統率者デッキ紹介《嵐呼びのカラマックス》

嵐呼びのカラマックスティムール(緑青赤)
統率者デッキ紹介《嵐呼びのカラマックス》
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者はこちら

嵐呼びのカラマックス

『統率者2020』構築済みデッキ―秘儀の大渦―収録神話レア。

ウィニー君
ウィニー君

『統率者2020』の統率者候補カードレビューはこちらの記事でまとめているよ。

デッキのメイン統率者で、インスタント特化のコピー誘発型能力を持つ。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

条件がタップしていることと一見緩く見えるが、攻撃以外のタップ手段を用意していないと、中盤以降攻撃すべき対戦相手が見つからずに能力を生かせなくなる。

ウィニー君
ウィニー君

戦闘に関してはバニラクリーチャーだもんね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

また、強力なインスタントというとカウンターや全体バウンスが思いつくが、基本的にこれらはコピーしてもあまり意味がない。

かといって採用しないわけにもいかないので、今回は、タップ手段と多種多様な効果を持つインスタントを優先的に採用してみた。

デッキ内容はこちら

カード名が青色アンダーラインなのは、《嵐呼びのカラマックス》をタップできるカード。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
1 《嵐呼びのカラマックス/Kalamax, the Stormsire》

【クリーチャー 14枚】
1 《虚無魔道士の番人/Nullmage Shepherd》
1 《有刺カサゴ/Stinging Lionfish》
1 《永遠の証人/Eternal Witness》
1 《波破りの海馬/Wavebreak Hippocamp》
1 《種子生まれの詩神/Seedborn Muse》
1 《遵法長、バラル/Baral, Chief of Compliance》
1 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1 《火の悪魔/Wildfire Devils》
1 《呪文探求者/Spellseeker》
1 《つぶやく神秘家/Murmuring Mystic》
1 《運命の神、クローティス/Klothys, God of Destiny》
1 《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
1 《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》
1 《ニクス咲きの古きもの/Nyxbloom Ancient》

【インスタント 26枚】
1 《大量の芽吹き/Sprout Swarm》
1 《マナ吸収/Mana Drain》
1 《暗記+記憶/Commit+Memory》
1 《サイクロンの裂け目/Cyclonic Rift》
1 《激情の後見/Fierce Guardianship》
1 《発展+発破/Expansion+Explosion》
1 《神秘の教示者/Mystical Tutor》
1 《神秘の合流点/Mystic Confluence》
1 《野生語りの帰還/Return of the Wildspeaker》
1 《タッサの介入/Thassa’s Intervention》
1 《蜘蛛の襲来/Arachnogenesis》
1 《渦まく知識/Brainstorm》
1 《嘘か真か/Fact or Fiction》
1 《転換/Turnabout》
1 《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1 《対抗呪文/Counterspell》
1 《大あわての捜索/Frantic Search》
1 《砕土/Harrow》
1 《成長のらせん/Growth Spiral》
1 《否認/Negate》
1 《余韻/Reverberate》
1 《ウーナの寵愛/Oona’s Grace》
1 《常在夢境/Everdream》
1 《捨て身の狂乱/Desperate Ravings》
1 《熟慮/Think Twice》
1 《垣間見た自由/Glimpse of Freedom》

【ソーサリー 4枚】
1 《自然の知識/Nature’s Lore》
1 《三顧の礼/Three Visits》
1 《耕作/Cultivate》
1 《木霊の手の内/Kodama’s Reach》

【アーティファクト 13枚】
1 《名誉に磨り減った笏/Honor-Worn Shaku》
1 《バネ葉の太鼓/Springleaf Drum》
1 《双晶の杖/Twinning Staff》
1 《魔力の墓所/Mana Crypt》
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1 《太陽の指輪/Sol Ring》
1 《ダークスティールの鋳塊/Darksteel Ingot》
1 《速足のブーツ/Swiftfoot Boots》
1 《原初の呪物/Primal Amulet》
1 《精神石/Mind Stone》
1 《彩色の灯籠/Chromatic Lantern》
1 《思考の器/Thought Vessel》
1 《連合の秘宝/Coalition Relic》

【エンチャント 8枚】
1 《対立/Opposition》
1 《新たな精力/Second Wind》
1 《リスティックの研究/Rhystic Study》
1 《機械医学的召喚/Metallurgic Summonings》
1 《未来予知/Future Sight》
1 《意識の拡張/Mind’s Dilation》
1 《マナの反射/Mana Reflection》
1 《創造の歌/Song of Creation》

【プレインズウォーカー 0枚】
なし

【土地 34枚】
1 《繁殖池/Breeding Pool》
1 《真鍮の都/City of Brass》
1 《ケトリアのトライオーム/Ketria Triome》
1 《マナの合流点/Mana Confluence》
1 《宝石の洞窟/Gemstone Caverns》
1 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1 《蒸気孔/Steam Vents》
1 《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
1 《Taiga》
1 《Tropical Island》
1 《Volcanic Island》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1 《ヤヴィマヤのうろ穴/Yavimaya Hollow》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《無限地帯/Myriad Landscape》
1 《統率の塔/Command Tower》
8 《森/Forest》
7 《島/Island》
2 《山/Mountain》

本デッキの勝ち筋はこちら

マナとドロー基盤を整える

土地サーチも追加ドローも得意な色なので、序盤から動きやすい。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

タップ手段やインスタントを唱える余裕がないときに《嵐呼びのカラマックス》を出しても意味がないため、焦る必要はない。

タップ手段やインスタントを唱える余裕がある状態で《嵐呼びのカラマックス》を出す

タップ手段がないため1ターン無駄になる

タップ手段を用意しておけば、出したターンから誘発型能力を期待できる。

ウィニー君
ウィニー君

逆に用意していないと、1ターン無駄になるし、中盤以降はバニラクリーチャーで攻撃できるほど甘くはないもんね。

ひたすらインスタントをコピーしまくってアドバンテージを得る

コピーで効果が2倍になるとはいえ、ソーサリーと比べるとインスタントは効果が小さいものが多い。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

一通りインスタントを試して、

思った以上に感触が良かったのが《余韻》!

ウィニー君
ウィニー君

コピーするインスタントをコピーするの?

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

ソーサリーを《余韻》の対象で、

実質的に《嵐呼びのカラマックス》がソーサリーもコピーできるぞ。

本デッキのキーカードはこちら

《嵐呼びのカラマックス》同様『統率者2020』構築済みデッキ―秘儀の大渦―収録レア。
起動型能力はマナ効率が悪すぎるため、呪文のコピー効率を+1倍する誘発型能力に期待することになる。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

かといってコピーする機会が少ないとそもそも意味がない。

《嵐呼びのカラマックス》や《永遠神ケフネト》のような、

呪文のコピーを前提とする統率者デッキに採用したい。

誘発忘れに注意!

さいごに

構築済みデッキ―秘儀の大渦―に採用されているインスタントのカードパワーが軒並み低いため、そのまま遊ぶと《嵐呼びのカラマックス》自体のカードパワーが分かりにくい。

ウィニー君
ウィニー君

インスタントを入れ替えると全く違う動きになるので、調整しがいがあるね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

なお、今回の動画は酩酊状態で撮ったため、信じられないくらいプレイミスしている。

シラフで見直したらビックリ!(+_+)

ウィニー君
ウィニー君

それでも勝てちゃうから《嵐呼びのカラマックス》のカードパワーは高い!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました