統率者デッキ紹介《ウィンドグレイス卿》

ウィンドグレイス卿ジャンド(黒赤緑)
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者はこちら

ウィンドグレイス卿

『統率者2018』収録。カードレビューは『12月5日からMOのトレジャーチェストに統率者2018の新カード完全収録!』でしているので是非こちらも読んでね。

ウィニー君
ウィニー君

プレインズウォーカーの統率者を紹介するのは初めてだね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

そうだな。プレインズウォーカーが統率者だと、統率者ダメージ21点を狙えないというデメリットがある。

・・・《アクロスの英雄、キテオン》とか反論するなよ。

キテオンとギデオン

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

逆にメリットとしては、クリーチャー全体除去を気にせず動ける。

ジャンドカラーは破壊・生け贄系の除去カードが豊富なので、マス・デストラクションと《ウィンドグレイス卿》の能力を活かせるよう上陸とセットにしたデッキ構築をしてみた。

デッキ内容はこちら

カード名が赤色アンダーラインなのは、破壊・生け贄系の除去カード。
カード名が黄色アンダーラインなのは、上陸等、土地に絡んだ能力を持つカード。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
1 《ウィンドグレイス卿/Lord Windgrace》

【クリーチャー 10枚】
1 《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》
1 《怒りの座、オムナス/Omnath, Locus of Rage》
1 《猛り狂うベイロス/Rampaging Baloths》
1 《巣ごもりドラゴン/Nesting Dragon》
1 《アルゴスの庇護者、ティタニア/Titania, Protector of Argoth》
1 《ラムナプの採掘者/Ramunap Excavator》
1 《地表形成師/World Shaper》
1 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
1 《変わり樹の蒔き手/Turntimber Sower》
1 《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》

【インスタント 5枚】
1 《輪作/Crop Rotation》
1 《砕土/Harrow》
1 《不断の霞/Constant Mists》
1 《ウィンドグレイスの裁き/Windgrace’s Judgment》
1 《吸血の教示者/Vampiric Tutor》

【ソーサリー 19枚】
1 《全ては塵/All Is Dust》
1 《汚損破/Vandalblast》
1 《硫酸の波/Wave of Vitriol》
1 《死の雲/Death Cloud》
1 《滅び/Damnation》
1 《苦痛の命令/Decree of Pain》
1 《冒涜の行動/Blasphemous Act》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》
1 《燎原の火/Wildfire》
1 《破壊的な力/Destructive Force》
1 《耕作/Cultivate》
1 《木霊の手の内/Kodama’s Reach》
1 《自然の知識/Nature’s Lore》
1 《三顧の礼/Three Visits》
1 《見事な再生/Splendid Reclamation》
1 《Demonic Tutor》
1 《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
1 《ヨーグモスの意志/Yawgmoth’s Will》
1 《Wheel of Fortune》

【アーティファクト 18枚】
1 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1 《Zuran Orb》
1 《金属モックス/Chrome Mox》
1 《魔力の墓所/Mana Crypt》
1 《探検の地図/Expedition Map》
1 《太陽の指輪/Sol Ring》
1 《旅人のガラクタ/Wayfarer’s Bauble》
1 《グルールの印鑑/Gruul Signet》
1 《ゴルガリの印鑑/Golgari Signet》
1 《ラクドスの印鑑/Rakdos Signet》
1 《精神石/Mind Stone》
1 《思考の器/Thought Vessel》
1 《彩色の灯籠/Chromatic Lantern》
1 《連合の秘宝/Coalition Relic》
1 《ダークスティールの鋳塊/Darksteel Ingot》
1 《スランの発電機/Thran Dynamo》
1 《金粉の水蓮/Gilded Lotus》

【エンチャント 7枚】
1 《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》
1 《原始の報奨/Primeval Bounty》
1 《汚染/Contamination》
1 《死者の神、エレボス/Erebos, God of the Dead》
1 《破壊的な流動/Destructive Flow》
1 《ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arena》
1 《森の知恵/Sylvan Library》

【プレインズウォーカー 5枚】
1 《ラノワールの憤激、フレイアリーズ/Freyalise, Llanowar’s Fury》
1 《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
1 《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》
1 《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1 《レンと六番》

【土地 35枚】
1 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower》
9 《森/Forest》
1 《Glacial Chasm》
1 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
1 《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
3 《沼/Swamp》
1 《溺墓の寺院/Drownyard Temple》
3 《山/Mountain》
1 《死者の原野/Field of the Dead》
1 《イス卿の迷路/Maze of Ith》
1 《ファイレクシアの塔/Phyrexian Tower》
1 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1 《隠れた茂み/Sheltered Thicket》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers》
1 《統率の灯台/Command Beacon》
1 《統率の塔/Command Tower》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1 《灰のやせ地/Ash Barrens》

このデッキの勝ち筋は以下の通り

《ウィンドグレイス卿》を戦場に出す

マナ加速を行い、最速で統率者を出す。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

ただし、カウンターや除去呪文を構えられている場合は、敢えて手札のカードを優先する方が良い。

《ウィンドグレイス卿》を無事戦場に出せたら、小プラス能力から入り、忠誠値を7にする。

対戦相手が展開しているカードを除去していく

対戦相手にクリーチャーを展開されたら《滅び》《毒の濁流》、
アーティファクト・エンチャントなら《汚損破》《ラノワールの憤激、フレイアリーズ》、
プレインズウォーカーなら《ウィンドグレイスの裁き》《全ては塵》と、とにかく除去していく。
滅びほか

土地破壊も行い、相手の再展開をも封じる

《死の雲》《燎原の火》《破壊的な力》などで土地とクリーチャーをまとめて薙ぎ払う。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

これらの呪文に《ウィンドグレイス卿》は巻き込まれない上、生け贄に捧げた自分の土地も小マイナス能力で戻せる。

死の雲ほか
《ウィンドグレイス卿》が戦場に出てなくても、リセット後にいち早く《ウィンドグレイス卿》を出せるのであれば、勝利は近い。
MOreset

一人高速再展開することで対戦相手の心を折る。

《ウィンドグレイス卿》のドロー能力がとにかく強い上、墓地から土地を回収するカードも多数あるので、高速再展開が可能。
見事な再生ほか

本デッキのキーカードはこちら

輪作

『ウルザズ・レガシー』収録のコモンカード。
インスタントかつ1マナと小回りが利く。
本デッキで持ってくる土地は以下の通り。


すべてを護るもの、母聖樹

カウンターを構える対戦相手に《死の雲》《燎原の火》などのリセット呪文を唱えるために使う。


イス卿の迷路

大型クリーチャー1体の攻撃を無力化。

ウィニー君
ウィニー君

呪禁・被覆クリーチャーに対しては使えないので過信は禁物。


ボジューカの沼リセット呪文から復帰しやすい《墓場波、ムルドローサ》などの墓地活用統率者をけん制できる。
墓地活用統率者


アーボーグほか

どちらかが戦場にある場合に、他方をサーチすることで、大量の黒マナを得られる。

さいごに

ウィニー君
ウィニー君

土地破壊含めリセットカード満載なので、ヘイトを集めやすい点は注意だね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

『統率者2018』のジャンドカラー統率者、最初は《死体起こし、ジャイラス》で構築考えてたんだけど、どう構築しても弱かったので、いつの間にか《ウィンドグレイス卿》に入れ替わってた。

死体起こし、ジャイラス

ウィニー君
ウィニー君

同じ神話レアなのにねぇ

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《ウルザの弟子、タウノス》と一緒で、多少コピーしたりトークン出したりする程度では勝てないんだよなぁ。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

それに、《ウィンドグレイス卿》は1995年の短編で登場以来、様々なカードのフレイバーテキストで登場しているとても息の長いキャラクターだ。

ヴォーソスなプレイヤーにとって待ちに待ったカードだから、強くて当たり前かな?

『モダンホライゾン』からの入れ替え

In:《レンと六番》

Out:《ハグラへの撤退》

※デッキ内容は更新済み

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

下環境で大暴れした《レンと六番》も2019年11月18日レガシーで禁止カード入り。

統率者戦なら使用できるので、入れてみてはいかがかな?

ウィニー君
ウィニー君

《ハグラへの撤退》はクリーチャーをコントロールしていないと選択肢がないので、今回入れ替えてみたよ。

『基本セット2020』からの入れ替え

In:《死者の原野/Field of the Dead》

Out:《湿地の干潟/Marsh Flats》

※デッキ内容は更新済み

死者の原野
ウィニー君
ウィニー君

スタンダード・パイオニアで禁止になるほど強力なカードなので入れない理由なし!

Amazon.co.jp: 統率者2018
Amazon.co.jp: 統率者2018

ゲーミングプラス

コメント

タイトルとURLをコピーしました