統率者デッキ紹介《様相ねじり、カスリル》

様相ねじり、カスリルアブザン(白黒緑)
統率者デッキ紹介《様相ねじり、カスリル》
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者はこちら

様相ねじり、カスリル

『統率者2020』構築済みデッキ―共生体の群れ―収録神話レア。

ウィニー君
ウィニー君

『統率者2020』の統率者候補カードレビューはこちらの記事でまとめているよ。

デッキのメイン統率者で、《魂剥ぎ》《最初に堕ちし者、ラヤミ》に近い効果を得るETB能力を有する。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《魂剥ぎ》《最初に堕ちし者、ラヤミ》と比較して、墓地を追放せずに済むため、再キャストしてもリソースを削ることがないのが《様相ねじり、カスリル》のメリット。

リアニメイト呪文とも併用しやすいぞ。

ラヤミと魂剥ぎ
この2枚はサイズアップしないのも難点。

デッキ内容はこちら

カード名が青色アンダーラインなのは、《様相ねじり、カスリル》にキーワード・カウンターを付与できるクリーチャー・カード。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
1 《様相ねじり、カスリル/Kathril, Aspect Warper》

【クリーチャー 42枚】
1 《怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath》
1 《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
1 《テューンの大天使/Archangel of Thune》
1 《発明の天使/Angel of Invention》
1 《希望の天使アヴァシン/Avacyn, Angel of Hope》
1 《悪斬の天使/Baneslayer Angel》
1 《栄光の神バントゥ/Bontu the Glorifieded》
1 《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
1 《ダークスティールの巨像/Darksteel Colossus》
1 《破滅を囁くもの/Doom Whisperer》
1 《龍王ドロモカ/Dragonlord Dromoka》
1 《折れた刃、ギセラ/Gisela, the Broken Blade》
1 《暁まといのクロンド/Krond the Dawn-Clad》
1 《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
1 《ヤヴィマヤの化身、ムルタニ/Multani, Yavimaya’s Avatar》
1 《死の頂点、ネスロイ/Nethroi, Apex of Death》
1 《信義の神オケチラ/Oketra the True》
1 《不屈の神ロナス/Rhonas the Indomitable》
1 《穢れた血、ラザケシュ/Razaketh, the Foulblooded》
1 《鷺群れのシガルダ/Sigarda, Host of Herons》
1 《高塔の憑依者/The Haunt of Hightower》
1 《マガーンの鏖殺者、ヴォーナ/Vona, Butcher of Magan》
1 《食百足/Vorapede》
1 《武勇の場の執政官/Archon of Valor’s Reach》
1 《守護天使アヴァシン/Avacyn, Guardian Angel》
1 《消えゆく光、ブルーナ/Bruna, the Fading Light》
1 《絡み森の大長/Chancellor of the Tangle》
1 《終末の祟りの先陣/End-Raze Forerunners》
1 《フェリダーの君主/Felidar Sovereign》
1 《水晶壊し/Gemrazer》
1 《女王スズメバチ/Hornet Queen》
1 《霊体の先達/Karmic Guide》
1 《エイスリオスの番犬、クノロス/Kunoros, Hound of Athreos》
1 《ラムナプのハイドラ/Ramunap Hydra》
1 《石蹄獣の酋長/Stonehoof Chieftain》
1 《森の女人像/Sylvan Caryatid》
1 《原初の夜明け、ゼタルパ/Zetalpa, Primal Dawn》
1 《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》
1 《天界の執政官/Celestial Archon》
1 《隠遁ドルイド/Hermit Druid》
1 《サテュロスの道探し/Satyr Wayfinder》
1 《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》

【インスタント 1枚】
1 《納墓/Entomb》

【ソーサリー 11枚】
1 《闇の領域の隆盛/Rise of the Dark Realms》
1 《選択的順応/Selective Adaptation》
1 《根囲い/Mulch》
1 《戦慄の召喚/Dread Summons》
1 《壌土からの生命/Life from the Loam》
1 《悪魔の教示者/Demonic Tutor》
1 《自然の知識/Nature’s Lore》
1 《三顧の礼/Three Visits》
1 《木霊の手の内/Kodama’s Reach》
1 《耕作/Cultivate》
1 《生き埋め/Buried Alive》

【アーティファクト 6枚】
1 《オゾリス/The Ozolith》
1 《催眠の宝珠/Mesmeric Orb》
1 《魔力の墓所/Mana Crypt》
1 《太陽の指輪/Sol Ring》
1 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》

【エンチャント 3枚】
1 《Chains of Mephistopheles》
1 《死橋の詠唱/Deadbridge Chant》
1 《ドミナリアの大修復/The Mending of Dominaria》

【プレインズウォーカー 1枚】
1 《死の権威、リリアナ/Liliana, Death’s Majesty》

【土地 35枚】
1 《家路/Homeward Path》
1 《Bayou》
1 《真鍮の都/City of Brass》
1 《宝石の洞窟/Gemstone Caverns》
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower》
1 《マナの合流点/Mana Confluence》
1 《眷者の居留地/Bonders’ Enclave》
1 《睡蓮の原野/Lotus Field》
1 《インダサのトライオーム/Indatha Triome》
1 《苔汁の橋/Mosswort Bridge》
1 《湿地の干潟/Marsh Flats》
1 《ファイレクシアの塔/Phyrexian Tower》
1 《Savannah》
1 《Scrubland》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《ヤヴィマヤのうろ穴/Yavimaya Hollow》
1 《陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers》
1 《統率の灯台/Command Beacon》
1 《無限地帯/Myriad Landscape》
1 《統率の塔/Command Tower》
3 《森/Forest》
3 《平地/Plains》
3 《沼/Swamp》
1 《神無き祭殿/Godless Shrine》
1 《草むした墓/Overgrown Tomb》
1 《寺院の庭/Temple Garden》

本デッキの勝ち筋はこちら

墓地を肥やす

《様相ねじり、カスリル》を強化するには墓地に能力持ちクリーチャーを多数落としておかなければならない。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《原初の夜明け、ゼタルパ》など多数能力持ちクリーチャーを《納墓》でピンポイントに落とすこともできるが、『発掘』『諜報』などでまとめて落とした方がリアニメイトの選択肢が増えるのでおすすめ。

《様相ねじり、カスリル》で統率者ダメージ21点を狙う

『呪禁・破壊不能』付与できる状況で出したいが、序盤から出して対戦相手にプレッシャーを与えるのもあり。

ウィニー君
ウィニー君

《魂剥ぎ》《最初に堕ちし者、ラヤミ》と違って+1/+1カウンターでサイズアップするため、統率者ダメージ21点を狙いやすい。

大量リアニメイトして、ボードアド差で勝利する

統率者ダメージ21点を狙えない場合は、大量リアニメイトでボードアドバンテージを稼ぎ、40点ダメージを狙う。

本デッキのキーカードはこちら

『ストロングホールド』初収録レア。レガシー禁止カードの実力は伊達ではない。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

アングリーハーミット2のような瞬殺を狙わないので、基本土地はある程度入れている。

その分、墓地を肥やしながらマナ基盤を整えることができる。

ウィニー君
ウィニー君

除去耐性が皆無だけど、1ターン目から出せると脅威だね。


『基本セット2014』収録神話レア。
《リリアナ・ヴェス》の奥義と同じ効果の大量リアニメイト呪文。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《生ける屍》のほうが除去呪文として使える一方、《闇の領域の隆盛》ならば対戦相手の墓地のクリーチャーも奪えるし、《様相ねじり、カスリル》が戦場にいる状況でも気にせずぶっ放せる。

さいごに

アブザンカラーの能力持ちクリーチャーを集めると、天使クリーチャーが多くなる。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

大量リアニメイトすると、自然と天使部族シナジーができるぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました