統率者デッキ紹介《魂の守護者、ラーボス》《織り手のティムナ》

ラーボスとティムナオルゾフ(白黒)

『統率者2016』は4色と共闘持ち伝説クリーチャーを初めて収録した画期的なセット。これを基にカジュアル統率者デッキも組めないか試してみた。

スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者はこちら

ラーボスとティムナ

ウィニー君
ウィニー君

あ。予想に反して共闘持ちクリーチャーだ。
でも何で4色まで色増やせるのに、同色の共闘なの?

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

4色は色事故を起こしやすいからな。

《概念の群れ》デッキのように土地サイクリングを入れられる余裕があるならまだ良いけど、出せる色と手札の色が合わない場合、数ターン完全に無駄牌になってしまう。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

それと共闘をわざわざ同色にしてるのは、この2枚にシナジーがあるからだよ。

ウィニー君
ウィニー君

シナジー?・・・まさかクレリック!?

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

そう。今回はクレリック部族デッキだよ。

改めて、カジュアル統率者の解説を。
『統率者2016』収録のレア。《魂の守護者、ラーボス》《織り手のティムナ》はどちらもオルゾフカラーのクレリックなので、色事故なく部族デッキが作れる。
クレリックは近年どの色でも存在するが、『オンスロート』ブロックで部族カードが多数作られた影響で、オルゾフカラーが最も多い。その点でも、今回の統率者は合っている。

デッキ内容はこちら

カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。
カード名が黄色アンダーラインなのは、クレリックもしくはクレリック部族カード。

【統率者 2枚】
 《魂の守護者、ラーボス/Ravos, Soultender》
 《織り手のティムナ/Tymna the Weaver》

【クリーチャー 30枚】
1 《太陽の神、ヘリオッド/Heliod, God of the Sun》
1 《永代巡礼者、アイリ/ Ayli, Eternal Pilgrim》
1 《戦波の錬金術師/ Battletide Alchemist》
1 《祖神の預言者/ Ancestor’s Prophet》
1 《アカデミーの学長/ Academy Rector》
1 《堂々たる撤廃者/ Grand Abolisher》
1 《前線の衛生兵/ Frontline Medic》
1 《熟練の薬剤師/ Master Apothecary》
1 《雨ざらしの旅人/ Weathered Wayfarer》
1 《境を歩む者/ Edgewalker》
1 《悪鬼の狩人/ Fiend Hunter》
1 《ルーンの母/ Mother of Runes》
1 《魂の従者/ Soul’s Attendant》
1 《気高き院僧/ Noble Templar》
1 《テューンの戦僧/ War Priest of Thune》
1 《魂の管理人/ Soul Warden》
1 《レオニンの遺物囲い/ Leonin Relic-Warder》
1 《カストーディのリッチ/ Custodi Lich》
1 《スカースダグの高僧/ Skirsdag High Priest》
1 《腐れ肺の再生術師/ Rotlung Reanimator》
1 《ルーンの与え手/Giver of Runes》
1 《萎縮した卑劣漢/ Withered Wretch》
1 《黄昏の預言者/ Twilight Prophet》
1 《まやかしの預言者/ False Prophet》
1 《Preacher》
1 《スランの医師、ヨーグモス/Yawgmoth, Thran Physician》
1 《悔恨する僧侶/ Remorseful Cleric》
1 《異端の癒し手、リリアナ/ Liliana, Heretical Healer》
1 《無私の霊魂/ Selfless Spirit》
1 《祖神の使徒、テシャール/ Teshar, Ancestor’s Apostle》

【インスタント 4枚】
1 《剣を鍬に/ Swords to Plowshares》
1 《吸血の教示者/ Vampiric Tutor》
1 《悟りの教示者/ Enlightened Tutor》
1 《流刑への道/ Path to Exile》

【ソーサリー 7枚】
1 《無慈悲な追い立て/ Merciless Eviction》
1 《ヨーグモスの意志/ Yawgmoth’s Will》
1 《毒の濁流/ Toxic Deluge》
1 《質素な命令/ Austere Command》
1 《滅び/ Damnation》
1 《苦痛の命令/ Decree of Pain》
1 《Demonic Tutor》

【アーティファクト 13枚】
1 《アシュノッドの供犠台/ Ashnod’s Altar》
1 《魔力の墓所/ Mana Crypt》
1 《金粉の水蓮/ Gilded Lotus》
1 《彩色の灯籠/ Chromatic Lantern》
1 《連合の秘宝/ Coalition Relic》
1 《思考の器/ Thought Vessel》
1 《頭蓋骨絞め/ Skullclamp》
1 《精神石/Mind Stone》
1 《探検の地図/ Expedition Map》
1 《オルゾフの印鑑/ Orzhov Signet》
1 《旅人のガラクタ/Wayfarer’s Bauble》
1 《稲妻のすね当て/ Lightning Greaves》
1 《運命の扉/ Door of Destinies》

【エンチャント 6枚】
1 《霊体の正義/ Karmic Justice》
1 《ファイレクシアの闘技場/ Phyrexian Arena》
1 《エレボスの指図/ Dictate of Erebos》
1 《盲従/ Blind Obedience》
1 《土地税/ Land Tax》
1 《ベルゼンロック典礼/ Rite of Belzenlok》

【プレインズウォーカー 3枚】
1 《太陽の勇者、エルズペス/ Elspeth, Sun’s Champion》
1 《闇の領域のリリアナ/ Liliana of the Dark Realms》
1 《精霊龍、ウギン/ Ugin, the Spirit Dragon》

【土地 35枚】
1 《統率の灯台/ Command Beacon》
6 《平地/Plains》
1 《大天使の霊堂/ Vault of the Archangel》
1 《Scrubland》
1 《風立ての高地/ Windbrisk Heights》
1 《ウェストヴェイルの修道院/ Westvale Abbey》
1 《陰謀団の貴重品室/ Cabal Coffers》
1 《古えの墳墓/ Ancient Tomb》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/ Urborg, Tomb of Yawgmoth》
1 《無限地帯/ Myriad Landscape》
1 《星明りの聖域/ Starlit Sanctum》
1 《神無き祭殿/ Godless Shrine》
1 《湿地の干潟/ Marsh Flats》
1 《ボジューカの沼/ Bojuka Bog》
1 《魂の洞窟/ Cavern of Souls》
5 《沼/Swamp》
1 《静寂の神殿/ Temple of Silence》
1 《ファイレクシアの塔/ Phyrexian Tower》
1 《家路/ Homeward Path》
1 《統率の塔/ Command Tower》
1 《変わり谷/ Mutavault》
1 《マナの合流点/ Mana Confluence》
1 《真鍮の都/ City of Brass》
1 《コイロスの洞窟/ Caves of Koilos》
1 《ヴェズーヴァ/ Vesuva》
1 《秘密の中庭/ Concealed Courtyard》

ウィニー君
ウィニー君

見事なまでにクリーチャーがクレリック一色。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

これでも厳選しているぞ。

近年のセットの方がクリーチャーの質が良いので、新セットでクレリックが収録されるたび、採用検討できるな。

このデッキの勝ち筋は以下の通り

クレリックを大量に展開する。

クレリックの数を参照するカードが多いため。
prevents

《織り手のティムナ》《魂の守護者、ラーボス》を戦場に出し、カードアドバンテージを稼ぐ。

序盤であれば《織り手のティムナ》の能力でドローができるが、中盤以降は除去されたクレリックを《魂の守護者、ラーボス》で回収するほうが脅威となる。

全体除去で何度も更地にして、消耗戦に持ち込み、クレリックで圧殺する。

サイズでは多くのクリーチャーに敵わないので、土地以外の全てを全体除去で何度も破壊・追放することで消耗戦に持ち込む。

本デッキのキーカードはこちら

ウィニー君
ウィニー君

クレリックと知らずに今まで使っていたカードあるね。

《アカデミーの学長》《雨ざらしの旅人》とか。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

そういった汎用性が高いカードではなく、クレリック部族デッキだからこそ採用されるクセの強いカードを紹介する。

なお、収録セットが古い&再録されていないカードが多く、元々のオラクルではクレリックでないクリーチャーもいるので、注釈をつける。


Battletide Alchemist

勝ち筋でも紹介したけど、その中でも別格の使いやすさ。

立っているだけで最低1点軽減できる。

ウィニー君
ウィニー君

クレリックが3体いれば、《真鍮の都》も《古の墳墓》も《魔力の墓所》もノーダメージになるね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

さらにプレイヤーを選べるので、ヘイトコントロールもできるぞ。


Edgewalker

人間・クレリックにオラクル変更している。

コスト軽減系能力の中でも珍しい、有色マナを軽減できるカード。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《サイクロンの裂け目》などで大量バウンスされても、即座に再展開できるし、統率者の再キャストの助けにもなる。


False Prophet

人間・クレリックにオラクル変更している。

PIG能力として全体除去を持つクレリック。しかも追放なので、《ネル・トース族のメーレン》などの墓地回収系統率者を弱体化させられる。

ウィニー君
ウィニー君

《魂の守護者、ラーボス》を使っている自分にもマイナスじゃない?

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

それを見越して《アシュノッドの供犠台》を採用している。自軍クレリックを全て墓地に送ったうえで《まやかしの預言者》を墓地に送れる。


Preacher

Preacher⇒人間・クレリックにオラクル変更している。
色の役割を無視した・・・というより、色の役割が固まっていなかった黎明期のカード。白なのに《支配魔法》能力を持つ。
支配先を相手が選ぶので弱いと思われがちだが、以下の2つの使い方がかなり強い。

  • 誰かが攻撃してきたら、アンタップ状態のクリーチャーのみをコントロールしているプレイヤーを選択し、コントロールを奪ったクリーチャーでブロックする。
  • 強力なクリーチャーを一体だけコントロールしているプレイヤーを狙う。
ウィニー君
ウィニー君

Preacher(牧師)と思えぬ悪の所業。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

オルゾフカラーかつクレリック部族デッキで、こんな動きされるとは思わないみたいで、結構決まるぞ(ゲス顔)。

さいごに

ウィニー君
ウィニー君

オラクル確認が必要だけど、マジックの歴史を感じられて面白いね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

レガシーやヴィンテージでも見かけなくても、シナジー次第で活躍させられるのが、統率者戦の良いところだな。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

あと、このデッキの場合、基本土地にもこだわりたい。

ウィニー君
ウィニー君

???

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《織り手のティムナ》《魂の守護者、ラーボス》は、テーロス次元の登場人物なんだ。だから、基本土地は『テーロス』収録の平地と沼で揃えたい。

Theros plains and swamp

ウィニー君
ウィニー君

ヴォーソス的発想だけど、デッキに愛着わくね。

※ヴォーソスを含むユーザー定義はこちら。

モダンホライゾンからの入れ替え

『モダンホライゾン』では強力なクレリックが複数収録されたので、以下の入れ替えを行った。※デッキ内容は更新済み

In:《ルーンの与え手》《スランの医師、ヨーグモス》

Out:《往時の主教》《罪の収集者》

クレリック入れ替え(モダンホライゾン)

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

《ルーンの母》の増量として《ルーンの与え手》と、統率者にしても十分強い《スランの医師、ヨーグモス》を追加。

代わりに、4マナ以上のクレリックで誘発しない《往時の主教》と、1枚追放するだけで当たり外れのある《罪の収集者》を抜いた。

・新規会員登録でもれなく200ptプレゼント
 ※1pt=1円として使えます 
・3,000円以上購入でメール便の送料無料
 ※8,000円以上ご購入で佐川急便の送料無料
・トレーディングカードは全てスリーブに入れてお届け
状態ランクごとにカードを販売

コメント

タイトルとURLをコピーしました