統率者デッキ紹介《モンスター見聞家、ヴォーロ》

シミック(緑青)
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者

ウィニー君
ウィニー君

『フォーゴトン・レルム探訪』の統率者候補カードレビューはこちらの記事でまとめているよ

見聞家らしく、初見のクリーチャー・タイプのクリーチャーを唱えた時に記録=コピーできる。

かざろふ伯
かざろふ伯

《二つ反射のリクー》《棘茨の君主》のコピー・トークン生成能力と異なりコピーにマナ不要な一方、初見のクリーチャー・タイプという縛りが超厳しい!

  • 《モンスター見聞家、ヴォーロ》自身がメジャーなクリーチャー・タイプの人間・ウィザード
  • 戦場だけでなく墓地もチェックするため、サクり台でごまかせない
  • 伝説クリーチャーはコピーしても対消滅してしまう

と、デッキ構築段階でかなり悩む。

ウィニー君
ウィニー君

種族だけでなく職業もあるから、結構被るんだよねぇ(´-ω-`)

そこで今回は、クリーチャー・タイプが被らず確実にコピーできるようにデッキ構築してみた。

デッキ内容

カード名後ろにクリーチャー・タイプを記載。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
1 《モンスター見聞家、ヴォーロ/Volo, Guide to Monsters》人間・ウィザード

【クリーチャー 40枚】
1 《不屈の補給兵/Tireless Provisioner》エルフ・スカウト
1 《頂点壊滅獣/Apex Devastator》キマイラ・ハイドラ
1 《甘露のイトグモ/Sweet-Gum Recluse》蜘蛛
1 《逆嶋の手下/Sakashima’s Protégé》多相の戦士
1 《苛立つアルティサウルス/Annoyed Altisaur》恐竜
1 《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》スフィンクス
1 《硬鎧の大群/Scute Swarm》昆虫
1 《若葉のドライアド/Tendershoot Dryad》ドライアド
1 《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》エレメンタル
1 《マイアの戦闘球/Myr Battlesphere》マイア・構築物
1 《ナイレアの巨人/Nylea’s Colossus》巨人
1 《終末の祟りの先陣/End-Raze Forerunners》
1 《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》ビースト
1 《大クラゲ/Man-o’-War》クラゲ
1 《アンフィンの反逆者/Amphin Mutineer》サラマンダー・海賊
1 《オーラ泥棒/Aura Thief》イリュージョン
1 《Willow Satyr》サテュロス
1 《テラストドン/Terastodon》
1 《ウークタビー・オランウータン/Uktabi Orangutan》類人猿
1 《酸のスライム/Acidic Slime》ウーズ
1 《クァーサルの礫投げ/Qasali Slingers》
1 《森滅ぼしの最長老/Woodfall Primus》ツリーフォーク・シャーマン
1 《泥棒スカイダイバー/Thieving Skydiver》マーフォーク・ならず者
1 《記念品奪い/Souvenir Snatcher》
1 《海駆けダコ/Sea-Dasher Octopus》タコ
1 《肉食島/Archipelagore》リバイアサン
1 《クアンドリクスの栽培者/Quandrix Cultivator》海亀・ドルイド
1 《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》ゴーレム
1 《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》ケンタウルス
1 《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》
1 《森の女人像/Sylvan Caryatid》植物
1 《生類の侍臣/Vizier of the Menagerie》ナーガ・クレリック
1 《種子生まれの詩神/Seedborn Muse》スピリット
1 《明けの林の主/Dawnglade Regent》大鹿
1 《さまようアルカイック/Wandering Archaic》アバター
1 《結ばれた奪い取り/Bonded Fetch》ホムンクルス
1 《思考スポンジ/Thought Sponge》スポンジ
1 《記憶の壁/Mnemonic Wall》
1 《煌めくドラゴン/Shimmer Dragon》ドラゴン
1 《破滅の伝導者/Conduit of Ruin》エルドラージ

【インスタント 7枚】
1 《俗世の教示者/Worldly Tutor》
1 《マナ吸収/Mana Drain》
1 《サイクロンの裂け目/Cyclonic Rift》
1 《否認/Negate》
1 《対抗呪文/Counterspell》
1 《英雄的介入/Heroic Intervention》
1 《激情の後見/Fierce Guardianship》

【ソーサリー 7枚】
1 《祖先の幻視/Ancestral Vision》
1 《Timetwister》
1 《発見の誘惑/Tempt with Discovery》
1 《自然の知識/Nature’s Lore》
1 《三顧の礼/Three Visits》
1 《耕作/Cultivate》
1 《木霊の手の内/Kodama’s Reach》

【アーティファクト 4枚】
1 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1 《魔力の墓所/Mana Crypt》
1 《太陽の指輪/Sol Ring》

【エンチャント 6枚】
1 《リスティックの研究/Rhystic Study》
1 《予期の力線/Leyline of Anticipation》
1 《踏査/Exploration》
1 《よりよい品物/Greater Good》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
1 《ゼンディカーの復興者/Zendikar Resurgent》

【プレインズウォーカー 0枚】
なし

【土地 35枚】
1 《ガイアの揺籃の地/Gaea’s Cradle》
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower》
1 《繁殖池/Breeding Pool》
1 《真鍮の都/City of Brass》
1 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1 《家路/Homeward Path》
1 《マナの合流点/Mana Confluence》
1 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1 《苔汁の橋/Mosswort Bridge》
1 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《Tropical Island》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《無限地帯/Myriad Landscape》
1 《統率の塔/Command Tower》
1 《ヤヴィマヤのうろ穴/Yavimaya Hollow》
1 《高級市場/High Market》
10 《森/Forest》
7 《島/Island》

本デッキの勝ち筋

《モンスター見聞家、ヴォーロ》を最速で出す

後続クリーチャーをコピーすることでアドを得るため、とにかく《モンスター見聞家、ヴォーロ》の着地は必須。

除去耐性が皆無なので打ち消しを構えられるまで待ちたくなるが、《モンスター見聞家、ヴォーロ》の有無でその後の展開力が段違い。

かざろふ伯
かざろふ伯

下手に出し惜しみするよりは、除去られてもしつこく再キャストする気概でいた方が良いかも

後続クリーチャーをコピーしまくる

クリーチャー・タイプが1つも被っていないので、後続クリーチャーは確実にコピーできる。

2倍に土地サーチ、追加ドロー、トークン生成、全体強化することで、速やかに40点ダメージを狙う。

本デッキのキーカード

『モダンホライゾン2』収録のアンコモン・クリーチャー。

上陸誘発で宝物か食物どちらかのトークンを生成できるが、宝物・トークン生成がメイン。

《モンスター見聞家、ヴォーロ》により《不屈の補給兵》が2体いる状況なら、土地1枚プレイで宝物・トークンが2個生成できるため、一気に3マナジャンプできる。

ウィニー君
ウィニー君

《クアンドリクスの栽培者》《真面目な身代わり》が2体ETB能力で土地2枚サーチしてくると、宝物・トークン4個生成!

かざろふ伯
かざろふ伯

実質コスト0になるので、土地サーチETB能力持ちクリーチャーは多く採用したい。

が、如何せんクリーチャー・タイプが被りまくるんだよなぁ


『統率者レジェンズ』収録のレア以上続唱持ちクリーチャー。

《モンスター見聞家、ヴォーロ》のコピー誘発条件は唱えたときなので、続唱でめくったクリーチャー呪文も《モンスター見聞家、ヴォーロ》でコピーできる。

  • 《モンスター見聞家、ヴォーロ》でコピーしたトークンの続唱は無意味
  • 数枚採用している打ち消しが続唱の裏目

といった難点はあるが、

  • 《頂点壊滅獣》は続唱4回の上振れが楽しい♪
  • 《甘露のイトグモ》は続唱でめくって《モンスター見聞家、ヴォーロ》でコピーしたクリーチャー2体に《甘露のイトグモ》とコピーの2回分+1/+1カウンター6個置ける!
  • 《逆嶋の手下》は唱える時点では多相の戦士なので、自分の戦場にいるクリーチャーのコピーとして戦場に出るとしても、問題なく《モンスター見聞家、ヴォーロ》でコピーできる

さいごに

倍増エンチャントとの相性

《モンスター見聞家、ヴォーロ》と一見相性良さそうに見える《倍増の季節》《野生の活力》《似通った生命》だが、実際には機能しない。

《モンスター見聞家、ヴォーロ》はクリーチャー呪文をコピーしており、トークンを生成するイベントとしては扱われないため。

かざろふ伯
かざろふ伯

ETB能力でトークン生成するクリーチャーも採用しているので倍増エンチャントが腐るわけではないが、どうせなら統率者とシナジーがあるカードを採用した方が楽しいかな

100%被らない!?

かざろふ伯
かざろふ伯

クリーチャー・タイプが被らず確実にコピーできるようにデッキ構築したが、以下のケースでは《モンスター見聞家、ヴォーロ》でコピーできない

  • 《ゼンディカーの報復者》で植物・クリーチャー・トークン生成後に《森の女人像》を唱える
  • 《逆嶋の手下》で対戦相手のクリーチャーをコピーし、そのコピーと同じクリーチャー・タイプのカードを唱える
ウィニー君
ウィニー君

さらに、対戦相手から多相クリーチャーを《寄付》されると機能停止するので注意!

(ノД`)・゜・。

唱えるたびは強力!

唱えるたび誘発するため、元のクリーチャー呪文を打ち消すだけでは《モンスター見聞家、ヴォーロ》のコピーは防げない。

ウィニー君
ウィニー君

《狼狽の嵐》《精神壊しの罠》《時間停止》など、スタック全部を打ち消したり追放するカウンター使わないと完全には妨害できないね

なので《モンスター見聞家、ヴォーロ》さえ戦場に出せれば、見た目以上に打ち消しに強い。

かざろふ伯
かざろふ伯

とはいえ、《モンスター見聞家、ヴォーロ》のためだけに《魂の洞窟》を採用する気にはなれない。

逆部族デッキって意外と難しいな

コメント

タイトルとURLをコピーしました