統率者デッキ紹介《路上芸術家、エラント》

デッキ紹介
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者

ウィニー君
ウィニー君

『ニューカペナの街角』の統率者候補カードレビューはこちらの記事でまとめているよ

貴重な1マナの伝説クリーチャー。

あなたがコントロールしていて唱えられていない呪文という禅問答みたいな文章だが、何のことはない呪文のコピーのこと。

『ニューカペナの街角』の犠牲を想定した起動型能力とはいえ、肝心の青単犠牲呪文が統率者戦で大して強くない。なので、今回は犠牲呪文を採用しない。

ウィニー君
ウィニー君

青単でコピーって、つい最近構築したような…?

かざろふ伯
かざろふ伯

《発展の暴君、ジン=ギタクシアス》だな。

今回は《発展の暴君、ジン=ギタクシアス》デッキから作成開始した

ただし、《路上芸術家、エラント》は《発展の暴君、ジン=ギタクシアス》と異なりアーティファクトコピーがしにくい。

アーティファクト要素を減らし、純粋に呪文コピーを生成しやすいカードを増やしてみた。

デッキ内容

カード名後ろにがあるのは、呪文のコピーを生成するカード。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
1 《路上芸術家、エラント/Errant, Street Artist》

【クリーチャー 10枚】
1 《さまようアルカイック/Wandering Archaic》
1 《発展の暴君、ジン=ギタクシアス/Jin-Gitaxias, Progress Tyrant》
1 《呪文滑り/Spellskite》
1 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1 《呪文探求者/Spellseeker》
1 《粗石の魔道士/Trinket Mage》
1 《戦利品の魔道士/Trophy Mage》
1 《大魔導師の名誉教授/Archmage Emeritus》
1 《フラクタルの理論家、ディーカ/Deekah, Fractal Theorist》
1 《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》

【インスタント 14枚】
1 《サイクロンの裂け目/Cyclonic Rift》
1 《転換/Turnabout》
1 《白鳥の歌/Swan Song》
1 《マナ吸収/Mana Drain》
1 《対抗呪文/Counterspell》
1 《否認/Negate》
1 《激情の後見/Fierce Guardianship》
1 《腹黒い意志/Insidious Will》
1 《突然の置換/Sudden Substitution》
1 《意志の力/Force of Will》
1 《神秘の教示者/Mystical Tutor》
1 《High Tide》
1 《急速混成/Rapid Hybridization》
1 《待機/Suspend》

【ソーサリー 10枚】
1 《永遠の統制/Eternal Dominion》
1 《精神の願望/Mind’s Desire》
1 《時間の亀裂/Temporal Fissure》
1 《涙の氾濫/Flood of Tears》
1 《召し上げ/Expropriate》
1 《祖先の幻視/Ancestral Vision》
1 《思案/Ponder》
1 《定業/Preordain》
1 《Timetwister》
1 《複製の儀式/Rite of Replication》

【アーティファクト 21枚】
1 《双晶の杖/Twinning Staff》
1 《原初の呪物/Primal Amulet》
1 《スランの経時門/Thran Temporal Gateway》
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1 《魔力の墓所/Mana Crypt》
1 《探検の地図/Expedition Map》
1 《魔力の櫃/Mana Vault》
1 《多用途の鍵/Manifold Key》
1 《太陽の指輪/Sol Ring》
1 《旅人のガラクタ/Wayfarer’s Bauble》
1 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
1 《魔学コンパス/Thaumatic Compass》
1 《精神石/Mind Stone》
1 《サファイアの大メダル/Sapphire Medallion》
1 《思考の器/Thought Vessel》
1 《連合の秘宝/Coalition Relic》
1 《真夜中の時計/Midnight Clock》
1 《スランの発電機/Thran Dynamo》
1 《金粉の水蓮/Gilded Lotus》
1 《魔力の篭手/Gauntlet of Power》
1 《かごの中の太陽/Caged Sun》

【エンチャント 8枚】
1 《大群の諜報/Swarm Intelligence》
1 《静寂の命令/Decree of Silence》
1 《意識の拡張/Mind’s Dilation》
1 《未来予知/Future Sight》
1 《不実/Treachery》
1 《プロパガンダ/Propaganda》
1 《リスティックの研究/Rhystic Study》
1 《機械医学的召喚/Metallurgic Summonings》

【プレインズウォーカー 1枚】
1 《時間の大魔道士、テフェリー/Teferi, Temporal Archmage》

【土地 35枚】
1 《鏡の池/Mirrorpool》
1 《Mishra’s Workshop》
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower》
1 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《ヴァントレス城/Castle Vantress》
1 《宝石の洞窟/Gemstone Caverns》
1 《家路/Homeward Path》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《無限地帯/Myriad Landscape》
1 《神秘の聖域/Mystic Sanctuary》
24 《島/Island》

本デッキの勝ち筋

マナ・アーティファクトでマナ加速する

《路上芸術家、エラント》は1マナと最軽量ながら、能力発揮のためにはコピー元呪文+呪文のコピー+1青と大量のマナが必要。

さらに《路上芸術家、エラント》自身は瞬速持ちなので、準備が整うまで戦場に出す必要はない。

かざろふ伯
かざろふ伯

マナ加速しつつ機を伺おう

機が熟したら自ターン直前に出そう

対戦相手のフィニッシャーを奪いアド差を稼ぐ

《永遠の統制》《召し上げ》《意識の拡張》など駆使し、対戦相手のフィニッシャーを奪う。

《発展の暴君、ジン=ギタクシアス》デッキ同様、自身のデッキ内に明確なフィニッシャーがないので、対戦相手のフィニッシャーで別の対戦相手を倒していく。

本デッキのキーカード

『霊気紛争』初出のアンコモン・クリーチャー。

《粗石の魔道士》の亜種で、マナ総量3のアーティファクトをサーチできる。

かざろふ伯
かざろふ伯

本デッキでは《双晶の杖》サーチのため採用しているが、《連合の秘宝》《真夜中の時計》もサーチ可能。

既に《双晶の杖》を入手済みでも、次ターンのマナ加速が確約されるのが心強い


《スランの経時門》は『ドミナリア』収録のレア・アーティファクト。
《静寂の命令》は『スカージ』の命令サイクルの青。
《永遠の統制》解決後、歴伝のデメリット能力により呪文を唱えられなくなることへの対応策。

特に《静寂の命令》は、サイクリング誘発型能力により、先出しできず歴伝の影響下であっても打ち消せる。

かざろふ伯
かざろふ伯

手札にある間に機能し唱えない能力は多々あるが、青単かつ普通に唱えても強いカードとなると少ない。

《永遠の統制》を使わずに勝利するゲームもあるので、歴伝対応策を過剰に採用する必要はないかな

さいごに

かざろふ伯
かざろふ伯

今回は《発展の暴君、ジン=ギタクシアス》デッキのマイナーチェンジとなった

7マナと激重ながら、マナ不要で除去耐性もコピー効果もある《発展の暴君、ジン=ギタクシアス》と比べると、1マナとは言え、コピーのために下準備もマナも必要な《路上芸術家、エラント》は正直使いにくい。

特に《永遠の統制》を唱える場合。

《発展の暴君、ジン=ギタクシアス》なら即座にコピーするので、次ターン以降何もせずとも歴伝が2回誘発する。

しかし《路上芸術家、エラント》は唱えた呪文をコピーできないため、次ターン以降、歴伝コピーを都度コピーする必要がある。

かざろふ伯
かざろふ伯

マナが余りがちとは言え、除去られると歴伝デメリット能力で再キャストできない。

最初からコピーできる《発展の暴君、ジン=ギタクシアス》の方が総合的に強いかなぁ

ウィニー君
ウィニー君

《路上芸術家、エラント》を統率者指定するより、《発展の暴君、ジン=ギタクシアス》デッキに《路上芸術家、エラント》を採用した方が《路上芸術家、エラント》がコピーする機会多いかもね(;一_一)ソレヲイッチャオシマイヨ

コメント

タイトルとURLをコピーしました