統率者デッキ紹介《天空塁壁、プラミコン》

天空塁壁、プラミコンジェスカイ(青赤白)
スポンサーリンク

今回のカジュアル統率者はこちら

天空塁壁、プラミコン

『統率者2019』構築済みデッキ―神秘の知力―収録神話レア。

ウィニー君
ウィニー君

『統率者2019』の統率者候補カードレビューはこちらの記事でまとめているよ。

ウィニー君
ウィニー君

いやいや、こんなクリーチャー、完全にネタでしょ。

防衛持ち壁クリーチャーでどうやって勝つの!?

ローリング・ストーンズ系カードで無理やり殴る気!?

ローリングストーンズ

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

いや。壁で殴るなら《策略の龍、アルカデス》デッキの方が遥かに優れているので、今回はやらない。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

また、《神秘の障壁》と組み合わせて攻撃不能ロック(「右」「左」両方選択する)も今回の勝ち筋には合わないため、採用しない。

Mystic Barrier

ウィニー君
ウィニー君

勝ち筋?

そもそもあるの!?

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

細い価値筋だけどな。

今回は《天空塁壁、プラミコン》の常在型能力を最大限活かせるよう、対戦相手同士の同士討ち・消耗戦をコンセプトにデッキ構築した。

デッキ内容はこちら

カード名が青色アンダーラインなのは、対戦相手の攻撃に影響するカード。
カード名が太字なのは、本デッキのキーカード。

【統率者 1枚】
1 《天空塁壁、プラミコン/Pramikon, Sky Rampart》

【クリーチャー 8枚】
1 《徴税の大天使/Archangel of Tithes》
1 《卑血の芙巳子/Fumiko the Lowblood》
1 《ゴブリンの密偵長/Goblin Spymaster》
1 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1 《アカデミーの学長/Academy Rector》
1 《ぬいぐるみ人形/Stuffy Doll》
1 《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》
1 《呪文滑り/Spellskite》

【インスタント 9枚】
1 《幻術師の計略/Illusionist’s Gambit》
1 《サイクロンの裂け目/Cyclonic Rift》
1 《渦まく知識/Brainstorm》
1 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1 《マナ吸収/Mana Drain》
1 《否認/Negate》
1 《対抗呪文/Counterspell》
1 《神秘の教示者/Mystical Tutor》
1 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》

【ソーサリー 8枚】
1 《礼儀妨害/Disrupt Decorum》
1 《質素な命令/Austere Command》
1 《冒涜の行動/Blasphemous Act》
1 《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
1 《思案/Ponder》
1 《定業/Preordain》
1 《補充/Replenish》
1 《至高の評決/Supreme Verdict》

【アーティファクト 22枚】
1 《ノーンの別館/Norn’s Annex》
1 《魔学コンパス/Thaumatic Compass》
1 《血に飢えた刃/Bloodthirsty Blade》
1 《狭い空間/Crawlspace》
1 《不死の霊薬/Elixir of Immortality》
1 《彩色の灯籠/Chromatic Lantern》
1 《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
1 《連合の秘宝/Coalition Relic》
1 《ダークスティールの鋳塊/Darksteel Ingot》
1 《思考の器/Thought Vessel》
1 《探検の地図/Expedition Map》
1 《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
1 《イゼットの印鑑/Izzet Signet》
1 《旅人のガラクタ/Wayfarer’s Bauble》
1 《宝物の地図/Treasure Map》
1 《ボロスの印鑑/Boros Signet》
1 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1 《金粉の水蓮/Gilded Lotus》
1 《アゾリウスの印鑑/Azorius Signet》
1 《太陽の指輪/Sol Ring》
1 《精神石/Mind Stone》
1 《スランの発電機/Thran Dynamo》

【エンチャント 13枚】
1 《安全の領域/Sphere of Safety》
1 《戦争の代価/War’s Toll》
1 《大会戦/Grand Melee》
1 《プロパガンダ/Propaganda》
1 《亡霊の牢獄/Ghostly Prison》
1 《霊体の正義/Karmic Justice》
1 《太陽鳥の祈祷/Sunbird’s Invocation》
1 《未来予知/Future Sight》
1 《土地税/Land Tax》
1 《息詰まる徴税/Smothering Tithe》
1 《偉大なるオーラ術/Greater Auramancy》
1 《リスティックの研究/Rhystic Study》
1 《真理の円/Verity Circle》

【プレインズウォーカー】
1 《ローアン・ケンリス/Rowan Kenrith》
1 《ウィル・ケンリス/Will Kenrith》
1 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》

【土地 36枚】
1 《イス卿の迷路/Maze of Ith》
1 《探知の塔/Detection Tower》
1 《秘儀の灯台/Arcane Lighthouse》
1 《統率の塔/Command Tower》
1 《セラの聖域/Serra’s Sanctum》
1 《露天鉱床/Strip Mine》
1 《蒸気孔/Steam Vents》
1 《無限地帯/Myriad Landscape》
1 《聖遺の塔/Reliquary Tower》
1 《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》
6 《平地/Plains》
1 《Volcanic Island》
4 《山/Mountain》
1 《Plateau》
1 《湿地の干潟/Marsh Flats》
1 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
6 《島/Island》
1 《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
1 《Tundra》
1 《汚染された三角州/Polluted Delta》
1 《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
1 《ヘリオッドの高潔の聖堂/Hall of Heliod’s Generosity》
1 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

対戦相手同士の同士討ち・消耗戦という今回のコンセプト上、多人数戦1対1の状況とで立ち回り方が変わるぞ。

本デッキの勝ち筋はこちら

マナ基盤を整えつつ、防御カードを展開する

ジェスカイカラーはマナ加速が苦手。
《土地税》やマナ・アーティファクトで、地道にマナ基盤を整える。

MOプラミコン序盤

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

防御カードの内、《天空塁壁、プラミコン》自身はヘイトが上がりやすいため、それ以外の防御カードも組み合わせて、防御を固める。

対戦相手同士の戦闘を誘発し、御しやすいプレイヤーを残す

パーマネントの防御カードが多いため、

  • パーマネント破壊が得意な統率者デッキ
  • クリーチャー展開が少ないヘビーコントロールの統率者デッキ

は苦手。

そこで、それら統率者デッキを優先的に倒すよう、戦闘をコントロールする。

MOプラミコンETBPWを出していても黒単の方が御しやすいため、黒単プレイヤーを残すプレイをしている

ここで大事なのが、多人数戦での立ち回り。

《Phelddagrif》デッキではないので、ヘイトコントロールするとはいえ、全対戦相手に利するような行動はしない。

例えば《Wheel of Fortune》《Timetwister》《自我破摧》のようなカードは強力だけど、コンボデッキのような1~2ターンで勝負を決めるデッキでないと、全対戦相手に利と隙を与えすぎてしまう。

全体に利するカード

ウィニー君
ウィニー君

今回のデッキはコンボデッキではないから、絶対に対戦相手に利するカードは使えないってことだね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

なので、多人数戦の立ち回りは、防御カードで固めて対戦相手の攻撃を逸らしつつ、追加ドローや大量展開を咎める動きとなる。

一方、御しやすいプレイヤーやカードなら、放置することも大事。

例えば、プレインズウォーカーが奥義を起動しても、大勢に影響がないのであれば見逃すことも。

MOプラミコン1対1《闇の領域のリリアナ》の奥義で沼が黒黒黒黒生成するけど放置!

1対1になったら、攻撃や展開を完全シャットアウト!

1対1になると機能しなくなる防御カードが出てしまう。

ウィニー君
ウィニー君

《天空塁壁、プラミコン》や使嗾するカードだね。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

なので、それ以外の防御カードを展開し、対戦相手の攻撃を完全シャットアウトする。

大量ドローや全体除去といった致命的なカードは、カウンターで弾こう。

その後、ゆっくりと細い勝ち筋で勝利する

ウィニー君
ウィニー君

結局、このデッキの勝ち筋って何?

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

飛行クリーチャーが防御されない状況での飛行クリーチャー攻撃。

《ぬいぐるみ人形》の起動型能力。

《精神を刻む者、ジェイス》の奥義・・・

プラミコンの勝ち筋

ウィニー君
ウィニー君

マジで細い(;´・ω・)

本デッキのキーカードはこちら

ローアン・ケンリスとウィル・ケンリス

『バトルボンド』収録の共闘持ちプレインズウォーカー。

ウィニー君
ウィニー君

『エルドレインの王権』でも新カードで再登場している双子だね!

王家の跡継ぎ

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

両者の+2能力が、本デッキと噛み合っている。

《ローアン・ケンリス》の攻撃強制は得てして自分に攻撃が向きがちだけど、本デッキのように防御カードが多すぎると、他の対戦相手に攻撃が逸れる。

《ウィル・ケンリス》のクリーチャー無力化は、特に1対1戦でシステムクリーチャーを抑えるのに便利。

ウィニー君
ウィニー君

両者の奥義で紋章を得られれば、勝利は近い!

MOプラミコンキーカード3


探知の塔と秘儀の灯台

対戦相手クリーチャーの呪禁・被覆を無効化する起動型能力を持つ土地カード。

《プロパガンダ》などマナを要求させる防御カードは、序盤~中盤こそ頼りになるが、後半以降は対戦相手のマナが潤沢になり、信頼性が低下する。

マナを要求する防御カード

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

そこで、大量マナをつぎ込んで乗り越えてきた数体を《イス卿の迷路》《オラーズカの尖塔》で無力化したいのだが、呪禁・被覆持ちクリーチャーが相手だと対象にできず、かなり困ったことになる。

イス卿の迷路とオラーズカの尖塔

ウィニー君
ウィニー君

《稲妻のすね当て》の採用率は高いし、あり得るよね。

なので、呪禁・被覆対策として《探知の塔》《秘儀の塔》を採用している。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

限定的な状況下でしか活躍しないとはいえ、多人数戦である統率者戦では、遭遇する可能性は決して低くない。

ウィニー君
ウィニー君

備えあればうれいなし、ってことだね。

さいごに

『攻撃強制カード』と『攻撃にマナを要求するカード』が同時にある場合、対戦相手のクリーチャーは攻撃する必要はない。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

これはマジックの黄金律「できない」は「できる」に勝つによる。

ウィニー君
ウィニー君

マナロックはできないってことか。

残念。

また、消耗狙いとはいえ、全対戦相手にある程度自由に展開させる男気が必要。

かざろふ伯爵
かざろふ伯爵

そういう意味でカジュアル統率者戦にピッタリかな。

マジック:ザ・ギャザリング 統率者2019 日本語版 4種セット
イエローサブマリン楽天市場店
¥ 17,600(2020/06/05 22:09時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました