統率者デッキ紹介《テイサ・カルロフ》

テイサ・カルロフオルゾフ(白黒)
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者はこちら

テイサ・カルロフ

『ラヴニカの献身』収録レア。

ウィニー君
ウィニー君

『ラヴニカの献身』の統率者候補カードレビューはこちら!

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

通算3枚目のテイサ。

《幽霊の特使、テイサ》がワガママボディなマナ・コストだったのと比べれば、だいぶ使い勝手が良い。

幽霊の特使、テイサ

ウィニー君
ウィニー君

なお、《オルゾフの御曹子、テイサ》はこちらのデッキで活躍しているのであわせて読んでね。

teysa

ウィニー君
ウィニー君

今回は死亡誘発に特化したデッキってことだね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

その通り。

ただ、レビューにも書いたけど非常に紛らわしい点として、「クリーチャーを生け贄に捧げた時」に誘発する能力は追加で誘発しない。

生け贄に捧げた結果としてクリーチャーが死亡したとしても、その誘発型能力は死亡誘発したわけではないということだ。

ウィニー君
ウィニー君

例えば、《血の語り部》《深淵からの魂刈り》《アンデッドの大臣、シディシ》とかだね。

生け贄誘発カード
MOsidisi ↑『濫用』能力はコピーできない

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《血の語り部》はともかく、陰鬱・濫用は、デッキ採用機会も多いので注意が必要だな。

デッキ内容はこちら

カード名が青色アンダーラインなのは、《テイサ・カルロフ》で能力コピーできるカード。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
1 《テイサ・カルロフ/Teysa Karlov》

【クリーチャー 26枚】
1 《オルゾフの御曹子、テイサ/Teysa, Orzhov Scion》
1 《通行の神、エイスリオス/Athreos, God of Passage》
1 《アカデミーの学長/Academy Rector》
1 《虐殺のワーム/Massacre Wurm》
1 《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》
1 《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
1 《不気味な腸卜師/Grim Haruspex》
1 《夜の星、黒瘴/Kokusho, the Evening Star》
1 《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》
1 《ウラモグの手先/Pawn of Ulamog》
1 《縫い師への供給者/Stitcher’s Supplier》
1 《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat》
1 《宿命の旅人/Doomed Traveler》
1 《無慈悲な略奪者/Pitiless Plunderer》
1 《魂の収穫者/Harvester of Souls》
1 《真夜中の死神/Midnight Reaper》
1 《マラキールの解体者/Butcher of Malakir》
1 《頭蓋ふるい/Sifter of Skulls》
1 《囁く者、シェオルドレッド/Sheoldred, Whispering One》
1 《永代巡礼者、アイリ/Ayli, Eternal Pilgrim》
1 《忘れられた神々の僧侶/Priest of Forgotten Gods》
1 《疫病造り師/Plaguecrafter》
1 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
1 《死者の神、エレボス/Erebos, God of the Dead》
1 《栄光の神バントゥ/Bontu the Glorifieded》
1 《組み直しの骸骨/Reassembling Skeleton》

【インスタント 3枚】
1 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》
1 《吸血の教示者/Vampiric Tutor》
1 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》

【ソーサリー 5枚】
1 《Demonic Tutor》
1 《滅び/Damnation》
1 《苦痛の命令/Decree of Pain》
1 《無慈悲な追い立て/Merciless Eviction》
1 《毒の濁流/Toxic Deluge》

【アーティファクト 22枚】
1 《来世への門/Gate to the Afterlife》
1 《頭蓋骨絞め/Skullclamp》
1 《ダークスティールの板金鎧/Darksteel Plate》
1 《アシュノッドの供犠台/Ashnod’s Altar》
1 《魔力の墓所/Mana Crypt》
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1 《探検の地図/Expedition Map》
1 《魔力の櫃/Mana Vault》
1 《太陽の指輪/Sol Ring》
1 《旅人のガラクタ/Wayfarer’s Bauble》
1 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
1 《精神石/Mind Stone》
1 《オルゾフの印鑑/Orzhov Signet》
1 《思考の器/Thought Vessel》
1 《精霊信者の剣/Sword of the Animist》
1 《宝物の地図/Treasure Map》
1 《スランの発電機/Thran Dynamo》
1 《金粉の水蓮/Gilded Lotus》
1 《連合の秘宝/Coalition Relic》
1 《彩色の灯籠/Chromatic Lantern》
1 《王神の贈り物/God-Pharaoh’s Gift》
1 《ダークスティールの鋳塊/Darksteel Ingot》

【エンチャント 8枚】
1 《エレボスの指図/Dictate of Erebos》
1 《過去の過ち/Shadows of the Past》
1 《富の享楽/Revel in Riches》
1 《息詰まる徴税/Smothering Tithe》
1 《奥の手/Underhanded Designs》
1 《土地税/Land Tax》
1 《盲従/Blind Obedience》
1 《ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arena》

【プレインズウォーカー 0枚】
なし

【土地 35枚】
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower》
1 《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
1 《神無き祭殿/Godless Shrine》
1 《湿地の干潟/Marsh Flats》
1 《ファイレクシアの塔/Phyrexian Tower》
1 《Scrubland》
1 《静寂の神殿/Temple of Silence》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
1 《大天使の霊堂/Vault of the Archangel》
1 《風立ての高地/Windbrisk Heights》
1 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
1 《陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers》
1 《無限地帯/Myriad Landscape》
1 《統率の塔/Command Tower》
1 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
14 《沼/Swamp》
6 《平地/Plains》

ウィニー君
ウィニー君

結構な数のカードが、《テイサ・カルロフ》とシナジーあるんだね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

【《テイサ・カルロフ》とシナジーのあるカード】と、

【生け贄の起動型能力を持つカード】を優先的に採用している。

好きなタイミングで生け贄できれば、安定して能力コピーできるからな。

このデッキの勝ち筋は以下の通り

マナ加速しつつ、生け贄の起動型能力を持つカードを展開する

生け贄手段

《テイサ・カルロフ》を戦場に出し、シナジーカードを展開する

ウィニー君
ウィニー君

《テイサ・カルロフ》とシナジーのあるカードが揃っていると、対戦相手はむやみに攻撃したり、全体除去を撃ちにくくなるね。

《テイサ・カルロフ》で能力コピーしてアドバンテージを稼く

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

上手く回りだすと、

《ウラモグの手先》でトークンを2倍生成し、

《エレボスの指図》で対戦相手のクリーチャーを2倍布告除去し、

《魂の収穫者》で対戦相手の非トークンクリーチャー死亡数の2倍ドローできる。

シナジーカード

40点ライフを狙うか特殊勝利を目指す

戦闘ダメージか《ズーラポートの殺し屋》《過去の過ち》《盲従》などのライフルーズ能力で40点を削る。

ライフルーズ手段

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

対戦相手が無限ライフの場合は、キーカードによる特殊勝利を目指す。

本デッキのキーカードはこちら

頭蓋骨絞め

『ダークスティール』初収録アンコモン。
普通に使っても十分強いが、《テイサ・カルロフ》がいれば1マナ4ドローと《Ancestral Recall》もビックリのドロー効率となる。


虐殺のワーム

『ミラディン包囲戦』収録の神話レア。
これも普通に使って十分強いが、《テイサ・カルロフ》がいれば1体死亡毎に4ライフルーズとなる。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

トークンを大量展開している対戦相手を即死させることも可能。

MOwurm


富の享楽

『イクサラン』収録レア。本デッキの特殊勝利ルート。
《テイサ・カルロフ》がいれば2倍の速度で宝物トークンが生成されるため、あっという間に勝利条件である10個以上まで目指せる。

ウィニー君
ウィニー君

宝物トークンを生成する他のカードや《奥の手》との相性もいいね。

富の享楽と相性が良いカード

さいごに

ウィニー君
ウィニー君

ETB能力と比べると、死亡誘発って強力な効果が多い気がするね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

死亡している時点でボードアドバンテージを失っているからな。

対戦相手のクリーチャー死亡でも誘発する能力まで強いのはズルい気もするがね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました