードについては後述

《登る建築家、レベック》でプロテクション付与したゴーレムの大群で40点ダメージを狙う!

プロテクション(マナ・コスト0,2,4,5,6)!※呪禁は別カードで付与
ウィニー君
ウィニー君

《登る建築家、レベック》がカラーマーカーかと思ったら、ここで使うんだね!

かざろふ伯
かざろふ伯

《登る建築家、レベック》のプロテクション付与能力は結構強力で、終盤なら大抵複数のマナ・コストに対するプロテクションを得られる。

ゴーレム・クリーチャーは、ほぼアンブロッカブルになるぞ!

本デッキのキーカードはこちら

『モダンホライゾン』収録アンコモン。
連繋(インスタントかソーサリー)が最大の特徴!

ウィニー君
ウィニー君

連携?何それ?

かざろふ伯
かざろふ伯

スタンダードやパイオニアプレイヤーだとそうなるよな(;一_一)

連携は神河ブロックで登場したキーワード能力で、指定された性質の呪文に、連繋を持つ呪文の能力を加えられる。

神河ブロックでは、指定された性質の呪文は秘儀しかなく、カード・タイプもインスタントしかなかった。

ウィニー君
ウィニー君

秘儀は神河ブロックだけだから、新セット出ても強化できないじゃん( ˘•ω•˘ )

かざろふ伯
かざろふ伯

そんな悪条件でも、統率者戦では《面晶体の掘削者、ザダ》デッキで見かけることがあるぞ

0ダメージの《霜剣山の逆落とし》に《捨て身の儀式》を連携させ、《面晶体の掘削者、ザダ》を対象に撃つことで、クリーチャー数×3の赤マナを得られる!
ウィニー君
ウィニー君

んん!?

連繋された呪文をコピーしたら、コピーも連繋の効果持つの!?

かざろふ伯
かざろふ伯

その通り!

連繋された呪文がコピーされる場合、コピー可能な値として、連繋によって追加されたルール文章もコピーされる。

さらに、インスタントに連携すれば、インスタントタイミングで《接合者の技法》の効果を得られるぞ!

つまり、ストームを持つインスタントに《接合者の技法》を連携すると・・・!?

さいごに

縦展開も狙える!

本デッキは基本的に横展開するトークン系デッキだけど、想像以上にクリーチャーがサイズアップしやすく、縦展開も狙える。

ウィニー君
ウィニー君

《回収の接合者、イチ=テキク》の誘発条件が、全プレイヤーのアーティファクトが墓地に落ちた時だから、宝物トークンで頻繁に誘発するもんね!

アーティファクト全体除去に《回収の接合者、イチ=テキク》自身が引っ掛からないのも重要。

ゴーレムが死滅しても、巨大な《回収の接合者、イチ=テキク》が残る。

ウィニー君
ウィニー君

5マナ1/1の見た目に反して、統率者ダメージ21点も狙えるね!

本デッキの弱点

セレズニアカラーなので、キーカードの《接合者の技法》をサーチする手段がない。

かざろふ伯
かざろふ伯

《タミヨウの日誌》の起動型能力でサーチできるが、それよりは追加ドローで引いた方が早いかも

コメント

タイトルとURLをコピーしました