統率者デッキ紹介《道を塞ぐ者、黄泉示》

道を塞ぐ者、黄泉示デッキ紹介
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者はこちら

道を塞ぐ者、黄泉示

『神河謀叛 』収録レア。

今回は、2年前、統率者記事をネットサーフィンしていた時に見つけて衝撃を受けた、この記事をリスペクトしての紹介。

初めてのチビドラゴン杯&統率者黄泉示最新版
昨日はポーラースターオープンのサイドイベント「第9回チビドラゴン杯」参加主催のかっこかりさん、参加者の皆さんお疲れ様でしたいつも参加するFCGとは違う環境で遊べてかなり刺激を貰えていい経験になったと思っています。

何より感動した点が、統率者戦で不利と言われる白単で、統率者を活かした上で、多彩な勝ち筋を持つデッキを組み上げている点。

ウィニー君
ウィニー君

こんな器用に立ち回る白単デッキは、そうそうないね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

そうだな。

白というカラーは、統率者戦で不器用というイメージが強い。

ドローもマナ加速も弱く、追加ターンもまともにできないからだ。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

絶対紹介したかった統率者デッキのひとつなんだけど、本サイトのコンセプトと合わないので、無限コンボ・伝説のエルドラージを抜いた上で、よりカジュアルな方向で組めないか試してみた。

ウィニー君
ウィニー君

うえっ。

さすがに弱くなるんじゃ・・・(心配)

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

無限でなくてもコンボ要素は多いので、どちらかというとボードコントロールっぽい動きで組めた。

デッキ内容はこちら

カード名が青色アンダーラインなのは、伝説のカード。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
1 《道を塞ぐ者、黄泉示/Yomiji, Who Bars the Way》

【クリーチャー 22枚】
1 《折れた刃、ギセラ/Gisela, the Broken Blade》
1 《ギラプールの希望/Hope of Ghirapur》
1 《コロンドールのマンガラ/Mangara of Corondor》
1 《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar》
1 《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》
1 《希望の天使アヴァシン/Avacyn, Angel of Hope》
1 《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》
1 《祖神の使徒、テシャール/Teshar, Ancestor’s Apostle》
1 《消えゆく光、ブルーナ/Bruna, the Fading Light》
《太陽の神、ヘリオッド/Heliod, God of the Sun》
《無私の勇者、レナ/Lena, Selfless Champion》
《目を開いた者、デジェル/Djeru, With Eyes Open》

《アクロスの英雄、キテオン/Kytheon, Hero of Akros》
《月皇ミケウス/Mikaeus, the Lunarch》
《上位の狐、呪之尾/Rune-Tail, Kitsune Ascendant》
1 《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》

1 《忠臣/Loyal Retainers》
1 《サリアの槍騎兵/Thalia’s Lancers》
1 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
1 《競技場の首長/Arena Rector》
1 《雨ざらしの旅人/Weathered Wayfarer》
1 《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》

【インスタント 4枚】
1 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》
1 《流刑への道/Path to Exile》
1 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1 《歪める嘆き/Warping Wail》

【ソーサリー 3枚】
1 《質素な命令/Austere Command》
1 《啓示の刻/Hour of Revelation》
1 《浄化の輝き/Cleansing Nova》

【アーティファクト 26枚】
1 《精霊信者の剣/Sword of the Animist》
1 《オケチラの碑/Oketra’s Monument》
1 《英雄の演壇/Heroes’ Podium》
1 《キランの真意号/Heart of Kiran》
《精神隷属器/Mindslaver》
1 《名誉に磨り減った笏/Honor-Worn Shaku》

1 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
1 《ギックスのかぎ爪/Claws of Gix》
1 《旅人のガラクタ/Wayfarer’s Bauble》
1 《探検の地図/Expedition Map》
1 《金属モックス/Chrome Mox》
1 《金粉の水蓮/Gilded Lotus》
1 《魔力の墓所/Mana Crypt》
1 《スランの発電機/Thran Dynamo》
1 《連合の秘宝/Coalition Relic》
1 《彩色の灯籠/Chromatic Lantern》
1 《かごの中の太陽/Caged Sun》
1 《魔力の篭手/Gauntlet of Power》
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1 《ダークスティールの鋳塊/Darksteel Ingot》
1 《太陽の指輪/Sol Ring》
1 《思考の器/Thought Vessel》
1 《精神石/Mind Stone》
1 《精神の眼/Mind’s Eye》
1 《コーマスの鐘/Kormus Bell》
1 《頭蓋骨絞め/Skullclamp》

【エンチャント 6枚】
1 《ギデオンの誓い/Oath of Gideon》
1 《土地税/Land Tax》
1 《沈黙のオーラ/Aura of Silence》
1 《命運の掌握/Grasp of Fate》
1 《霊体の正義/Karmic Justice》
1 《息詰まる徴税/Smothering Tithe》

【プレインズウォーカー 2枚】
1 《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
1 《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》

【土地 36枚】
1 《暗黒の深部/Dark Depths》
1 《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》
1 《発明博覧会/Inventors’ Fair》
《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
1 《宝石の洞窟/Gemstone Caverns》

1 《聖遺の塔/Reliquary Tower》
1 《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1 《空の遺跡、エメリア/Emeria, the Sky Ruin》
1 《家路/Homeward Path》
1 《演劇の舞台/Thespian’s Stage》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《無限地帯/Myriad Landscape》
19 《平地/Plains》
1 《高級市場/High Market》
1 《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》
1 《終わりなき砂漠/Endless Sands》
1 《信義の砂漠/Desert of the True》
1 《黄塵地帯/Dust Bowl》

ウィニー君
ウィニー君

結構な数、伝説カードあるねぇ。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《道を塞ぐ者、黄泉示》が戦場にいれば、墓地回収ができるからね。

追放除去除けに《ギックスのかぎ爪》まで採用しているし。

このデッキの勝ち筋は以下の通り

マナ基盤を整えつつ、序盤は耐える

白単なので、どうしても他のカラーよりは遅い。全体除去や妨害系エンチャントでさばきつつ、《精神石》《土地税》《息詰まる徴税》などでマナ基盤を整える。

精神石ほか

ウィニー君
ウィニー君

《道を塞ぐ者、黄泉示》が7マナもあるから、少なくとも10マナ以上までは伸ばしたいところ。

サーチカードで伝説カードを集める

サーチカードは伝説カードにアクセスできるものを優先して採用している。

《サリアの槍騎兵》《目を開いた者、デジェル》はそもそもサーチ先が全て伝説カードだけど、

伝説サーチ

《雨ざらしの旅人》⇒《発明博覧会》《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》など、
《イーオスのレインジャー》⇒《月皇ミケウス》《ギラプールの希望》など、
《石鍛冶の神秘家》⇒《精霊信者の剣》をサーチ可能。

白単サーチ

《道を塞ぐ者、黄泉示》を戦場に出し、伝説カードコンボでアドバンテージを得る

《道を塞ぐ者、黄泉示》が戦場にいれば、《精神隷属器》《発明博覧会》をグルグル使い回す以外にも、

発明博覧会ほか

MO回収

◆《コロンドールのマンガラ》+《ギックスのかぎ爪》or《高級市場》
⇒《コロンドールのマンガラ》の起動型能力がスタックにあるうちに、《ギックスのかぎ爪》or《高級市場》で《コロンドールのマンガラ》を生け贄に捧げることで、パーマネント追放しつつ《コロンドールのマンガラ》を回収可能。

マンガラコンボ

◆《トロウケアの敷石》+《黄塵地帯》
⇒《黄塵地帯》の能力で《トロウケアの敷石》を生け贄に捧げることで、基本でない土地を破壊しつつ平地サーチし、《トロウケアの敷石》回収可能。

トロウケアコンボ

◆《暗黒の深部》+《演劇の舞台》
⇒《マリット・レイジ》トークン生成しつつ、《暗黒の深部》回収可能。

サスピアンデプス

消耗戦に持ち込み、ボードコントロールで制圧する

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

統率者ダメージ21点での勝利は見込めないので、基本的にはライフを狙う。

本デッキのキーカードはこちら

無私の勇者、レナ

『基本セット2019』収録レア。

ETBによる非トークンクリーチャーの数分兵士トークン生成する誘発型能力と、条件付き破壊不能を与える起動型能力を持つ。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

能動的に生け贄に捧げられるのが、《道を塞ぐ者、黄泉示》と相性が良い。

ウィニー君
ウィニー君

う~ん。クリーチャー多めに入れているとはいえ、そんなにクリーチャー並ぶことある?

自分から全体除去も使うし、《太陽の神、ヘリオッド》《オケチラの碑》《太陽の勇者、エルズペス》が生成するトークンクリーチャーの数は、《無私の勇者、レナ》のETB能力で参照できないし。

トークン生成カード

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

フフフ。

実は以下のカードと組み合わせると、結構な数のトークンクリーチャーを生成できる。

コーマスベルコンボ

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

元々は《大修道士、エリシュ・ノーン》との土地破壊3枚コンボのために入れていたが、土地クリーチャーはトークンではないので、《無私の勇者、レナ》のETB能力で全てカウントできる。

ウィニー君
ウィニー君

《無私の勇者、レナ》の起動型能力で、自分の土地クリーチャーを守れるのも良いね。

MOレナ

さいごに

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

今後新セットが出るたびに伝説カードを採用検討できるので、長くチューンナップできるのも、本デッキの魅力。

ウィニー君
ウィニー君

白単が弱いなんてもう言わせない!

コメント

タイトルとURLをコピーしました